トップページ > 2016年10月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

そろそろ夏も終わりかぁ~と思ったか思わないか…(!?)の9月初旬から、田園地帯では速攻で稲刈りが始まり、10月になった現在は、すっかり“収穫の秋”という風景が広がっております。いつの間にか、秋がやってきてますね~早いですなぁ…(笑)。今年もあと3ヶ月をきりました!いやいやいやいや、ちょっと早すぎますよ~(汗)。

  
収穫の秋…の象徴として“新米”があります!日本人の主食…新米で炊いたおいしいご飯♪皆さま、もう食されましたでしょうか?新米のご飯が食卓に出てきた日は、なんだかとってもハッピーな気分になるのは、私だけでしょうか~♪この日は、ご飯が主役!お塩とご飯だけで“ご馳走”です。お米の一粒一粒を噛み締めて、五穀豊穣に感謝を捧げつついただきます。
最初に新米を炊く時は、ちょっと水加減が難しいんですよね~。でも、失敗しても“おいしい”んですよね~(笑)。
そんなハッピーな食卓を囲んだ数日後…早ければ、翌日(!?)、新米ではなくなる日が来るんです。残っているお米を先に食べてしまわないと、どんどん古くなっていっちゃうし。決してマズくなんてないんです!新米を食べるまでは、毎日おいしくいただいていたのですから!!…なのに、なぜ?新米を口にしてから古米のご飯を食べると、イマイチ感満載~やっぱり新米の方がおいしいって思っちゃいますよね。ホント、古米には何の罪もないわけで、本当に申し訳ないコトでございます。そんなこんなで新米を食してからの古米のご飯メニューは、チャーハンだったり、ドリアだったり、パエリアだったりに変わっていったりするもんです。

  
そんな事態に、是非とも試していただきたいのが、今回のレシピです。なんと“ご飯”で勝負!古米でも、新米に負けない美味なるウマウマおにぎりができるんですよ~♪それも、美容・健康にもイイおにぎりなのです。
今回はご紹介するのは、もはやおにぎりの定番となった“おにぎらず”に引き続き、話題になった“オイルおにぎり”です!!テレビや雑誌等で結構な話題になっていたので、皆さんも1度や2度“オイルおにぎり”という言葉を耳にしり、目にしたことがあるのではないでしょうか?



“オイルおにぎり”とは、体にいい油を混ぜて握るおにぎりのこと。よく使われる油は、ごま油・オリーブオイル・ココナッツオイル・えごま油・米油・亜麻仁油・マカダミアナッツオイル…など。油って結構、いろいろな種類があるんですね。ご飯に混ぜ込み、おにぎりにすることで、健康油を手軽にとれる方法としても注目されており、それぞれ油には個性があり、それぞれのオイルの味には大きな違いがありますので、使うオイルによってオススメの具も違ったりします~♪よりおいしい“オイルおにぎり”にするためには、それぞれの味にあったレシピを選ぶことが重要なのです。

でも、ご飯に油って合うの!?…という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのでは?
でも…安心してください。“オイルおにぎり”の元祖は、皆さんご存知の『ツナマヨおにぎり』。マヨネーズには、油がたっぷり入ってますからね~実はオイルおにぎりだったんです!

●“オイルおにぎり”のメリットは、ご飯が油でコーティングされること!これによって…
1.おにぎりの乾燥が防げる
2.冷えても美味しい
3.もちもちした食感が楽しめる
4.腹持ちが良い
5.使う油によって、美容・健康効果が期待できる
これだけのメリットがあって、体にいい油がとれるなら、オイルおにぎりを試してみる価値はありそうでしょ!?この時期、どんなにガンバっても新米に負けてしまう古米も、オイルでコーティングされることで、新米に負けないもっちもちの食感に大変身!!

●“オイルおにぎり”の作り方のポイントは…
・冷めた状態のご飯では油がなじまないので、必ず温かいご飯で作りましょう。
・油を入れすぎるとまとまらなくなるので、お茶碗1杯分のご飯に対して、小さじ1/2程を目安にしましょう。
・にぎる時には、ラップを使用すれば、ベタつきも気になりません。
オイルおにぎりが上手に作れるかどうかは、「ご飯の温度」と「油の量」が肝所になります!

