トップページ > 2016年7月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

今年も夏がやってきました!夏といえば、ビール♪夏の喉の渇きには、キーンと冷えたビールですね~。「とりあえず、ビール。あと枝豆」というのが夏の定番!おつまみの定番“豆野郎”~枝豆は、6月~8月が旬の夏野菜です。良質なたんぱく質やカルシウムが豊富で、栄養価が高くて低カロリーのため、ダイエット食品としても注目を集めています。

枝豆は、“枝豆”っていう種類の豆があると思っている方いらっしゃいませんか?枝豆は“大豆”が成熟する前に収穫されたもの…つまり、未成熟の大豆が枝豆なのです。枝豆を収穫せずにおいておくと大豆になりますが、普通に大豆として成熟させて収穫するのに適した品種と、枝豆として未成熟時に収穫するのに適した品種が別個で存在し、枝豆向きの品種を成熟させて大豆を収穫する例はありません。また、枝付きのまま使われることが多かったことから“枝豆”と呼ばれるようになったようです。
それでは、枝豆は“豆”なのか?それとも“野菜”なのか?枝付きのまま使われますが、枝や葉っぱを食べるわけではなく、豆を食べるから“豆”なのでは…?ところが、枝豆は食品分類としては、豆ではなく“緑黄色野菜”に分類されています。枝豆は、“豆”と“野菜”の両方の栄養的特徴を持った緑黄色野菜で、「畑のお肉」といわれる大豆同様、エネルギー・脂質・良質なたんぱく質に富み、ビタミン類・食物繊維・カルシウム・鉄分などを多く含んでおり、大豆には少ないβ-カロチン・ビタミンCを含むのが特徴!大豆には含まれていない緑黄色野菜としての成分も含むハイブリッド的な存在…まさに、大豆と野菜の良いとこどりの食品なのです。

-----------------------------------------
▽疲労回復・夏バテに…
枝豆は、疲労回復作用が高いとされるオルニチンを、シジミよりも多く含んでいます。オルニチンは、新陳代謝の活性を促進し、疲労の蓄積を防いで軽減してくれる作用があります。また、大豆にはないビタミンA1・C・B1・B2などのビタミン類と、鉄やカリウムなどのミネラル類も豊富に含んでおり、これらが体内で糖質・脂質・タンパク質などを分解してエネルギーに変えてくれる効果があるので、疲労回復に効果があるとされています。夏場に大量の汗をかくことでカリウムが失われて起こる「低カリウム血症」は夏バテを起こす原因ともいわれており、枝豆は栄養価が高いため夏バテしてしまった際の栄養補給源にもなることから、枝豆は夏バテの予防・回復食として効果的な食材なのです。

-----------------------------------------
▽お酒のお供に!
枝豆のタンパク質に含まれるメチオニンには、ビタミンB1・ビタミンCと共にアルコールの分解を促進し、肝機能の働きをサポートしてくれる作用があります。また、オルニチンにも肝機能の回復作用があるので、ビールなどアルコールと枝豆の組み合わせは、栄養面からみてもピッタリでおススメなのです!枝豆は「お酒のお供」としてよく登場しますが、栄養成分的にもこの組み合わせは理にかなっているわけで、枝豆をおつまみとして食べると悪酔い・二日酔い予防にも役立ちます。

-----------------------------------------
▽むくみ予防・高血圧の改善にも効果あり!?
枝豆に含まれるカリウムには、高血圧の原因にもなるナトリウム(塩分)の排出を助け、利尿作用を促進する働きがありますので、体内の水分バランスを整え、平常時のむくみ予防・解消成分やお酒を飲んだ翌日のむくみ対策としても役立ってくれます。ただし、枝豆にお塩をかけ過ぎては、いかにカリウムが含まれていてもとり過ぎれば塩分濃度が高くなって高血圧のリスクが高まりますのでご注意ください。

-----------------------------------------
▽タバコを吸う人に効果的!?
お酒と一緒にタバコを吸う人もいますが、ここでも枝豆の効果が!タバコを吸うと大量のビタミンCが破壊されますが、枝豆を食べれば効果よくビタミンCを補給できるからです。

