トップページ > 2019年12月号 > Brush Up Internet !

Brush Up Internet !

「令和」という新しい響きに騒いでいたのもついこの間の事。今はリンリン~♪とクリスマス前のにぎやかな音が街に響きます。もはや令和の二年目を目前に控える事となりました。月並みですが、早いですね~。今のうちに「令和元年」と記されているものを記念に取っておかないと、どこかへ無くしてしまいそうな気がしてきました(汗)…。孫の時代には値打ちが出るかなぁ。

毎月配信をさせていただいている「★★★インターネットを快適に!安全に!使いこなす★★★Brush Up Internet ! 」シリーズもいよいよ12回目。それでは早速始めたいと思います!

第11弾はこちら → 第11弾「撮影写真や画像を加工&共有アプリ特集(1)」

今月も、情報・流通の中心となったインタ―ネットを快適に!安全に!使いこなすための情報を配信させていただきます。ビジネスシーンの作業効率化はもちろん、プライベートシーンの楽しい利用方法もどんどん紹介していきますね。
便利で新鮮な情報を厳選して掲載しますので、ぜひ引き続きご愛読ください。
今月のテーマは「撮影写真や画像を加工&共有アプリ特集(2)」です。
今回も先月に引き続きスマホアプリを紹介させていただきます。

今月は++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
パッ!と見せたら項目別に整理されていておっ!と言わせるアルバム
気に入ったら「現像」「アルバムごと」もすぐに安くて簡単に♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++です。

皆さんは普段スマホをどれくらい活用されているでしょうか。もちろん電話やメール、LINEやインスタグラムにTwitterやブログで発信したり、その他にも検索で調べものをしたり。
趣味や仕事に活用し、さぞや使いこなしておられる事でしょう。

思い出を美しくまとめて、たくさんたまった写真もイッキに整理!

さて、先月から始まった、写真特集の第二弾。今回は皆さんがプライベートでも仕事でもよく使われる画像。その画像をまとめたり、プリントしたりみんなで共有したりするアプリですが、実はそれ以外にも色々お得な使い方があります。見て決して損はさせませんよ(笑)。そしてこれらもコミュニケーションツールとして、お友達やご家族との会話などにも役立ててみて下さいね!(^^)ノ

スマホを使い始めて数年、撮った写真も溜まってきて、画像を見せなきゃいけない時「そうそう、あれは…どこだっけ?」って事はないですか?フォルダごとに整理していても、そのフォルダが増えて来て…という具合に。あら、それは黄信号ですよ?
データが重くなって、スマホの動きが鈍くなって…。とにかく、家の中もスマホも整理が大事!
という事で今回は、
【1】「たまった画像をアルバムにして、いつでも見やすくする」
【2】「作ったアルバムを他人と共有する」
【3】「画像を焼き増ししたりプリントしたり、フォトブックを注文する」
という事をやっていきたいと思います。
そういった事を前からやってみたかったんだよね~っていうそこのあなた、ぜひ活用下さいね。でもお高いんでしょ?いえいえ、現在、こちらでご紹介する基本機能に関しては全て無料なので、ご安心下さい。

では準備は宜しいですか~?では始めましょう~(^^)♪


▽iPhoneをお持ちの方は、Appstoreの画面で、Androidをお持ちの方は、GooglePlayの画面を開いて下記の「タイトル名」を入力して検索して下さい。

アルバムを見たい人を招待したり、PCから覗いたり

●「家族アルバム みてね」《iPhone、Android》

iPhone → https://apps.apple.com/jp/app/id935672069
Android → https://play.google.com/store/apps/details?id=us.mitene


・家族の写真や動画を無料、しかも容量無制限でアップロードできます。
・その名の通り、アルバムを家族や親せきで共有しながら見ましょう♪
・20本以上の動画アップロードで子供の成長動画を1秒ずつ自動的に繋げたものを作ってくれるサービスも。
・フォトブックを毎月自動で提案してくれます。(但し、フォトブックの購入は有料です)

便利な機能がたくさんなアルバム管理アプリ

●「iフォトアルバム」《iPhone》

iPhone → https://apps.apple.com/jp/app/iフォトアルバム-大切な写真や動画をアルバムで整理/id504793067?mt=8



・基本の写真管理機能のほかにも、多彩な機能を持っています。
・撮影した場所の地図表示や、写真編集機能など。
・パスワードをかけたフォルダも作れるので、セキュリティも安心♪

携帯で簡単にフォトブックが作れる

●「ノハナ(nohana)」《iPhone、Android》

iPhone → https://apps.apple.com/app/id593274820?mt=8
Android → https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nohana



・家族や子供の写真から、無料で毎月1冊フォトブックが作れる!(ただし送料のみ必要)
・送付先を指定すれば、離れて暮らすご家族や親戚へのプレゼントに。

毎月無料でカレンダーがもらえる?