メリットもポイントもわかったけど、炭水化物+油って…ものすごく高カロリーな組み合わせな感じするんですけどーーーーー!…と心配されている方もいらっしゃるのでは?ダイエットには厳禁な組み合わせと思いがちですが、…安心してください。“オイルおにぎり”は、ご飯1合に対して、小さじ半分~1程度の油が目安!1合おにぎりで、カロリーは約20カロリーといったところでしょうか。体にとって、いい油を簡単に取り入れることができるオイルおにぎりは、ダイエットの大敵ではなく、アンチエイジングや美肌にとって効果的な食べ物なのです♪そう、良質の油を摂ることで、便秘を改善したり、腹持ちを良くする等…ダイエットに役立つほか、お肌や髪にツヤや潤いが出る♪といった美容効果も期待できます。



ところで…
オイルおにぎりと言ってもどんなオイルを使ってもよいというわけではありません。「質の良いオイルを使う」という条件付きで、美容と健康に効果的な“オイルおにぎり”なるのです!

▼“オイルおにぎり”にオススメなオイルとは…
-----------------------------------
■オリーブオイル
---------
抗酸化作用が働くビタミンE、ポリフェノールが含まれていて、お肌のアンチエイジングに効果的!クロロフィルは体の毒素を体外に出す作用があり、吹き出ものやニキビの炎症を防いだり、鎮める効果があります。オリーブオイルは、価格も手頃で手に入りやすいので、普段から料理に取り入れられている方は多いのではないでしょうか?しかし、オイルおにぎりの場合、オリーブオイルを使う時に気をつけていただきたいのが、100%純粋なエクストラバージンオイルを使うという点です。エクストラバージンオイルに含まれるオレイン酸には、ポリフェノールが豊富で、このポリフェノールにはコレステロールを減らすという効果があります。また、オレイン酸はインスリンの分泌を調整する働きがあるため、血糖値が上がりにくく、太りにくい体質へと導くと同時に、オレイン酸が食べ物の余分な消化吸収を抑えてくれる働きがあるので、ダイエット効果が期待できます!

☆オリーブオイルに合うおにぎりの具
鮭、たらこ、かつお節、チーズ、ハム、クレイジーソルト、クリームチーズ、アンチョビ、コーン…など。
-----------------------------------
■亜麻仁(アマニ)油
---------
亜麻仁油にも、オメガ3脂肪酸の一つであるαリノレン酸が豊富に含まれています。αリノレン酸には、血液をサラサラにして老廃物を排出する作用があるので、美肌に効果があります。抗炎症の作用もあるため、吹き出ものやニキビの炎症を防いでくれます。水溶性植物繊維と不溶性植物繊維がバランスよく含まれているため、便秘解消にも効果的です。また、善玉コレステロールを増やす効果があると同時に、血管をしなやかにして血流を促すので、冷え性改善にも役立ちます。さらに、亜麻仁油は、皮膚からの水分蒸発を防ぐため保湿効果に優れ、肌荒れなどの改善にも効果が期待できます♪

☆亜麻仁(アマニ)油に合うおにぎりの具
チーズ、昆布、高菜、そぼろ、柚子、梅しそ、枝豆、かき醤油、ゆかり、しらす、ひじき…など。
-----------------------------------
■ココナッツオイル
---------
海外のセレブの間でも話題になっていたココナッツオイルに含まれているスーパービタミンE(トコトリエノール)は、ビタミンEの抗酸化作用の40~50倍!このトコトリエノールは体に吸収されたあと、皮膚に多く広がるので、紫外線をブロックしてお肌のシミ・シワを抑えてくれます。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類され、吸収が早くすぐにエネルギーになるので、体内に蓄積されにくいのが特徴。また、小腸にある腸絨毛まで浸透することで、腸の老廃物をスムーズに排泄し、便秘解消にも役立ちます。抗酸化作用が高いため、美肌・美容効果も期待できるので、アンチエイジングしたい方にピッタリ♪冷え性にも効果があるようです。

