トップページ > 2019年6月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

季節の移ろいが激し過ぎて、身体がついていけない今日この頃…皆様、いかがお過ごしでしょうか。既に、バテバテのダルオモ~という方も多いのでは?身体がシャキッとしない時は、“シャキッと”したものを食べると、身体も“シャキッと”するのではないかと思う単純な私です。
シャキッとお野菜イッパイ食べよう!と思うのですが、ムチャクチャな天候の影響で、今年もお野菜の生育が心配です。毎年お野菜が高騰傾向なので、お財布の方にも影響が…。スーパーの野菜売り場も、入荷に波があるように思いますし、欲しいお野菜を手に入れるためには、以前のようにはなかなかいきません。品揃えを確認して、お値段を確認して、お財布と相談して…そんな昨今、救世主というべき“お野菜”が~♪

数年前からスーパーの青果売り場などで見かけるようになったお野菜ですが、近年になって多彩な種類の新芽が「スプラウト」の名をつけられ登場しています!「発芽」のことを英語で「スプラウト(sprout)」というので、日本語でも「スプラウト」という呼び名が浸透してきました。
「スプラウト」とは、穀類、豆類、野菜の種子を発芽させた「新芽」のことです。私が一番最初に慣れ親しんで、重宝させてもらったスプラウトは、皆様もご存知の“カイワレ”さんですが、もっともっと以前から食卓に登場しているスプラウトがあることに、今回やっと気付いた次第です。
発芽野菜の仲間で、私たちに最も身近な存在と言えば…それは“もやし”さんです!もやしもスプラウトのひとつです(意識してみたことはありませんでしたが、そう言えば“発芽”している野菜ですね…ww)。

近頃は、“豆苗(とうみょう)”や“ブロッコリースプラウト”など、栄養価が高い上に安価で、いろいろな料理に合わせやすいものが続々とお目見えしています。今回は、葉物野菜が高騰している今こそ、ぜひ試していただきたい“シャキッと”お野菜「スプラウト」をご紹介したいと思います。

「スプラウト」は「発芽野菜」とも呼ばれ、植物が大きく成長するために必要な栄養や酵素などがたっぷり含まれています。乾燥している種子のときには含まれていなかったビタミンやミネラルが、発芽すると植物自体によって生成されます。植物が発芽し成長を始めると、種子の状態では存在しなかった種類のビタミンやその他の栄養分を自分で合成するようになるのです。また、野菜によっては内臓脂肪抑制やむくみ防止、コレステロール値を下げてくれる働きがあるものも存在します。手軽に食べることができて少量でも栄養満点なんてうれしいですよね。
小さい野菜の赤ちゃんは、大きく成長するために必要な栄養やパワーを最も豊富に含んだ状態!たくさんの栄養分を含んだ「スプラウト」は、「天然のサプリメント」「野菜のサプリメント」とも言われる程です。

スプラウトは、多彩なアレンジが簡単にできるのもオススメのポイント!料理が苦手な方でも、包丁を使うことなく、キッチンはさみだけですぐに利用できるので、切ったり刻んだり…が難しい方も、面倒な方も大丈夫。彩りとして、サラダなどに加えるのはもちろん、スープや麺類などのトッピングや具材として、とても手軽に使うことができるのも、スプラウトの魅力です♪

スプラウトは大きく「かいわれタイプ」と「中間タイプ」と「もやしタイプ」の種類があります。
-------------------
▽かいわれタイプ
暗室で発芽させた後、緑化
色やカタチ、大きさなど、様々な種類が商品化
※カイワレ大根、ブロッコリースプラウト、マスタードスプラウト…など。
-------------------
▽中間タイプ
暗室で発芽させた後、緑化
かいわれタイプよりも栽培期間が短く、葉は淡い緑色
欧米では一般的なタイプ
-------------------
▽もやしタイプ
出荷まで暗室で育てるため、緑化していない
根と葉は自由な向きに生えている
淡白な味が特徴
※もやし、大豆もやし、アルファルファ…など。
-------------------
「スプラウト」なんて洒落た野菜は、カイワレ大根が一番の古株で、最近のイマドキ流行野菜かと思っていたのに、まさかの“もやしタイプ”には驚き!“もやし”さん全然気付かずゴメンね…