-----------------------------------------
▽女性の健康に欠かせないうれしい効果も…
枝豆には、大豆と同様にイソフラボンが豊富に含まれているので、女性特有の疾患や更年期障害、閉経後の骨粗しょう症などの予防や改善効果が期待できます。また、鉄を含むので、貧血の予防にも効果があり、日頃の疲れやすさの改善にも鉄不足の解消は必要なケースが多いので、女性には欠かせないうれしい効果が盛りだくさんです!枝豆に含まれている食物繊維やマグネシウムは、スムーズな排便をサポートし、コリン・レシチン・サポニンなど、ダイエット効果が期待できる栄養素も含まれています。また、枝豆には適度な噛みごたえがあることから表情筋が鍛えられ、小顔効果が期待できる(!?)かも。コラーゲンの原料となるタンパク質とビタミンCに加えて、β-カロチン・ビタミンE・サオニンなどの抗酸化作用を持つ成分や、美肌・若返りに効果的な成長ホルモンの分泌促進の役割を果たすオルニチンなどを含んでいるため、肌のハリや潤いを守ってくれるので、肌のアンチエイジングに役立つと考えられています。夏場の紫外線対策・シミ予防としても効果があり、枝豆は様々な肌の悩みの改善をサポートしてくれる美肌野菜とも言えるでしょう。
-----------------------------------------

夏が旬の枝豆!ただ単に茹でて食べるのもウマウマですが、おつまみとしてだけでなく、イロイロな料理にアレンジできるんです。おつまみ定番の“豆野郎”をアレンジ♪簡単!旬の枝豆レシピをご紹介いたします。
(旬♪真っ只中なので、是非とも新鮮な枝豆を使っていただきたいのですが、手軽さを追求する(笑)なら冷凍枝豆でも全く問題ございません!)

▼ペペ風枝豆

冷凍枝豆は霜が付くと色が悪くなるので、炒めてペペロンチーノ風にアレンジ!
オリーブオイルとにんにくの香りで食欲倍増~♪

  • 1.生の枝豆は塩茹でに、冷凍枝豆ならチンして準備します。
  • 2.にんにくをみじん切りにし、赤唐辛子を輪切りにします。
  • 3.フライパンにオリーブオイルを入れ、2.を焦がさないように炒めます。
  • 4.3.に枝豆を入れてさっと炒め、仕上げに黒胡椒を振って出来上がり♪
  • ★サヤを食べるわけではないので、そんなに辛くありません。
  • ★ピリッとして、ビールが進みます♪白ワインとも相性良し!
  • ☆黒胡椒を醤油に代えても、ビールの本数が加速するおつまみに~♪
  • ☆オリーブオイルをゴマ油に代えてクミンシードを加えれば、もっとスパイシーな“危険なおつまみ”に変身!?

▼枝豆ナムル

枝豆をサヤから出してナムルに♪
いつもの枝豆が、超~簡単に韓国風に変身!

  • 1.生の枝豆は塩茹でにします。
  • 2.1.の粗熱が取れたらサヤから出し、ボウルに入れます。
  • 3.2.に塩とゴマ油を入れ、混ぜ合わせたら出来上がり♪
  • ★簡単過ぎて、コメントなし…(笑)。

▼浸し枝豆

長野の郷土料理“浸し豆”を枝豆で~♪
あっさりヘルシーな枝豆も是非、楽んでください!

  • 1.枝豆をかために茹で、サヤから出して豆の薄皮を取り除きます。
  • 2.お鍋にめんつゆとみりんと水を入れ、沸騰させます。
  • 3.ボウルに2.を入れ1.を浸します。
  • 4.2時間~半日ほど冷蔵庫の中で寝かせれば出来上がり♪
  • ★甘めが好きな方は、みりんの量を多めに!
  • ★浸す時間が長いほど、味が染み込んで美味しくなります。
  • ☆お好みでカツオ節をトッピング~♪

▼枝豆のみそ汁

昨夜の晩酌で余った枝豆を、朝の食卓に~♪
枝豆を軽く叩いてつぶすことで、お豆が食べやすい状態に!

  • 1.茹でた枝豆をサヤから出して、ポリ袋に入れてめん棒などで軽く叩きます。
  • 2.お鍋にだし汁を入れて中火にかけ、煮立ったら1.を加えます。
  • 3.再び煮立ったら、お味噌を溶き入れて出来上がり♪
  • ★枝豆を軽く叩いてつぶすことで、枝豆の風味がプラスされ味噌汁との一体感増!

▼枝豆のクリームチーズ和え

クリームチーズで洋風と思いきや、おかか醤油で和風おつまみ風に!
茹でて、和えるだけの超カンタンレシピ♪

  • 1.塩茹でした枝豆をサヤから出します。
  • 2.クリームチーズが固形の場合は、1cm角にカットします。
  • 3.1.と2.をボウルに入れ、削りがつおと醤油を少々加えて和えれば出来上がり♪
  • ★簡単過ぎてコツなし!
  • ☆削りがつおをバジルに代えて、オシャレ風~♪
  • ☆削りがつおと醤油をマヨネーズとレモン汁に代えれば、お子さま人気メニューに!
  • ☆削りがつおと醤油をマヨネーズと粒マスタードに代えて黒胡椒をトッピング…でチョイ大人風♪

▼枝豆とコーンときゅうりのサラダ

緑色と黄色のコントラストがキレイな、夏野菜のトリオサラダ♪
おつまみにもOK!食卓のもう一品にもオススメ!

