トップページ > 2020年11月号 > Brush Up Internet !

Brush Up Internet !

早いもので、今年も残すところあと2ヶ月となりました。だんだん寒くなり、インフルエンザが流行する季節が近づいてきましたね。空気が乾燥してくる季節ですから、いつも以上に感染対策に力をいれていきましょう。空気が乾燥してくるということは、ドアノブにも気を付けてください。うかつに触ると、バチッと静電気が発生するかもしれません…。

毎月配信をさせていただいている
「★★★インターネットを快適に!安全に!使いこなす★★★Brush Up Internet ! 」シリーズも23回目を迎えました。それでは早速始めたいと思います!

第22弾はこちら → 第22弾「スマホ de 読書!!スキマ時間を活用しよう!」

今月も、情報・流通の中心となったインターネットを快適に!安全に!使いこなすための情報を配信させていただきます。ビジネスシーンの作業効率化はもちろん、プライベートシーンの楽しい利用方法もどんどん紹介していきますね。
便利で新鮮な情報を厳選して掲載しますので、ぜひ引き続きご愛読ください。

今月のテーマは+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「スマホ de 解決!継続アプリで三日坊主にさようなら!」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++です。

今月は日々の習慣を記録することができるアプリをご紹介していきます。
目標を決めても、三日坊主で終わってしまった経験はありませんか?
2020年が終わる前に、やり残したことはありませんか?
今年中に目標達成したいことがあれば、今すぐはじめたいですね。
今回は、習慣化を手助けしてくれるアプリをご紹介いたします!
※アプリをダウンロードする際にはネットワークやWi-Fi環境、課金項目など各自ご確認~ご注意をお願いいたします。

▽iPhoneをお持ちの方は、AppStoreの画面で、Androidをお持ちの方は、GooglePlayの画面を開いて下記の「タイトル名」を入力して検索して下さい。

同じ目標を持った仲間と頑張れる!

●みんチャレ《iPhone、Android》

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら




・朝活やダイエットまで…三日坊主防止アプリ
・同じ目的のチームで報告しあってモチベーションを高めよう
・匿名だから安心!

ひとつの習慣を身につける

●継続する技術《iPhone、Android》

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら


・目標をひとつに絞ることで確実に習慣化を目指すアプリ
・シンプルな操作で安心!
・期間を終えるまで、毎日続けていないとリセットされてしまうので続けられる!!

多数の項目を管理

●超じぶん管理「リズムケア」《iPhone、Android》

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら


・毎日の様々な情報・出来事をカンタンに管理
・好きな項目を作ることができるため内容を細かく変えられる
・チェックリストにもなるため、毎日のタスク管理に便利!
・記録したデータはバックアップ・復元をとることができ、CSV出力も可能。

ポイント化するご褒美アプリ

●自分ルール《iPhone、Android》

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら


・日常生活の行動をポイント化するアプリ
・ちいさな目標を毎日クリアし、大きな目標の達成を目指す!
・貯めたポイントで、設定したご褒美と交換ができる!

(編集後記)
今回も、『iPhoneとAndroidで楽しめる様々なアプリ』をご紹介いたしました。
さて、今回は「11、12」に関するお話をしたいと思います。
みなさんは、英語を習ったときに
「なぜ11と12にだけteenがつかないの?」
と疑問に思ったことはありませんか?
Teenager(ティーンエイジャー)というと、teenのつく13~19歳の男女のことを指しますよね。
11と12だけ仲間はずれである理由は諸説ありますが、次の説が有力のものの1つです。
elevenはゲルマン語のainlifに由来し、意味は「10あまり1」
twelveはゲルマン語のtwalifに由来し、意味は「10あまり2」
それが英語に取り込まれ、現代の英語で使われる「eleven」「twelve」になったのだそうです。
一方13~19は、ゲルマン語の3+10、4+10、…
が由来となっており、単に足し算であるため、余るという意味はありません。
このように、ゲルマン語が起源となった説が有力ということでした。

さて来月も、皆さんを「目から鱗だ!」と驚かせられるような新しいテーマを模索中です。
次の12月号も是非ともご期待ください。