トップページ > 2016年5月号 > マンスリー・トピックス

ラビットプレス+4月号

石田三成の旗印『大一・大万・大吉』
石田三成の旗印

『大一・大万・大吉』(読み:だいいち・だいまん・だいきち)
意味:大は天下の意なり、一人は万民のために、万民は一人のために。それがすなわち天下万民全てに幸福がもたらされるのである。

石田三成の旗印として引用された「大一・大万・大吉」は、平安後期の武将・石田為久が使用していたとされる。為久は、『三浦系図』(『続群書類従』第六輯上系譜部所収)によれば、三浦義明の弟・芦名三郎為清の子である三郎二郎為景の子に「号三浦石田次郎」為久が記されている(為久には「木曽義仲討取者」との傍注もあり、「石田次郎」とは、相模国愛甲郡石田郷(現:伊勢原市石田)を名字の地とした、三浦一族の石田次郎為久のことである)。三成は、この石田為久の末裔であるという説もあるが、出自は定かではない。

佐和山城跡の三成像
佐和山城跡の三成像

石田三成という武将の像は、秀吉の信任厚く、秀吉政権下で五奉行の筆頭として辣腕を振るい、秀吉の死後、関ケ原の合戦に破れ、処刑された。「奸臣(かんしん・権力を振るう横柄者)、佞臣(ねいしん・口先だけで主君にへつらう者)」「陰謀家」「冷血漢」etcというイメージで語られることが多かった。一方、三成の所領、佐和山(現:滋賀県彦根市)一帯には、三成の善政に対する領民の好感が強く、城主としての政治手腕には定評があることも事実である。徳川時代到来後、長きに亘って反徳川の象徴として誹謗されてきた石田三成であるが、家康の孫である徳川光圀(水戸の黄門様で知られる)は、その家臣がまとめた『桃源遺事(徳川光圀に関する逸話などを集大成したもので、三木之次の孫・三木之幹の他、宮田清貞、牧野和高らによって元禄14年(1701年)に編纂)』の中で、「その主のためにとして義をもって、心を立てておこなったことは、たとえ敵であっても憎むべきではない」と、三成を高く評価していたと考えられる記述も見られるほど、真実は称賛に値する能力の持ち主であったことが伺えるのである。

本編では、その才能を如何なく発揮したステージである「豊臣時代」における三成の生き様を検証し、豊臣と共に歴史舞台から消失した三成の「義」に対するプライドの本質を知り、現代人が持つプライドとの異質を語ろうと思う。

【秀吉との出会い…三成、入社する】
三成と秀吉の出会いのエピソードは、「三献の茶注1」の逸話が有名であるが、これは江戸期の俗書の類である「砕玉話(武将感状記)」に掲載されており、その信憑性は低いと言われる。また、三成の実子が記した、寿聖院「霊牌日鑑」では、三成が秀吉に仕えたのは、18才の時に播磨の国、姫路であるとの記載も在り、いずれの真偽も定かではないとされる。しかしながら、三成の人柄や忠義、気配りなど、高い評価を得ていたからこその作り話であると見ることは出来る。
注1.「三献の茶」
石田三成ハ、アル寺(米原市大原・観音寺と長浜市古橋・法華寺が有力で、観音寺には「三成茶汲みの井戸」が残る)ノ童子ナリ。一日、放鷹ニ出デ丶喉乾ク。其ノ寺ニ至リテ、誰カアル、茶ヲ点ジテ来レ、ト所望アリ。石田、大ナル茶碗ニ七、八分ニヌルクタテ丶持マイル。秀吉、之ヲ飲ミ、舌ヲ鳴ラシ、気味ヨシ、今一服トアレバ、又タテ丶之ヲ捧グ。前ヨリハ少シ熱クシテ、茶碗半ニタラズ。秀吉之ヲ飲ミ、又試ニ今一服トアル時、石田、此ノ度ハ小茶碗ニ少シ許ナルホド熱クタテ丶出ル。秀吉、之ヲ飲ミ、其ノ気ノハタラシヲ感ジ、住持ニコヒ、近侍ニ之ヲ使フニ才アリ。次第ニ取立テ、奉行職ヲ授ケラレヌト云ヘリ。(砕玉話)

また、古橋・法華寺には、秀吉亡き後、関が原の合戦に敗れた三成が古橋山中に匿われ、村人の保護を受けていたが、徳川方の追及厳しく、村人に難儀が及ぶのをはばかり、自ら捕縛されたと伝わっている。当地では、三成の善政を慕い、代々三成の遺徳が語り継がれている。

三献の茶像の三成(JR長浜駅)
三献の茶像の三成(JR長浜駅)