最近は「スプラウト」の種類が増えていて、スーパーにも普通に陳列されているので、スプラウトも随分身近な食材になりました~♪それでも、見た目も食感も新感覚のスプラウトなので、まだ食卓の仲間に組み込まれていない方のために、主なスプラウトの特徴とオススメの調理法を紹介したいと思います。
-------------------
▼カイワレ大根
スプラウトの中では、定番中の定番!
ビタミンCなどのビタミン類、βカロテンやミネラルが豊富
高い抗酸化作用があり、シミやそばかすを抑制し美肌作りをサポート
赤血球の形成に不可欠な葉酸も豊富
カイワレ大根は、ピリッとした辛味が特徴
シャキシャキとした食感と、ピリッとした辛味が料理にアクセントをプラス
加熱すると辛味が苦味に変わるので、加熱せず生で辛味を活かした食べ方がオススメ
双葉の形が二枚貝の開いたカタチに似ていることから“貝割れ”と呼ばれるようになったそうです。
-------------------
▼豆苗(とうみょう)
豆苗はエンドウ豆(グリーンピース)の新芽
ほのかな香りと甘味、シャキシャキの食感が特徴
緑黄色野菜に多く含まれる栄養素と、豆類に多く含まれる栄養素がWで豊富
ビタミンK、A 、C、E、B1を含み、女性にオススメ
骨の形成を助け、老化予防に効果があるといわれていて、アンチエイジングにも効果が期待
美肌効果のある栄養素も多く含まれているので、美容にもオススメの野菜
-------------------
▼ブロッコリースプラウト
発芽1週間程度のブロッコリーの新芽
体内の抗酸化作用や解毒作用を高める働きのある有用成分スルフォラファンが、成熟したブロッコリーの20倍以上
美肌効果、免疫機能の維持、免疫力を高め、シミ予防、老化予防、内臓脂肪の蓄積を抑える働きや発ガン抑制効果が高いとされ、デトックス効果など様々な効果が期待
スルフォラファンを効率よく摂るには、生でよく噛んで食べるのがオススメ
シャキッとっとしていて、辛味がなくてマイルドで食べやすい
お料理の彩りとしてだけでなく、肉巻きにするとメインディッシュとして美味しく召し上がれます!
発芽しやすいので、家庭でも簡単に栽培が可能
-------------------
▼ブロッコリースーパースプラウト
発芽3日程度のブロッコリーの非常に幼い新芽
有用成分スルフォラファンが成熟したブロッコリーの7倍以上
生でよく噛んで食べるのがオススメ
-------------------
▼マスタードスプラウト
西洋からし菜(マスタード)の新芽
粒マスタードのようなピリッとした辛さが特徴
ビタミンB群やビタミンK、鉄分、ミネラルや葉酸が豊富
美肌効果、免疫機能の維持、ナトリウム(塩分)の排出を促進、血圧低下などの効果が期待
風味を活かすなら生食がオススメ
ソーセージやベーコンなどの肉料理、卵料理とベストマッチ
サンドイッチやホットドッグ、サラダやスープに加えると具材の味が引き立つ
カイワレ大根より細くて小さな芽が可愛らしい♪
-------------------
▼クリススプラウト
ガーデンクレス(クレソンの仲間)の新芽
ワサビのような清涼感のある辛味と、尖った葉のカタチが特徴
ヨーロッパで古くから食され、タマゴサンドに挟まれていることが多く、スプラウトといえばこれが定番
抗参加作用が期待されるビタミンEやビタミンK、葉酸が豊富
風味を活かすなら生食がオススメ
魚との相性良し、カルパッチョのトッピングに
欧米のスプラウトの定番ですが、ワサビを思わせるさわやかな辛味は和食にも好相性!
-------------------
▼レッドキャベツスプラウト
紫キャベツの新芽
鮮やかな赤紫色が特徴
双葉の葉先は緑色で、茎は鮮やかな赤紫色という色合いが特徴
ビタミンEやビタミンK、葉酸が豊富で、特に葉酸はサヤインゲンの約2倍
カルシウム代謝に関係するビタミンUが豊富
