トップページ > 2020年9月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

ホームパーティーなどお家で楽しみたいときに活躍するのがホットプレート。
今ではたくさんのメーカーが、お手頃な値段のものから高機能なものまで種類に富んだ商品を発表しています。

中でも、近年では見た目がおしゃれで写真映えするタイプや、遠赤外線効果で調理ができる高機能なタイプなどが人気です。
他にも、1人~2人暮らしでも使いやすいコンパクトな大きさのものもあります。

こだわりのホットプレートを見つけることができれば、定番の焼き肉やお好み焼きだけでなく、様々な料理を楽しむことができます!

それでは、どのようにして決めればよいのか、選ぶポイントをいくつかご紹介いたします。
自分に合ったホットプレートが見つけられるかも?
1.熱源の種類
2.使用シーン(形状・サイズ)
3.お手入れのしやすさ
4.使いやすさ


1.熱源の種類
ホットプレートの熱源は、電気(ヒーター)式、IH式、カセットガス式、赤外線式などがあります。
◆電気(ヒーター)式
 電気でヒーターを熱してプレートに伝えています。リーズナブルで種類が豊富なメリットがある反面、
 予熱に時間がかかるというデメリットもあります。
◆IH式
 磁力でプレートを発熱させます。普通の卓上IHヒーターとして使える製品も多いです。
 価格は比較的高いですが、省エネかつ予熱に時間がかからない利点があります。
◆カセットガス式
 カセットコンロと同じようにカセットボンベをセットして使います。電気式やIH式と違い、
 直火で焼けるのが特徴です。
 コンセントを必要としないため、場所を選ばず使用でき、災害時にも役立ちます。
◆赤外線式
 ヒーターによる直火調理が可能で、わずかな予熱時間で調理をスタートさせることができます。
 中でもヒーターを上部に配しているモデルは煙が出にくいため室内でも気にせず使うことができます。
 しかし、他の熱源と比べるとまだ種類があまり出ていません。

2.使用シーン
形やサイズも多岐に渡っており、用途に合わせて選べます。
◆少人数なら丸形タイプ
 コンパクトなサイズが多くそろっています。コンパクトなので、焼きムラが出にくいというメリットもあります。
 鍋としても使えるものが多数です。

◆大人数ならスクエア型
 調理スペースを十分確保できます。複数の料理を一度につくることができ、大人数でも囲みやすいです。
 大きさのバリエーションが豊富です。

3.お手入れのしやすさ
◆プレート部分のパーツが分かれているもの
 大きいままだと洗いにくいですが、プレート部分の取り外しができるものであれば片付けが楽になります。
 また、プレート自体が2分割されているものもあり、コンパクトになるため洗い物もしやすくなります。
◆セラミックコーティングがあるもの
 焦げが付きにくいため、水洗いが不要でスパチュラ(ゴム製のヘラ)などで簡単に汚れを落とせたり、
 一拭きで済んだりする商品が出回っています。

4.使いやすさ
◆熱ムラが少ないもの
 ホットプレート上の調理位置によって焼け方に差がでてくると、焼く手間が増えてしまいます。
 直火のものや、熱伝導の良いものを選ぶことで、ムラはできにくくなります。
◆穴あきプレートや波形プレート
 余分な油を落とせるため、油の多い焼き肉やグリル調理などにも向いています。
 油ハネを抑えるだけでなく、ヘルシー志向の方にもおすすめです。
 この形状のプレートが別売りとなっていることもあります。
◆フタ付きのもの
 フタが付いたものであれば、蒸し料理にも対応できます。
◆収納用カバー付きのもの
 大型のものになると、収納場所に困ります。カバー付きのものであれば、縦置きで収納も可能です。
 また、折りたたみ式のものであれば持ち運びにも便利です。
◆安全性の高いもの
 食卓の上に出しても安全に利用できるように、やけど防止ガードが付属しているモデルがあります。
 うっかり熱いプレートに手を触れない対策がされているものが安全です。
 さらに、足などでコードに引っかかった場合に外れやすいマグネット式の電源コードも販売されています。
 これは熱いホットプレートが転倒するのを防ぐ目的があります。

上記のような観点から選び、こだわりのホットプレートを探してみてください♪

ホットプレート料理の良いところは、一度にたくさん作れるというところだけでなく、片付けも楽にしてくれるところですね!
ホットプレートひとつあれば、食卓を彩るパーティメニューからお弁当のおかずにできるもの、そしてスイーツまで、より簡単に作ることができます。
それでは今月もレシピをご紹介していきます♪