  • 1.生の枝豆は塩茹でにします。
  • 2.きゅうりの種を除き、1cm角にカットします。
  • 3.ボウルにマヨネーズとかつおぶし粉を入れて、混ぜ合わせます。
  • 4.3.に1.と2.とコーンを入れて、和えれば出来上がり♪
  • ★つぶつぶが食べにくいですが、そこはあえて一粒ずつ食べることで…ダイエットになる!?
  • ☆ハムや魚肉ソーセージをプラスして、ボリュームアップ!
  • ☆きゅうりをスライスオニオンに代えて、マヨネーズをフレンチドレッシングに…スッキリ爽やか系サラダに♪

▼ツナマヨ枝豆

大人も子どもも大好きな、超~簡単スピードレシピ!
ビールを飲みながら作れる一品~♪

  • 1.塩茹でした枝豆をサヤから出します。
  • 2.ボウルに1.とツナとマヨネーズを入れて、混ぜ合わせます。
  • 3.塩・こしょうで味を調えて、出来上がり♪
  • ★ツナの缶汁は、しっかりと切っておきましょう。
  • ☆玉ねぎのみじん切りを加えても美味しい~食感が変わります♪
  • ☆お好みでレモン汁をプラスするとツナの重みが消え、爽やかな風味に!

▼ちくわと枝豆のピリ辛マヨ和え

ラー油のピリ辛感と風味が良くて、簡単なのに美味しい~!
いつものちくわと、いつもの枝豆のコラボ♪

  • 1.塩茹でした枝豆をサヤから出します。
  • 2.ちくわを食べやすい大きさにカットします。
  • 3.ボウルにマヨネーズとラー油を入れて混ぜ合わせ、1.と2.を加えて和えます。
  • 4.3.を器に盛って、お好みで一味唐辛子を振って出来上がり♪
  • ★辛さにもイロイロあるけれど、ラー油独特の風味が夏にピッタリ♪食欲をそそる~
  • ☆ピリ辛が苦手な方は、ラー油をゴマ油に代えてもOK!

▼枝豆ちくわピザ風味

ケチャップとチーズが合わないわけがない~♪
簡単手軽な枝豆おかずは、おつまみにもお弁当にもオススメ!

  • 1.塩茹でした枝豆をサヤから出します。
  • 2.ちくわをタテ半分にカットし、お好みの長さにカットします。
  • 3.2.のくぼみにケチャップをしぼり、1.を1列にのせます。
  • 4.スライスチーズをちくわの大きさに合わせてカットし、3.の上にのせます。
  • 5.アルミホイルをひいたトースターに4.を並べ、チーズに焼き色がつくまで焼けば出来上がり♪
  • ★アルミホイルは、くっつかないホイルがオススメです。
  • ☆チーズの上にガーリックパウダーやバジルを振ってから焼くと、更にピザ風味がアップ!
  • ☆熱々のうちに食べるならとろけるチーズ♪お弁当に入れるなら普通のスライスチーズで♪

▼枝豆チーズ春巻き

餃子の皮でミニ春巻き~♪
油でカリッと揚げてサクサクっトロッとチーズ…ビールにあう!

  • 1.塩茹でした枝豆をサヤから出します。
  • 2.餃子の皮の中心に1.とチーズをのせ、両端を折って上からクルクルと巻き、水溶き片栗粉で最後を止めます。
  • 3.180℃に熱した油で、カリッと揚げれば出来上がり♪
  • ★枝豆を塩茹でする際に、少々塩多めの方がおいしいかも♪
  • ★チーズが爆発しないように、揚げすぎに注意!
  • ★冷めても美味しいから、お弁当にもぴったり!
  • ☆具に、ハムやベーコンを巻いても美味しいです。

▼枝豆もち

おやつに!小腹が空いた時に!!おつまみに!!!
豆腐を使うからヘルシーで、おいしーの♪

  • 1.塩茹でした枝豆をサヤから出します。
  • 2.ポリ袋に1.を入れ、水切りした豆腐とみじん切りにした生姜と、片栗粉を加え、よくもみ混ぜます。
  • 3.フライパンを熱し、薄くゴマ油をひきます。
  • 4.2.をスプーンですくって3.に並べ、中火で焦げ目がつくまで焼きます。
  • 5.裏返して弱めの中火で3~4分程焼けば出来上がり♪
  • ★木綿豆腐は、しっかりと水切りしてください。
  • ★生姜の量はお好みで~♪

▼和風枝豆チーズトースト

食べ残しの枝豆が、簡単に美味しい別メニューに♪
ちょっと和風のお手軽トースト!