紫色はアントシアニンで、色を活かすなら生食がオススメ
辛味やクセがあまりないので、様々な料理のトッピングに
双葉の葉先は緑色で茎は鮮やかな紫色という色合いなので、栽培中はインテリアとしても見栄え好し♪
-------------------
▼オクラスプラウト
オクラの新芽
シャキシャキ&ネバネバが特徴
胃腸を保護するという粘り成分が豊富
オクラは通常、夏にしか出回らないのですが、通年食べられるようにとスプラウトに
茎には産毛があり、葉にも粘りが有
生食よりも炒め物やお浸し、鍋料理などにオススメ
-------------------
▼赤ラディッシュスプラウト
赤ラディッシュの新芽
高い抗酸化作用があり、シミやそばかすを抑制し美肌作りをサポート
茎がほんのりピンクで、爽やかな辛味が特徴
お料理の彩りにピッタリ、サラダのアクセントに
-------------------
▼ささげ菜
小豆に似た赤い皮が特徴
しっかりとした茎と大きな葉が特徴
生食向きではなく、お浸しやスープ、炒め物など、加熱して味合うのがオススメ
-------------------
▼空芯菜スプラウト
空芯菜の新芽
茎が空洞になっていることからその名がつき、タイや東南アジアではほうれん草以上に知られる野菜
生のままでもオススメ
火の通りが早いので、サッと炒めても美味しくオススメ
クセな無く食べやすい
-------------------
▼アルファルファ
牧草(ムラサキウマゴヤシ)の新芽
牧草!?…というところが驚きですが、ビタミンやカリウム、食物繊維たっぷりで栄養豊富
コレステロールの吸収を抑制し、腸の中の老廃物を排出するデトックス作用が期待
見た目はとても細いですが、栄養価が高い野菜
青臭みがありクセがあるが、サラダやサンドイッチに最適
-------------------
▼緑豆もやし
軸が太くてシャキシャキとした食感が人気
ビタミンC、B1、B2、食物繊維に加え、疲労回復を助けるアスパラギン酸も豊富
-------------------
▼黒豆(ブラックマッペ)もやし
通称、細もやし
緑豆もやしより青臭さが少なく、昔ながらの味わい深い食感が特徴
甘味が強い
ビタミンC、B1、B2、食物繊維に加え、疲労回復を助けるアスパラギン酸も豊富
-------------------
▼大豆もやし
豆が残っているもやし
韓国料理のナムルなどに用いられる
ビタミンC、B1、B2、食物繊維に加え、疲労回復を助けるアスパラギン酸も豊富
大豆に比べて多くのイソフラボンを含む
イソフラボンには、高い抗酸化力があるため老化の原因となる活性酸素を除去する効果が期待
女性ホルモンと同様の働きをするため、骨を丈夫にしたり美肌効果も期待
特に働く女性に特にオススメ♪
-------------------
その他にも、ヒマワリ、ソバ、赤レンズマメ、黄レンズマメ、緑レンズマメ、ひよこ豆、タマネギ、チコリ等々…スプラウトの種類はまだまだたくさんあります!
まだお目にかかったことはありませんが、“ソバのスプラウト”は、ピンク色の茎がスラッと伸びるのが特徴。可憐な日本ならではのスプラウトで、辛味も苦味もなくルチンやポリフェノールが豊富なのだとか…。
世界では、ルッコラやパクチー、クローバーなどもスプラウトとしてサラダなどで親しまれています。日本ではほとんど見かけませんが、海外ではメジャーな“ヒマワリのスプラクト”は、一般的なスプラウトよりも大きめでもっちりとした歯ごたえがクセになるとか…ニョキニョキと伸びるので生長する姿もダイナミックで、食べ応えがあるので炒めても美味しいスプラウトなのだそうです。そのうち、それも近いうちに、日本でも“ヒマワリのスプラクト”が青果売り場に並ぶ日がくるかもしれません…もう並んでいるかも?いつものスーパーでのチェックはもちろん、他のスーパーなどを利用した際には、スプラウトコーナーを忘れずチェックしないと…ですね!