☆ココナッツオイルに合うおにぎりの具
たらこ、おかか、梅干し、カレー粉、ガーリック、唐辛子、醤油、ミックスナッツ…など。
-----------------------------------
■えごま油
---------
えごま油は、“えごま”というシソ科の植物の種子から採取される油で、体内で作れない必須脂肪酸のαリノレン酸を摂取できるのがポイント。美容や健康に良いオイルとして注目の油です♪αリノレン酸には、血液をサラサラにして老廃物を排出する作用があるので、美肌に効果あり!リパーゼには脂肪を分解する酵素が含まれるため、脂肪燃焼の促進に期待が~♪また、ポリフェノールの一種であるロズマリン酸が豊富なのも特徴で、体内で余ったブドウ糖を分解し、中性脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。さらに、腸内の悪玉菌を排出するオメガ3も豊富なので、代謝アップや血流促進にも役立ちます。
(ちなみに…“ごま”とついていますが、ごま油とは全く関係がありません。)

☆えごま油に合うおにぎりの具
おかか、梅干し、イクラ、チーズ、しらす、かつお節、大葉、鮭…など。
-----------------------------------
■ごま油
---------
ごま油には、“若返りビタミン”と呼ばれているビタミンEが豊富に含まれており、ゴマグリナンという抗酸化作用が高い成分も豊富なので、悪玉コレステロールの増加を抑える働きがあり、老化肌の原因でもある活性酸素を消して、お肌・髪・体などのアンチエイジング効果が期待!シミ・シワを内側から防いでくれます。また、血液の流れをよくする効果もあるので、肌荒れも防いでくれます。

☆ごま油に合うおにぎりの具
ザーサイ、高菜、塩昆布、鮭、マヨネーズ、かつお節、白菜漬、ツナ缶、味噌、チャーシュー、キムチ…など。
-----------------------------------
この他にもいろいろなオイルを使った健康法がありますが、質のよいオイルは熱に弱いものが多いので、火を使う料理には向いていません。そうなると、「そのまま飲む」か「ドレッシングにする」か…でも、この方法だと好き嫌いもわかれ、特に子どもやオイルが苦手な方は、摂取するがなかなか難しくなります。そんなにオイルが苦手でなくても、「そのまま飲む」のにはちょっと抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。でも、おにぎりに混ぜ込んでオイルを取り入れる方法なら、大人も子どもも食べやすいので、家族全員で手軽にオイルの効果を取り入れることができる!というわけです。
オイルおにぎりの効果は使うオイルによって異なりますが、どのオイルにも共通する効果のひとつに“抗酸化作用”というものがあります。この抗酸化作用によって、ママが気になる美容にも、パパのメタボ改善にも、子どもたちやシニアの脳の活性化にも、老若男女を問わず効果を発揮してくれます!