===================================
▼たっぷりビビンバ
------------------
▽材料(3人分)
ご飯:お茶碗4杯分
豆もやし:70g
ほうれん草:1/2束
☆ごま油:大さじ1
☆白ごま:小さじ2
☆塩:少々
☆鶏がらスープの素:少々
ニンジン:1/2本
★ごま油、白ごま、砂糖:各小さじ1
★塩こしょう:少々
合いびき肉:250g
△酒:大さじ1
△しょうゆ:大さじ2
△砂糖:小さじ2
△みりん:小さじ1
△コチュジャン:小さじ1
卵:2個分
ごま油:適量
------------------

  1. ほうれん草は根元を除き、長さ4cmに切り、熱湯でゆでて水気を切りしぼっておく。豆もやしも熱湯でゆでておく。ニンジンは皮をむき、千切りにし、熱湯にさっとゆでて水気を切っておく。
  2. ☆の調味料を混ぜ合わせ、半分ずつに分け、それぞれほうれん草と豆もやしをあえる。
  3. ★の調味料をボウルに入れて混ぜ合わせ、ニンジンを加えてあえる。
  4. 合いびき肉と△の調味料を混ぜ合わせ、ごま油を熱したフライパンで炒める。
  5. ホットプレートにごま油を熱し、ご飯を広げて、2,3,4を全体に乗せてフタをし、焼き色を付ける。
  6. 5に卵を割り入れて完成。お好みでコチュジャンを加えてよく混ぜる。

===================================
▼パーティーで映えるパエリア
------------------
▽材料(4人分)
ミニトマト:10個(120g)
パプリカ、ピーマン:各1/2個
玉ねぎ:1/4個
鶏もも肉:100g
あさり:15個
パセリ:適量
塩:少々
水:300ml
オリーブオイル:適量
コンソメ顆粒:小さじ2
ニンニク:1片
------------------

  1. ほうれん草はざく切りして、塩(分量外)を加えたたっぷりの水を入れた鍋でゆでて沸騰させる。
  2. ニンニクと玉ねぎはみじん切りにする。鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。
  3. パプリカ、ピーマンは縦に1cm幅に切る。
  4. ホットプレートを中温にして、オリーブオイルを温め2を入れて玉ねぎが透明になるまで炒める。
  5. 4に米と水、コンソメ顆粒、1、3、ミニトマト、塩を加えてフタをし、中温のまま15分加熱する。
  6. 5の米に火が通ったら、みじん切りにしたパセリを散らして、完成。

===================================
▼おうちでもできる!チーズタッカルビ
------------------
▽材料(4人分)
鶏もも肉:300g
キャベツ:300g
玉ねぎ:1/2個
さつまいも:120g
★コチュジャン:大さじ1と1/2
★しょうゆ:大さじ2
★みりん:大さじ2
★砂糖:大さじ1
★一味唐辛子(辛くしたい方のみ)
ピザ用チーズ:100g
ごま油:大さじ2
------------------

  1. 鶏肉はひと口大に切る。キャベツはざく切りにし、玉ねぎはくし形切りにする。さつまいもは皮付きのまま5mm厚の輪切りにして水にさっとさらし、水気を切る。
  2. ボウルに1の鶏肉、★を入れて混ぜあわせ、10分ほど漬け込む。
  3. ホットプレートを160~170℃に温め、ごま油をひいて1のキャベツ・玉ねぎ・さつまいもを入れてサッと炒める。
  4. 野菜がしんなりしたら、1の鶏肉を加えて炒め合わせ、鶏肉に焼き色が付いたら、フタをして蒸し焼きにする。
  5. 鶏肉に火が通ったら、具材を寄せて中央にスペースを空けて、チーズを加えて弱火にし、フタをしてチーズが溶けるまで火を通す。

シメにご飯をいれ、卵を落としてフライパンで焼き付けると最後までおいしく食べられます!

===================================
▼和風オイルフォンデュ
------------------
▽材料(4人分)
生ステーキ肉:100g
鶏モモ肉:100g
しいたけ:4個
ナス:1本
玉ねぎ:1/2個
ミニトマト:8個
ブロッコリー:1/2株
塩こしょう:少々
オリーブオイル:適量
レモン:1個
<和風ソース>
★酒:大さじ1
★みりん:大さじ1
★しょうゆ:大さじ1
★すりおろし生姜:適量
------------------

  1. ステーキ肉、鶏もも肉は一口大に切る。ブロッコリーは小房に分け、熱湯でサッとゆで、水気を切る。
  2. しいたけは石づきを落とし、ぬれ布で汚れをふき取る。玉ねぎ、ナスは食べやすい大きさに切る。
  3. 和風ソース用の★の材料を合わせておく。
  4. 具はお皿に盛り付ける。ホットプレートにオリーブオイルを熱し、それぞれの具を長めの竹串に刺す。
  5. 塩こしょうをふって揚げ油に入れる。レモンを絞り、和風ソースにつけて完成。