私が昨年辺りから、大変お世話になって、メチャ重宝しているスプラウトは「豆苗」です!元々は中国が始まりで、特別な時にしか口にできない中華料理の高級食材なのだそうですが、今では水耕栽培が一般的になり、安定供給・安定価格で提供されるようになったおかげで、うちの食卓にも頻繁に登場するようになりました♪
緑色も美しく瑞々しく、炒めてもスープに入れても“シャキッと”元気です。はさみでチョン!ササッと洗って、すぐに火が通るので“シャキッと”食べたい私の場合、火を止める寸前に投入してします。刻んだりする手間もないので超時短!これからの夏場のキッチンでの灼熱地獄から、私たちを爽やかに救ってくれそうです。カイワレ大根は、火を入れると“ベチャっと”残念な固まりになりがちでした。生で食べる場合は、その辛味が邪魔になってしまう場合も…(カイワレさんは、この辛味を活かして大根おろしの代用として重宝させていただいております)。私の場合、豆苗をキャベツの代用としてとことん利用しております!ほんのりと甘味を持っているところも、キャベツに通じるところがあるので、お好み焼きから焼きそばに餃子、うどんにラーメンにパスタまで、サラダにお浸しに和え物、何でもござれの万能選手です。

スプラウトは、高い栄養価を持ち、下ごしらえもほとんどせず手軽に食べられることから、近年注目を浴びていますので、是非とも皆様の食卓への仲間入りをして欲しいと思います!
酵素をそのまま食したいスプラウトは、生でいただくのが基本です。軽く水洗いして、サラダのトッピングやお肉料理の付け合せ、サンドイッチや生春巻きの具材、薬味など、様々に活用できます。水で洗って、すぐに食べられるという利便性も、発芽野菜のメリットのひとつと言えるでしょう~♪

先ほどは、スプラウトの栄養や特徴をご紹介しましたので、次は鮮度の良いスプラウトの見分け方や保存方法などについてご紹介いたします。
-------------------
▽鮮度の良いスプラウトの見分け方
-------------------
葉の色が濃く、茎がシャキッとしていて、みずみずしいものが鮮度の良いスプラウトです!
葉に黒い斑点があったり、長さが揃っていなかったりするものは避けた方が良いでしょう。

-------------------
▽スプラウトの保存方法
-------------------
もやしやスプラウト類は傷みやすいので、購入後はできるだけ早く使いきるのがポイント
パックのままで冷蔵庫で保存するのが基本で、2~3日で食べきるのがオススメ!
一度に全部使わない場合は、使う分だけをスポンジ部分から取り外し、残りはそのままパックに戻しておくと、根をカットするよりも鮮度を保つことができます。

-------------------
▽スプラストの下ごしらえ方法
-------------------
スプラウトを使う時は、まずスポンジの部分を軽く持ち、水を入れたボウルなどの中で振り洗いをします。
見た目や食感を良くするために、種の皮は取り除きます。
稀に黄色い葉が混じっていることがありますが、これは枯れているのではなく、緑化前の状態なので問題なく食べることができます。

-------------------
▽もやしの下ごしらえ方法&茹で方
-------------------
もやしも水洗いしてから調理しましょう。
もやし調理で大切なのは、茹で加減です!茹で過ぎにはくれぐれもご注意ください。

↓もやしオススメの茹で方↓
お鍋に洗ったもやしを入れ、半分程浸る程度に水を注ぎます。
強めの火にかけ、沸騰したら菜箸で上下をひっくり返すように入替え、火を止めてザルに上げます。
シャキシャキとした食感に茹で上がります~♪
-------------------
毎日忙しく働きつつ“バランスの良い食生活”を叶えるのは難しいものです。疲れて帰宅した後に、手の込んだ料理をする気にはなれないし。身体にイイものをいかに効率良く摂取するか…栄養価が高く、かつ消化しやすいため、身体にも負担をかけないスプラウトは、毎日のメニューにも取り入れたいものです。しかも発芽野菜は、生食向けのものも多く、加熱するとしても加熱調理に時間がかからないものが多いので、熱で壊してしまうビタミンやミネラルの量も少なくて済みます。
発芽する時に活性化する植物ホルモンや酵素の働きで、種や成熟した野菜とはまた異なるビタミン類やミネラルなどが豊富に生成される「スプラウト」を、是非とも皆様の食卓に!

