トップページ > 2020年8月号 > Brush Up Internet !

Brush Up Internet !

8月に入り、蝉の大合唱が聞こえる、夏本番となってまいりました。
暑い夏の夜は、エアコンや扇風機を使って就寝される方も多いのではないでしょうか。
室内を適切な温度に保って、快適に過ごしましょう!

毎月配信をさせていただいている
「★★★インターネットを快適に!安全に!使いこなす★★★Brush Up Internet ! 」シリーズもいよいよ20回目。それでは早速始めたいと思います!

第19弾はこちら → 第19弾「スマホde動物園!?動物達に会いに行こう♪」

今月も、情報・流通の中心となったインタ―ネットを快適に!安全に!使いこなすための情報を配信させていただきます。ビジネスシーンの作業効率化はもちろん、プライベートシーンの楽しい利用方法もどんどん紹介していきますね。
便利で新鮮な情報を厳選して掲載しますので、ぜひ引き続きご愛読ください。
今月のテーマは「スマホ de 快眠!ぐっすり睡眠アプリ」です。
今回も先月に引き続きスマホアプリを紹介させていただきます。

今月のポイントは+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
環境を整えて、良質な睡眠をとり
清々しい朝を迎えましょう♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++です。

1日の終わりに「心」も「体」もスッキリ♪

今回は、眠る前の新習慣といたしまして、「瞑想」や「簡単なヨガ」などをご紹介!
朝の目覚めをスッキリとさせて、熱い夏を乗り切りましょう!
【1】眠る前に、瞑想をして就寝の準備をしましょう
【2】睡眠の時も、集中したい時もサポート
【3】眠る前の簡単ヨガ、体を伸ばしてスッキリ♪
【4】癒しの音をきいてリラックス

※アプリをダウンロードする際にはネットワークやWi-Fi環境、課金項目など各自ご確認~ご注意をお願いいたします。

▽iPhoneをお持ちの方は、AppStoreの画面で、Androidをお持ちの方は、GooglePlayの画面を開いて下記の「タイトル名」を入力して検索して下さい。

豊富な瞑想プログラムでその日の気分でリフレッシュ!

●Meditopia(瞑想プログラム)《iPhone、Android》

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら


・「瞑想とは何か」「マインドフルネスとは何か」について学べるプログラムもあるので
 初心者の方も始めやすい!
・毎日の習慣としてお使いいただける、日替わりのプログラムもあります!

「就寝」「仮眠」「集中」の使い分けができる

●Tide:睡眠と集中タイマー《iPhone、Android》

iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら


・「仮眠」の機能もあるから、短い時間でもリフレッシュ!
・操作画面がシンプルで、目的の機能を選択しやすい!

ストレッチ感覚で、寝たまんまヨガ

●寝たまんまヨガ簡単瞑想《iPhone》

iPhoneの方はこちら



・お布団やベッドの上で簡単にできるヨガなどをご紹介しています!
・「集中力を高める」「心を穏やかに」などのプログラムが多くあり、気分にあったプログラムを選択できます!

「水」の音に特化したヒーリングアプリ

●癒しの水の音(WeaterSound)《iPhone》

iPhoneの方はこちら



・操作はシンプルで分かりやすく、タイマーの機能も使いやすい!
・様々な水の音があり「室内からの雨の音」「海中」「滝」など好きな音を組み合わせて、オリジナルのサウンドが
 作れます!

(編集後記)
今回も、『iPhoneとAndroidで楽しめる様々なアプリ』をご紹介致しました。
人間の「心」と「体」は良質な睡眠をとる事よって疲労回復をしているとも言われています、ご紹介したアプリを使い快適な睡眠時間を過ごし、明日への活力にしましょう!
これからも「インターネットを快適に!安全に!使いこなす~Brush Up Internet ! 」シリーズをよろしくお願いいたします。

さて、今月は「八」にまつわる四文字熟語をご紹介します。
・「百八煩悩(ひゃくはちぼんのう)」・・・人間の持つ苦しみを生み出す全ての迷いのこと。
「煩悩」は仏教の言葉で、人間の心身の苦しみを生み出す迷いのこと。煩悩は百八種類あるとされています。
・「八面玲瓏(はちめんれいろう)」・・・どの方向からみても曇りの一つもなく透き通っていること。
または、心に不信や疑念などがなく、すっきりと澄んでいること。
または、人付き合いがうまく、誰とでも円満に付き合えること。
「八面」はありとあらゆる方面のこと。
「玲瓏」は宝石のように曇りなく透き通っていて美しい様子や、美しく鮮やかに輝く様子。
・「岡目八目(おかめはちもく)」・・・当事者よりも、はたから見ている人のほうが情勢を正しく判断できることのたとえ。「岡目」は人がしていることを見ること。
囲碁は実際に打っている時よりも観戦している時のほうが冷静で正しい判断ができるため、観戦者は打っている人の八目先まで手を読むことができるという意味からきています。

調べてみると、「八」という漢字には人間の内面に関係する熟語が多いですね。

さて来月も、皆さんを「目から鱗だ!」と驚かせられるような新しいテーマを模索中です。
次の9月号も是非ともご期待ください。