    
オイルと具材の組み合わせ次第で、さまざまな種類が作れ、「冷めてもモチモチで美味しい!」ってな感じで、冷めても美味しくて固くならないからお弁当にもピッタリ♪これを機会に、今までのおにぎりにない具の組み合わせも、是非とも楽しんでいただきたいと思います。
美容と健康のための“いい油”を体に取り入れられて、古米もモチモチ美味しくいただける“オイルおにぎり”の簡単レシピをご紹介いたします。
===================================
▼クレイジーソルトのオイルおにぎり
ハーブとスパイスの効いた風味の良いおにぎり♪簡単すぎて…ごめんなさい!
---------
▽材料
ご飯:1合分
いりごま:大さじ1
オリーブオイル:小さじ1
クレイジーソルト:小さじ1/2
粗挽きこしょう:適量
---------
1.温かいご飯に、材料を混ぜ合わせます。
2.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★ごまのプチプチが美味しい~♪
★クレイジーソルトの量は、お好みで調整してください。
===================================
▼クリームチーズのオイルおにぎり
洋風テイストのおにぎりを、生ハムで包んでみました~♪
---------
▽材料
ご飯:1合分
クリームチーズ:大さじ1~2
醤油:適量
オリーブオイル:小さじ1/2
生ハム:適量
---------
1.熱々ご飯にクリームチーズをのせると、だんだんチーズが溶けてきます。
2.1.に、醤油とオリーブオイルを加えて混ぜます。
3.ラップに2.をのせて、おにぎりにします。
4.生ハムを巻きつければ出来上がり!
★クリームチーズを溶かすため、できれば炊き立てのご飯がオススメです。
★生ハムの塩分があるので、醤油は香り付け程度に~♪
☆生ハムがなければ、海苔で!
☆お好みで粗挽きこしょうを振りかければ、刺激的な大人テイストに。
===================================
▼鮭のえごま油おにぎり
えごま油の独特の油の匂いをなくすため…レモンでさっぱり♪
---------
▽材料
ご飯:1合分
鮭フレーク:小さじ2
白ごま:適量
えごま油:小さじ1/2
レモン汁:小さじ1/2
---------
1.ご飯に材料を混ぜ合わせます。
2.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★冷やご飯でもOK!
★お好みでレモン汁の量を増やしてください。
===================================
▼もずく酢タラコのオイルおにぎり
えごま油は、魚介類との相性がバツグン~♪
---------
▽材料
ご飯:1合分
えごま油:小さじ1
塩:少々
もずく酢:適量
生たらこ:適量
---------
1.温かいご飯に、えごま油とお塩を加えて、切るように混ぜ合わせます。
2.もずく酢の水気を切って1.に加えます。
3.たらこは薄皮を取り除いてから、2.に混ぜ合わせます。
4.ラップに3.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★もずく酢は、水気をしっかり切って加えます。
☆大葉に巻いてサッパリと~♪
☆そのままで、焼きおにぎりにしても旨し!
===================================
▼ゆず亜麻仁油おにぎり
手軽に美味しく亜麻仁油!シンプルな柚子風味が和テイストで美味♪
---------
▽材料
ご飯:1合分
柚子の表皮:適量
亜麻仁油:小さじ1
ごま塩:適量
---------
1.温かいご飯に、材料を混ぜ合わせます。
2.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★柚子皮は、香りは落ちますが、フリーズドライを使えばお手軽簡単!
☆柚子皮がない場合には、すだち・かぼすを代用しても、サッパリ和テイストで美味。
☆三つ葉などの青物を加えれば、彩りも美しい~♪
===================================
▼スモークサーモン&たくあんの亜麻仁油おにぎり
スモークサーモンとたくあんの塩気と旨味で美味しく仕上がります!
---------
▽材料
ご飯:1合分
亜麻仁油:小さじ1/2
スモークサーモン:適量
たくあん:適量
大葉:適量
白ごま:適量
---------
1.スモークサーモンは、1cm角程度にカットします。
2.たくあんは、5mm程度に細切りします。
3.大葉は、千切りにします。
4.温かいご飯に、亜麻仁油と白ごまと2.を加えて混ぜ合わせます。
5.4.に、1.と3.を加えて優しく混ぜ合わせます。
6.ラップに5.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★スモークサーモンとたくあんの量で、塩味を調整してください。
☆亜麻仁油の代わりに、オリーブオイルを使用すれば洋風に~♪
☆亜麻仁油の代わりに、ごま油を使用すれば中華風に~♪
===================================
▼コーン&松の実のココナッツオイルおにぎり