今月は「美と節約」の両方を叶える最強時短レシピをご紹介したいと思います。
「天然のサプリ」と呼ばれるほどの豊富な栄養と機能性を備え持つ発芽野菜は、少量でも効率的かつ効果的に栄養補給できる食品です。不足がちな栄養素を、簡単で手軽に“発芽野菜”で補いましょう~♪

===================================
▼生ハム&オニオンのマスタードスプラウトサラダ
粒マスタードのようなピリッとした辛さが味を引き立たせる!細くて小さな芽が可愛いオシャレサラダ♪
---------
▽材料
新玉ねぎ
マスタードスプラウト
生ハム(薄切り)
オリーブオイル
レモン汁
黒コショウ
---------
1.玉ねぎは薄切り、マスタードスプラウトは根元をカット、生ハムは食べやすい大きさにカットします。
2.ボウルに1.を入れ、レモン汁・オリーブオイルを加えて混ぜ合わせます。
3.仕上げに黒コショウを振りかけて、冷蔵庫で馴染ませて出来上がり!
☆粒マスタードで和えるより、見た目キレイでオシャレな仕上がりに~♪
===================================
▼もやしとブロッコリースプラウトのナムル
肝臓に良い働きをするブロッコリースプラウトで、ダイエットやお酒を呑む方にオススメの一品!
---------
▽材料
もやし
ブロッコリースプラウト

ゴマ油
醤油
味の素
煎りゴマ
---------
1.もやしを茹でてザルにあげ、流水に少し当て粗熱を取ります。
2.ブロッコリースプラウトを加えて塩を振り、軽く混ぜたら5分程置いておきます。
3.1.と2.の水分をギュッと絞り、ボウルに移し、ゴマ油と醤油と味の素で味を調えます。
4.仕上げに煎りゴマを加えて出来上がり!
☆ブロッコリースプラウトは火を通すと効果がなくなるので注意してください。
===================================
▼スプラウト丸鶏スープ
丸鶏がらスープの旨味とコクに全てをお任せ~♪お手軽簡単スープの一丁上がり!
---------
▽材料
お好みのスプラウト
お湯
おろし生姜
丸鶏がらスープの素
---------
1.お好みのスプラウトの根元を落として、適当な大きさにカットします。
2.マグカップなどに、丸鶏がらスープの素とおろし生姜と1.を入れます。
3.2.に、お湯を注げば出来上がり!
☆お好みでラー油やゴマ油を少し垂らせば、大人の中華風に~♪
===================================
▼豆苗スパゲティー
お手軽スパゲティー!シャキシャキ食感のスッキリタイプなので、暑い季節にもオススメ~♪
---------
▽材料
スパゲティー
豆苗

粗引き黒コショウ
粉末コンソメ
オリーブオイル
---------
1.豆苗は根元を落として、食べやすい長さにカットします。
2.塩を入れたお湯で、スパゲティーを茹でます。
3.2.が茹で上がる前1分半程短めのタイミングで1.を加えます。
4.3.が30~40秒程したら、水気を切りボウルに移します。
5.4.にオリーブオイルを加えてから、コンソメと黒コショウを加え、お塩で味を整えたら出来上がり!
☆お好みで卵黄をトッピングして、和えながら食べるのも美味~♪
===================================
▼厚揚げと豆苗の炒め煮
炒め煮なのに見た目の彩りも良い一品!炒めた豆苗が鮮やかな緑に~♪
---------
▽材料
厚揚げ
豆苗
新生姜

みりん
醤油
ゴマ油
---------
1.厚揚げは沸騰したお湯に入れ、湧いた状態で2分程茹でます。
2.ザルにあげて粗熱がとれたら、キッチンペーパーで抑えて水気を取ります。
3.2.を、1cm程の厚さにカットします。
4.豆苗は根元を落として、3~4cm程の長さにカットします。
5.新生姜を千切りにします。
6.フライパンを熱し、ゴマ油を入れ、3.を焼き色がつくまで中火で焼きます。
7.6.に、4.と5.を加えてサッと炒めます。
8.7.に、酒・みりん・醤油を加え、からめながら汁気がなくなるまで炒めれば出来上がり!
☆生姜の場合は、皮をむいてから千切りにしてください。
===================================
▼豆苗とキノコの炒めもの
鮮やかな豆苗が美しい!キノコとのコントラストが映える~♪
---------
▽材料
豆苗
ベーコン
キノコ(しめじ・エリンギなど)
ニンニク
赤唐辛子
オリーブオイル
醤油

