トップページ > 2021年1月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

新年、明けましておめでとうございます。2021年がやってきましたね♪
皆様は、どのようなお正月を過ごされましたでしょうか?
この時期は初日の出や初詣、年賀状、おせち料理などお正月ならではの楽しみがあり、ワクワクしちゃいますよね♪
おせち料理といえば、「数の子は子孫繁栄」「栗きんとんは金運向上」など、食材ひとつひとつにおめでたい謂れがあるのは有名な話ですよね。
ほかにも、節分に恵方巻、めでたい時に鯛料理と、日本には人生の節目に縁起物を食べる文化が根付いています。
今回は、そんな縁起物にあやかって、十二支の丑(ウシ)にちなんだ料理を丑にまつわる豆知識を交えてご紹介していきます!

さて、皆様はウシと聞くと動物の牛を連想されるかと思いますが、丑と牛の違いはご存知でしょうか?
丑は元々、手で何かを掴もうとする様を表した象形文字で、「掴む」「絡む」といった意味があり、日や年を数えるための記号として使われていました。
牛は、食用としてはもちろんのこと、酪農や農業などでも重宝され、「粘り強さ」や「堅実さ」「誠実さ」の象徴となり、身近にいる縁起の良い動物とされてきました。
この丑と牛、古くは無関係でしたが、丑という字を一般の人が覚えやすいように、牛の字が割り当てられ、丑=牛となったそうです。

丑年は、物事を一歩一歩進めることが大切な年で、先を急がず目前のことを着実に進めることで、将来の成功をつかめると言われています。
丑年の謂れに習い、急がず、丁寧に料理を作れば、丑の縁起パワーを得られるかも!?
ということで、十二支の丑にちなんだ、牛肉や牛乳を使った料理をご紹介させていただきたいと思います!

===================================

※写真はイメージです。
▼牛肉と冬野菜の炒め物
------------------
▽材料(2人分)
牛バラ肉(薄切り):200g
白菜:4枚
人参:1本
タマネギ:1個
塩コショウ:少々
牛脂:2個

------------------

  1. 人参、タマネギは皮をむき、細長く切る。白菜は葉と軸にわけ、葉は一口大、軸は千切りにする。
  2. フライパンを中火に熱し、牛脂を入れて牛バラ肉を炒めます。
  3. 色が変わってきたら1で切ったタマネギ、白菜の順にフライパンで中火で炒める。
  4. 全体が炒まったら、味を見て塩コショウをふり出来上がり。

===================================

※写真はイメージです。
▼ねぎ玉丼
------------------
▽材料(2人分)
牛バラ肉(薄切り):200g
玉ねぎ:1/2個
ごはん:適量
卵黄:2個
青ねぎ:適量
紅生姜:適量
サラダ油:大さじ1/2
★水:200g
★醤油:大さじ2
★みりん:大さじ2
★砂糖:小さじ2
★酒:大さじ1
★おろし生姜:小さじ1/2
★ほんだし:小さじ1
------------------

  1. 玉ねぎを薄切りにする。
  2. フライパンにサラダ油を入れて熱し、切った玉ねぎを入れて炒める。
  3. 玉ねぎがしんなりしてきたら牛肉を入れ炒める。
  4. 牛肉に7割程火が通ったら、★の調味料を入れて15分煮込む。
  5. 一度火を止め、30分程置き、味を染み込ませる。
  6. 食べる前に再び温め、丼に盛り付ける(お好みでネギや卵黄、紅生姜を乗せる)。

===================================

※写真はイメージです。
▼大根と牛肉の煮物
------------------
▽材料(4人分)
大根:1/2本(600g)
牛バラ肉(薄切り):200g
ほんだし:小さじ1/2
水:1と1/2カップ
★砂糖:大さじ3
★酒:大さじ2
★みりん:小さじ2
★しょうゆ:大さじ2と1/2
サラダ油:大さじ1
------------------