  • 1.塩茹でした枝豆をサヤから出します。
  • 2.マヨネーズと醤油とカツオ節と七味を混ぜ合わせ、食パンに塗ります。
  • 3.2.の上に1.を散らしのせ、その上にとろけるチーズをのせてトーストします。
  • 4.こんがり焼けたら、刻み海苔をふりかけて出来上がり♪
  • ★七味はお好みで~♪
  • ★カツオ節は、たっぷりめに入れた方が美味しいです!
  • ☆塩気が欲しい場合は、トッピングの刻み海苔を塩昆布に代えてもOK♪

枝豆は、まさに今が旬!夏バテ予防もかねて、最も美味しい夏場に是非とも取り入れたい食品です。
旬の食材は、栄養価が高い!値段も下がりやすい!!いつ食べるの…今でしょ♪


枝豆に含まれるうれしい栄養素ですが、体に良いからといっても食べ過ぎは禁物です!
枝豆には、尿酸値を高め、痛風の原因となるプリン体が多く含まれていると言われています。プリン体はビールにもある程度の量が含まれているので、相性抜群だからといって、食べ過ぎ・飲み過ぎには注意が必要です。
枝豆には、食物繊維も豊富に含まれています。適量の摂取であれば、便秘改善等うれしい効果もありますが、食べ過ぎると消化不良をおこしてお腹がゆるくなる原因にもなるのでご注意ください。

また栄養豊富な枝豆ですが、摂取するにあたり注意してほしい人がいます!卵・牛乳・大豆が食物アレルギーの3大原因物質と言われていますが、小麦・米を含めて五大食物アレルゲンとも呼ばれています。枝豆は“大豆”が成熟する前に収穫されたもの…“未成熟大豆”ですので、大豆アレルギーの人は注意が必要です。大豆アレルギーは、卵アレルギーや牛乳アレルギーと同じく、乳幼児期から発症し学童期には解決する場合が多く、アナフィラキシーショック(急激な全身のアレルギー反応)や喘息を伴うことは少ないとは言われていますが、個人差もあるので、くれぐれもご注意ください。

ここで枝豆に関するプチ情報をひとつ…“枝豆”の海外事情をご紹介したいと思います。

▽“枝豆”の美味しさがついに世界にバレた!?

===================================





「とりあえず、ビール。あと枝豆」というのは、日本人の定番のように思われますが、数年前から事情が変化しているようです。なんと“枝豆”は、アメリカのgoogle和食検索キーワードランキングで1位の「すし」に次いで2位!!
世界各国で展開されている日本レストランや居酒屋さんの定番メニューとして、お酒のお供にお通しとして出されていた枝豆が、じわじわと人気が広まったのでは…と推測されています。最初は「何だこりゃ、この食べ物」という感じだったようですが、「ヘルシー」であることが好まれ、ベジタリアン文化も急速に浸透。「ビールのおつまみに合うし、太らないなんて最高!」「テレビを見ながら食べるのにちょうどいい!」なんて、元祖日本のお茶の間の光景がアメリカにも広まっているとか…。野球中継を見ながら“ビールに枝豆”は日本の夏の風物詩だったのに!!国は違えど、楽しみ方は一緒なのですね~(笑)。
健康志向の人々に、お手軽でヘルシー♪しかも美味しい!ということで認知度が定着しており、枝豆はアメフトや野球の試合場の売店や、大手スーパーマーケットのお惣菜コーナーでも販売されていて、今や知らない人はいない(?)注目フードの地位を確立しつつあるようです。海外でも「edamame」と呼ばれたり、「Green Soy Beans」という名で売られているそうです。今やアメリカでは「すし」「てんぷら」よりも、「枝豆」が人気沸騰中!そのうち“和食=枝豆“となる日も近い!?ちなみに、すしバーでも人気の「edamame」は、「エダマミー」と読む人もいるそうです。なんだか可愛い~エダマミー♪
-----------------------------------------

欧米で消費量が激増の「edamame」が大ブレイク!アメリカで大ブームのエダマミー♪
栄養豊富で体にとっても良い枝豆を、うまく取り入れて存分に効能をゲットしちゃいましょう。

今年の夏は…キーンと冷えたビール♪そして、おつまみは定番の“豆野郎”で夏バテ知らず~!!

「とりあえず、ビール。あとedamame(エダマミー)」