コショウ
---------
1.豆苗は根元を落として、5cm程の長さにカットします。
2.ベーコンは1cm程の幅にカットします。
3.しめじは小房に、エリンギは食べやすい大きさにカットします。
4.フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたニンニクを入れて弱火にかけます。
5.香りがたってきたら、種を抜いて半分にカットした赤唐辛子を入れます。
6.火を少し強めて、2.を加えて炒めます。
7.6.に、3.を加えて炒めます。
8.キノコ類に火が通ったら1.を入れて軽く炒め、醤油を加え、塩・コショウで味を調えれば出来上がり!
☆ニンニクは火をつける前から入れ、焦がさないように弱火で熱を入れていきましょう。
===================================
▼緑豆もやしの白だし和え
居酒屋さんのつきだし風~♪ゴマの香りと唐辛子がピリッと効いた何かと便利な一品!
---------
▽材料
緑豆もやし
鷹のツメ
白だし醤油
ゴマ油
---------
1.緑豆もやしを茹で、ザルに上げて粗熱をとります。
2.鷹のツメは、小口切りにします。
3.1.に、白だし醤油・ゴマ油と2.を加えて、和えれば出来上がり!
☆冷めると味が染み込んで、より美味しくなります~♪
===================================
▼緑豆もやしのピザ風
ピザはピザでも、もやしベースのサラダピザ!ピーマンとチーズですっかりピザ気分です♪
---------
▽材料
緑豆もやし
ベーコン
ピザソース
とろけるチーズ
ピーマン

コショウ
---------
1.ピーマンを輪切りにし、ベーコンは2cm程にカットします。
2.水洗いした緑豆もやしの水気をしっかりと拭き取り、お皿に敷き塩・コショウを振りかけます。
3.2.の上に、ピザソースとチーズをのせ、1.をトッピングします。
4.ラップをかけずに、電子レンジで3~4分程チン!します。
5.チーズが溶けたら出来上がり!
===================================
▼大豆もやしのお好み焼き風オムレツ
ガッツリ食べてもヘルシー!お財布にも胃にも優しい~
---------
▽材料
大豆もやし
キャベツ

コショウ

オリーブオイル
マヨネーズ
お好み焼きソース
干し桜エビ・鰹節・青海苔・紅生姜
---------
1.キャベツを千切りにします。
2.水洗いした大豆もやしをレンジでチン!
3.温めた1.を、2.の上にのせて、ふんわりとラップをしておきます。
4.フライパンを熱し、オリーブオイルを入れてなじませたら、溶き卵を流し入れます。
5.大きく円を描くように混ぜながら、お好みのかたさになるまで加熱します。
6.3.のラップを外し、5.を上にかぶせます。
7.マヨネーズ・お好み焼きソース・干し桜エビ・鰹節・青海苔・紅生姜をトッピングすれば出来上がり!
☆余熱で調理しますので、温かいうちに手早く完成まで一気に!
===================================
▼大豆もやしのブッカケそうめん風
疲れきって食欲がない時でもサッパリと食べられる♪残業後の夕食にもピッタリ!
---------
▽材料
大豆もやし
豚赤身しゃぶしゃぶ肉
カイワレ大根
塩昆布
梅干し
おろし生姜
入りゴマ
めんつゆ
---------
1.大豆もやしをレンジでチン!した後、冷蔵庫で粗熱をとります。
2.お鍋に豚肉とかぶる程度の水を入れて中火にかけ、お肉にしんなり火を通します。
3.ザルに上げて、水気をしっかりふき取って、食べやすい大きさにカットします。
4.カイワレ大根を3cm程の長さにカットし、塩昆布と3.と一緒に和えます。
5.めんつゆに、おろし生姜と入りゴマを混ぜ合わせます。
6.器に1.のもやしを盛り付け、4.をトッピングして5.を流し入れ、梅干しを添えれば出来上がり!
===================================
▼カイワレ大根のお浸し
サラダ感覚のアッサリお浸し♪コレをお浸しと呼んでいいのだろうか…コレってオカカ和え?ww
---------
▽材料
カイワレ大根
鰹節
だし醤油
---------
1.カイワレ大根は根元を落として、食べやすい長さにカットします。
2.1.を小鉢に入れ、鰹節を乗せて、だし醤油をかければ出来上がり!
☆冷蔵庫にあるモノ(ちくわ・かまぼこ・魚肉ソーセージ・サラダチキンなど)を加えてグレードUP♪
===================================
「スプラウト」は、全国各地の生産ラインで生産されるため、特に旬はありませんが、野菜の生命力が一番旺盛な時期!という点では、発芽時はいつでも“旬”といえるでしょう~♪また、通年供給されて価格も安定しているので、お財布にも優しいお助け食材でもあります。節約もキレイも叶えられるレシピは、忙しい皆様、疲れ切ったダルオモの皆様、栄養不足でヘロヘロの皆様の強い味方になるはず!
発芽野菜は、できるだけフレッシュなものを購入し、できるだけ早めに食すことを心がけましょう。