  1. 大根は大きめの乱切りにする。
  2. フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れて熱し、牛肉を炒め、色が変わったら取り出す。
  3. フライパンに油大さじ1/2を足し、大根を約2分炒める。表面にうすく焼き色がついたら水を加えて煮立て、出てきたアクを取り、2の肉と★材料を加える。
  4. 再びアクを取り、落としぶたをし、フタもして弱火で約30分煮る。大根がやわらかくなり、煮汁が1/3量になったら火を止め、味をなじませる。

===================================

※写真はイメージです。
▼牛肉じゃが
------------------
▽材料(4人分)
牛肉 (細切れ):200g
じゃがいも:3個
にんじん:1本
玉ねぎ:1個
水:500ml
サラダ油:小さじ2
★しょうゆ:大さじ4
★みりん:大さじ2
★酒:大さじ2
★砂糖:大さじ4
------------------

  1. じゃがいもと人参を乱切りにします。
  2. 玉ねぎはくし切りで、お肉を一口大に切ります。
  3. フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れて熱し、お肉を炒めます。
  4. 野菜も加えて炒め合わせ全体に油がまわったらお水を注ぎ入れます。
  5. 中火で加熱し沸騰したらアクを取り除き、★を入れ、蓋をして煮ます。
  6. じゃがいもとにんじんに箸がスッと通れば完成です。

===================================

※写真はイメージです。
▼牛肉のクリームシチュー
------------------
▽材料(5人分)
牛肉:400g
玉ねぎ:1個
人参:1/2本
じゃがいも:2個
水:900cc
牛乳:200cc
スキムミルク大さじ3
バター:大1
クリームシチューのルー:1箱
------------------

  1. 鍋にバターを入れて加熱し、牛肉、一口大に切ったじゃがいもと人参と玉ねぎをよく炒める。
  2. 野菜がしんなりしてきたら、水を加えて沸騰させ、アクを取る。
  3. 火を弱めてふたをし、じゃがいもが煮えるまで煮る。
  4. クリームシチューのルーを割り入れて、牛乳とスキムミルクを加えてとろみがつくまで火にかける。

===================================

※写真はイメージです。
▼牛乳豆腐
------------------
▽材料(2人分)
牛乳:500ml
お酢:大さじ2と1/2
醤油:適量
おろし生姜:適量
------------------

  1. 牛乳を鍋にあけて、沸騰しないように温める。
  2. 酢を入れ、軽くかき混ぜ、分離したら火を止める。
  3. ザルにさらしを敷いてこし、水分を切る。
  4. 醤油、おろし生姜をかける。

===================================

※写真はイメージです。
▼牛乳プリン
------------------
▽材料(4人分)
牛乳:300ml
練乳:50g
粉ゼラチン:5g
水:大さじ3
ホイップクリーム・さくらんぼ(飾り用):各適量
------------------

  1. 水に粉ゼラチンをふり入れて、ふやかしておく。
  2. 牛乳に練乳を入れてよく混ぜ、1の粉ゼラチンを電子レンジで20~30秒程加熱して溶かし、加え混ぜる。
  3. 好きな容器に2を注ぎ入れて冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。
  4. ホイップクリームとさくらんぼを飾る。

===================================

余談ですが…
日本での牛の鳴き声と言えば「モー」ですが、世界各国ではどう表現されているのでしょうか?
ちょっとした豆知識を皆様にご紹介いたします。

アメリカやフランスでは「ムー」
中国では「モー」
韓国では「ウンメー」
ドイツでは「ムゥ」
ロシアでは「ムウー」
イランでは「ゥムマ」

どの国もなんとなく「モー」というようなニュアンスで、鳴き声が似ていますね!ちょっと驚きです。

さてさて、話は戻り今回は、牛肉や牛乳を使った牛料理のご紹介をさせていただきました。
牛肉や牛乳には、タンパク質(血液、筋肉、皮膚、内臓などすべての細胞を作るなど身体を構成する上で大切な栄養素)が多く含まれていますので、是非今回のレシピを生かして日々の健康にお役立てください!

それでは皆さま、2021年は丑年!
丑のように“モー”レツに粘り強く、誠実さをもって今年も1年ガンバっていきましょう~♪
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。