●「Famm」《iPhone、Android》

iPhone → https://apps.apple.com/jp/app/id872834141
Android → https://play.google.com/store/apps/details?id=com.timersinc.tfam&hl=ja



・ほかの家族と写真を共有するアルバム共有機能。
・さらに、フォトカレンダーを毎月1冊、送料だけで作ってもらえます♪
・最大50枚を超高速にアップロード可能。

毎月無料のましかく写真でアルバムを

●「ALBUS(アルバス)」《iPhone、Android》

iPhone → https://apps.apple.com/jp/app/id1102311118
Android → https://play.google.com/store/apps/details?id=co.rollcake.albus&referrer=adjust_reftag%3DcWKbPi1vTkBO7%26utm_source%3DseedApp%26utm_campaign%3D201803



・ちょっと変わった小さめサイズの「ましかく写真」を作れます。
・こちらも送料だけで毎月8枚写真がもらえます♪
・どんどんたまっていく写真を楽しみながら整理!


《~お得なPOINT~》
・画像ストックフォルダとして
以上、様々な画像を整理したり出力したりするアプリをご紹介しましたが、これらはデータの「保存」が出来るため、「クラウド」としての利用が可能な訳なんです。なので、カメラの中に納まりきらないたくさんの写真があっても、こちらのアプリ内で「アップロード」してスマホ内のデータを削除する事で、スマホの内部データを軽くする事が出来ます。
ただし、アプリへのログイン情報など、大事な情報はメモしておいて下さいね。忘れると「開かない」ってことになりかねませんのでご注意を。さしずめ、鍵付きの「金庫」といったイメージで保管されるといいのではないでしょうか。

・お試しで特典をGet!
更に、これらのサービスでは初回限定や毎月1冊無料など、会員獲得に向けたサービスがいっぱい!お試しして気に入ったら会員になるのも良し、一回だけという方でもお得だと思います。今回は幾つか似たようなサービスのアプリを紹介致しましたので、試しに使ってから比較して、一番自分で気に入ったものを使ってみるのもいいと思います。

《注意点》************
インストールの際や、アプリを起動してから画像を処理したり保存するために、ある程度のメモリが必要ですので、他のアプリを閉じてから作業することをお勧めいたします。
また、データを保存する場所やログイン情報などは、メモするなどして忘れないよう気を付けて下さい。

(編集後記)
今回も、スマホ版『AndroidとiPhoneで楽しめる様々なツールアプリ』をご紹介致しました。「家族や友達に自慢してみよう!」「スマホの年末の大掃除が出来た!」などと思われたらうれしくて2kmくらい宙に浮いてしまうかも。少しでも皆様の毎日がスマホひとつで有意義になれば本望です。
これからも「インターネットを快適に!安全に!使いこなす~Brush Up Internet ! 」シリーズをよろしくお願いいたします。

さて今回も、ちょっと四字熟語をお休みして、「12」に因んだあれこれ…を調べてみました。さぁ突然ですが連想問題です。「12」にまつわる「着物」と言えば?→こたえ:十二単(ひとえ)/平安時代以降の日本の貴族の女性の正装。十二は「たくさん」とか「多い」という意味で、十分過ぎる事を「十二分に」という言い方もしますね。あくまで例えですので、実際に12枚は着ていないそうです。では、「12」にまつわる「臓器」と言えば?→こたえ:十二指腸/内臓の一種で、指の幅の12倍に相当する長さであることに因んでいるとのこと。そして1年の月数や干支の数も十二。そろそろ年賀状の季節ですね。そろそろ準備をしなければ…。
さて来月も、皆さんを「目から鱗だ!」と驚かせる新しいテーマを模索中です。
ではまた来年、次の1月号も是非ともご期待ください。