「スプラウト」は、室内で時期を問わずに家庭でも栽培できることもあり、その点でも人気と関心を集めています~♪いろいろな種類を食べ比べをしてみたり、自家栽培にチャレンジして、日々の成長をキッチンで気軽に楽しむのもいいですね。いつものサラダやサンドイッチが、見た目もオシャレになり、その上栄養補給にも効果的にできるなんて、一石二鳥のうれしさです!発芽野菜は、ほとんどが種をまいてから5~7日程度で収穫のタイミングがやってくるので、根気のない3日坊主さんでも、ガンバれば…ナントカ…収穫まで…いけるかと…(笑)。

土に種をまいて苗を育てる一般的な野菜とは違い、スプラウトは水耕栽培で育てる野菜です。家庭での栽培にオススメなのは、発芽して茎が伸びるまで暗所で育て、茎が伸びたら光の当たる場所に移して双葉を緑色にして食すタイプのもの。最低限の注意事項は、水切れしないようにすることだけ…でしょうか。スプラウトは種自体が持っている栄養分を水だけで育つので、水切れしたら成長が止まってしまいますから、ソコだけは注意してくださいませ~。水をやっても発芽しない種はそのまま置いておくと、腐って全体をダメにしてしまいかねないので、取り除いておきましょう。
キッチンの一角でも育てられる見た目にも可愛い発芽野菜~♪家庭菜園の第一歩(!?)としてご家庭で初めてみませんか?
市販のスプラウトの種は、2~3回栽培できるぐらいの量が入っているので、余ったらしっかり口を閉じて、冷蔵庫で保存しておきましょう。ただし、種が古くならないうちに使い切るのがベストです。

今回ご紹介した「スプラウト」は、スムージーにしたりサラダにしたり、キッチンばさみで小さめにカットして納豆にプラスしたり、海苔で巻いて食べてもOK。また、アブラナ系の野菜に含まれるスルフォラファンはよく噛むことで体内への吸収率が高まると言われていますので、しっかり噛んで食べましょう。簡単ですぐに実践できる手軽さなので、皆様の身体が “シャキッと”さわやかになるように日常生活に積極的に取り入れていきませんか?栄養価の高い発芽野菜は、食べなきゃ損!毎日の食事に是非、活かしてみてください。

小さくても頼りになる野菜、スプラウト!
小さいけれどギュッと栄養分が凝縮された、スプラウト♪
少ない量で効率良く栄養が摂れて、手軽で酵素もたっぷり摂れる!
スーパーフード「発芽野菜」
いつもの食事に加えて、体調管理にお役立てください!


発芽野菜は一見“守ってあげたい”と思ってしまうくらい小さくて繊細…
でもその秘められた栄養は、私たちの身体を守ってくれる!

毎月20日は「発芽野菜」の日。
< 20日 → 二十日 → 廿日 → はつか → はつが → 発芽…(/ω\) アチャ~ww>