===================================
▼ミラノ風ドリア
------------------
▽材料(4人分)
<ホワイトソース>
★バター:20g
★薄力粉:大さじ3
★牛乳:300ml
★顆粒コンソメ:小さじ1/2
★粉チーズ:大さじ1
<ターメリックライス>
☆バター:10g
☆ターメリック:小さじ1/2
☆ご飯:400g~500g
<ミートソース>
●玉ねぎ:1/2個
●にんじん:1/2個
●にんにく:1片
●合いびき肉:100g
●薄力粉:小さじ1
●ケチャップ:大さじ3
●顆粒コンソメ:小さじ1/2
●砂糖:小さじ1/2
●水:大さじ2
●塩こしょう:少々
ピザ用チーズ:適量
------------------

  1. ホワイトソースをつくる。あたためたバターに薄力粉を加えて混ぜ、牛乳を加えて500Wで2分半程加熱する。顆粒コンソメ、粉チーズを加えて泡だて器でよく混ぜ合わせる。
  2. ターメリックライスをつくる。あたためたバターにターメリックを加えて混ぜ、ご飯を混ぜ合わせる。
  3. ミートソースを作る。玉ねぎ、にんじん、にんにくはみじん切りにする。
  4. あたためたホットプレートに油(分量外)とニンニクを熱し、香りが立ったら玉ねぎとにんじんを加えて炒める。
  5. しんなりしてきたら、4に合いびき肉を加え、火が通るまで炒めたら一旦火を止め、薄力粉、ケチャップ、顆粒コンソメ、砂糖、水を加えてとろみがでるまで炒める。
  6. 5を一旦ボウルなどに移す。
  7. ホットプレートにホワイトソースをあたため全体に広げ、真ん中にターメリックライスをすべてくわえる。ライスの周りをホワイトソースで囲むようにする。
  8. その上に真ん中からミートソースをかけて広げ、さらにチーズをのせる。フタをしてチーズがとけるまで5分程度焼いて完成。

===================================
▼たこ焼き器でシュウマイ
------------------
▽材料(4人分)
シュウマイの皮:24枚
豚ひき肉:200g
玉ねぎ:1/2個
★料理酒:大さじ2
★オイスターソース:大さじ1
★鶏ガラスープの素:小さじ1
★砂糖:小さじ1
★すりおろし生姜:小さじ1
トッピング野菜(コーン、グリーンピースなど):適量
水:50ml
ごま油:大さじ2
------------------

  1. 玉ねぎをみじん切りにする。
  2. ボウルに豚ひき肉、1、調味料を入れ、粘り気が出るまで混ぜ合わせる。
  3. たこ焼き器の穴に刷毛でごま油を塗り、シュウマイの皮を敷き詰める。
  4. 2を入れてトッピング野菜をのせ、蓋をして焼き色がつくまで3分ほど加熱する。
  5. 水を回しかけ、火が通るまで5分ほど加熱して完成。

===================================
▼たこ焼き器でアヒージョ
------------------
▽材料(2~3人分)
タコ:100g
ブロッコリー:1/2株
アボカド:1/2個
カマンベールチーズ:2個
ミニトマト:4~6個
マッシュルーム(またはその他のきのこ):4個
★オリーブオイル:100ml
★すりおろしにんにく:小さじ1
★塩こしょう:小さじ1/4
------------------

  1. タコはひと口大に切り、キッチンペーパーで水気をよくふき取る。
  2. ブロッコリーはひと口大に切り、500Wの電子レンジで2分加熱し、水気を切る。
  3. マッシュルームは半分に切り、アボカド、カマンベールチーズはひと口大に切る。ミニトマトはへたを取っておく。
  4. ★の材料を混ぜ合わせる。
  5. たこ焼き器の一つ一つの穴に、それぞれ1/3の深さまで4を入れ、加熱する。
  6. 5に1~3で用意した具をいれ、火が通るまで加熱して完成。お好みでバゲットなどにのせる。

===================================
▼たこ焼き器でベビーカステラ
------------------
▽材料(約50個分)
ホットケーキミックス:200g
卵:2個
バター(またはサラダ油):適量
牛乳:100cc
はちみつ:大さじ4
------------------

  1. ボウルに卵、牛乳を入れて混ぜ、はちみつを入れて混ぜる。
  2. ホットケーキミックスをふるい入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  3. たこ焼き器にバター(またはサラダ油)を薄く塗って熱し、生地を8分目くらいまで流し入れる。
  4. 記事の表面がプツプツとして膨らんできたら、竹串で上下を返して完成。

より甘くしたい方は、砂糖大さじ1を加えてください。
===================================

食卓に1台置くことで、さまざまな活躍をしてくれるホットプレート。
今では様々な料理に適応できるモデルが多く出ているため、色々な料理に挑戦したくなりますね!
「本格派」の方も、「おしゃれ派」の方も、満足できるモデルを見つけ、 ご家庭やホームパーティで、たのしくホットプレートを活用しましょう♪