コーンの甘みとココナッツオイルが合う!松の実を加えて、食感も良く~♪
---------
▽材料
ご飯:1合分
スイートコーン:適量
松の実:適量
ココナッツオイル:小さじ1/2
塩:適量
---------
1.温かいご飯に、ココナッツオイルとお塩を入れてよく混ぜ合わせます。
2.1.に、松の実とコーンを加え、混ぜます。
3.ラップに2.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★ココナッツオイルは凝固している場合が多いので、ご飯が温かいうちに混ぜ合わせましょう。
☆松の実の代わりに、刻んだアーモンドなどのナッツ類もオススメです!
===================================
▼醤油ココナッツオイルおにぎり
ココナッツのほんのり甘い香りと、醤油の香りが意外にもマッチ♪醤油だけで…ごめんなさい!
---------
▽材料
ご飯:1合分
ココナッツオイル:小さじ1/2
醤油:小さじ1
黒ごま:適量
---------
1.温かいご飯に、材料を混ぜ合わせます。
2.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★醤油の分量は、お好みで加減してください。
☆白米でなく、玄米や雑穀米などを使って、さらにヘルシー&美味し~♪
===================================
▼お茶漬ごま油おにぎり
簡単味付け~懐かしいクセになる味♪手抜き過ぎ…ごめんなさい!
---------
▽材料
ご飯:1合分
お茶漬けのり:適量
ごま油:小さじ1/2
---------
1.温かいご飯に、材料を混ぜ合わせます。
2.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
☆お茶漬けのりの“味”を変えれば、いろいろな味が楽しめます~♪
===================================
▼エビ天風ごま油おにぎり
なんちゃってエビ天♪ウマウマ干しエビと便利な天かすを使って、エビ天風!!
---------
▽材料
ご飯:1合分
天かす:大さじ山盛り1
干し桜エビ:大さじ1/2
ごま油:小さじ1/2
---------
1.温かいご飯に、材料を混ぜ合わせます。
2.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★味が物足りない場合には、お塩や醤油を加えてください。
☆お塩や醤油の代わりに、味付けのりを巻いてもOK!
☆味付けに天つゆを加えても美味しいです♪
===================================
▼おかか&わさびのごま油おにぎり
おかか×わさび×のり…わさび丼の組み合わせにごま油を加え、香りとコクをプラス!
---------
▽材料
ご飯:1合分
ごま油:小さじ1/2
おかか:大さじ山盛り1
わさび:適量
白ごま:大さじ1/2
醤油:小さじ1
塩:適量
---------
1.おかか・わさび・醤油を、一緒によく混ぜ合わせます。
2.温かいご飯に、1.とごま油・白ごま・お塩を加え、よく混ぜ合わせます。
3.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★わさびはお好みですが、多め(チューブわさびなら、2cm程度)がオススメです!
☆本わさびが手に入るなら、ゴリゴリとおろしてたっぷり贅沢に加えてくださいませ~♪
===================================
▼塩麹&七味のごま油おにぎり
塩麹がお米の甘みを引き出して、ピリッとする七味にも丸みを感じる♪シンプル旨レシピです。
---------
▽材料
ご飯:1合分
塩麹:小さじ1
ごま油:小さじ1/2
七味:少々
---------
1.塩麹とごま油と七味をよく混ぜます。
2.温かいご飯に1.を入れて混ぜ合わせます。
3.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★ご飯に混ぜる七味は、お好みで調整してください。
===================================
▼カリカリ梅のごまラー油おにぎり
カリカリ梅の食感+大葉風味♪後味ピリッと辛いごまラー油の味でコクをプラス!
---------
▽材料
ご飯:1合分
カリカリ梅:大玉1個
大葉:適量
黒ごま:適量
ごまラー油:小さじ1/4
塩:少々
---------
1.カリカリ梅の種を取り除き、みじん切りにします。
2.温かいご飯に、お塩を振って切るように混ぜ合わせます。
3.2.に、1.とちぎった大葉・黒ごま・ごまラー油を加えて混ぜ合わせます。
4.ラップに1.をのせて、おにぎりにすれば出来上がり!
★カリカリ梅の塩分に合わせて、お塩は調整してください。
☆ピリッと辛いのが苦手な方は、ごまラー油ではなくごま油でお試しください♪
===================================
皆さんそれぞれのお好みに合わせ、ご家庭独自のオリジナルレシピで、どんどん“オイルおにぎり”の世界を広げてください!“オイルおにぎり”は、そのまま“焼き”を入れても風味が香ばしくなってオススメです♪

 
ダイエット、美容、健康にメリットがある良質のオイルとはいえ、摂り過ぎはカロリーオーバーになるのでご注意ください!おいしくて、手軽だから、ついついパクパク~♪なんてことになってしまうので、オイルおにぎりは、なるべく小さくにぎるようにすると、食べ過ぎ予防に役立ちます。いつものご飯で、毎回おかわりをする方は別です(笑)が、通常の食事の際におかわりしない方は、1食につき2個を目安に食べるようにしましょう!
それから“オイルおにぎり”だけ…ではなく、サラダやおひたし等の野菜、焼いたり蒸したりした魚や肉、卵等のたんぱく質をバランスよく摂るようにしましょう。

  
「体にいい油」は、毎日摂取することが理想とされています。無理なく摂取できる方法としてオススメなのが、手間もかからずにおいしい“オイルおにぎり”♪家族の健康や美容のために取り入れてみてください。
そして、新米で口が肥えてしまって、古米に戻れないグルメな(!?)貴方のために…古米をおいしく召し上がる方法としても、“オイルおにぎり”はオススメです!
いつものおにぎりにリッチなコクが加わって新しい美味しさに生まれ変わる“オイルおにぎり”を、この季節&この機会に、是非ともお試しくださいませ~♪



ボクは、おにぎりが好きなんだな… ボクは、おにぎりが欲しいんだな… 
今秋のオイラのおにぎりは“オイルおにぎり”~♪美味しいよ!試してみる?
“オイルおにぎり”旨いんだな… 食べ過ぎに注意しないと…だな(笑)。