いずれにしても、三成の少年時代に秀吉と縁を持ち、その後家臣に登用されたのは史実である。

【立身出世・賤ヶ岳の戦い…三成、昇進する】
天正11年(1583年)、近江国伊香郡(現:滋賀県長浜市)の賤ヶ岳付近で繰り広げられた羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と織田家重臣・柴田勝家との戦いである。この戦いでは、織田家勢力を二分する激しいものとなり、羽柴秀吉はこの戦いに勝利する。そして信長体制の正統な継承者となることを決定づけたと言われるほど重要な戦であった。
天正10年(1582年)の本能寺の変後、清洲会議で織田家跡目争いに敗れた柴田勝家であったが、長浜の支配権を獲得し、勝家の甥の柴田勝豊が長浜城の守将として入城した。12月2日、秀吉は毛利氏対策として山陰地方に宮部継潤を、山陽方面には蜂須賀正勝を置いた上で、10月の勝家との和睦を反故にして、大軍を率いて近江に出兵、長浜城を攻撃した。
北陸は既に雪深く、勝家は援軍が出せず、柴田勝豊は、わずか数日で秀吉に降伏。秀吉軍はそのまま美濃に進駐し、稲葉一鉄などから人質を収めるとともに、12月20日には岐阜城の織田信孝(信長の三男)を降伏させた。翌天正11年(1583年)正月、伊勢の滝川一益が勝家への加勢を明確にして挙兵し、関盛信・一政父子が不在の亀山城、峯城、関城、国府城、鹿伏兎城を次々と諜略。亀山城に滝川益氏、峯城に滝川益重、関城には滝川忠征を置いたあと、一益自身は長島城で秀吉を迎え撃つ。秀吉は、一時京に自軍の兵を退いていたが、翌2月に大軍を率い、滝川勢力への攻撃を再開した。

余呉湖を見下ろす記念碑(イメージ)
余呉湖を見下ろす記念碑(イメージ)

未だ豪雪の為に越前北ノ庄から動けずにいた勝家であったが、しびれを切らせ、2月末に近江へ向けて出陣。柴田勝家、前田利家、佐久間盛政ら3万の軍勢を率いて布陣する。
一方、秀吉は、滝川一益の長島城包囲を織田信雄(のぶかつ)と蒲生氏郷の軍勢を残し、3月19日には6万とも言われる兵を率いて木ノ本に布陣。世に言う「賤ヶ岳の戦い」が幕を開けるのである。

七本槍(イメージ:冨田酒造ラベル)
七本槍(イメージ:冨田酒造ラベル)

戦況は一進一退から前田利家の戦線離脱で秀吉軍が攻勢に転じ、勝家の敗走によって幕を下ろすのであるが(賤ヶ岳の戦いの詳しくはラビットプレス+2015年9月号「戦国一の武勇・柴田勝家」を参照されたい)、秀吉方で功名をあげた兵のうち、賤ヶ岳七本槍衆や先懸之衆など、その後の豊臣政権を担う重臣を生み出している。その先懸之衆と呼ばれた、羽柴家家臣の14人の若手武将の名前の中に石田三成も含まれており、彼等が最前線で武功を挙げたと「一柳家記」に記録されている。三成23才の初夏であった。

【豊臣政権下での異彩…三成、執行役員となる】
天正13年(1585年)、秀吉が関白に任官されると、三成も従五位下治部少輔(じゅうごいのげ・じぶのしょうゆう)に叙任された。翌14年には全国諸大名に対する上洛謁見の触れにより、越後の上杉景勝上洛の斡旋を仕切り、堺奉行に任命される。
天正15年の九州平定後は博多奉行注2として赴任し、翌年には薩摩島津氏(義久)の秀吉への降伏謁見を取り次いだ。天正17年(1589年)からの太閤検地では、美濃の国検地を担当し、翌年、小田原征伐(北条氏直)に参戦し、後北条氏領土の攻略戦において支城の館林城、忍城攻撃を行う。特に忍城攻めでは、元荒川の流水を忍城周囲に引き込み(水攻め)、その時の遺構が「石田堤」として現存している。関東各地の後北条氏の支城の殆どは、本城である小田原城よりも先に陥落したが、忍城だけは小田原開城後の7月初旬まで戦闘が続いた(和田竜の小説「のぼうの城」で有名)。

三成の行った太閤検地(検地帳:国立茨城大学図書館蔵)
三成の行った太閤検地(検地帳:国立茨城大学図書館蔵)

更に、三成は取次として、常陸国の佐竹義宣が秀吉に謁見するのを斡旋し、奥州仕置後、奥州検地奉行を務めるなど、確実に実績を重ね、吏僚(事務方を司る官吏、役人)としての功績を積み上げていった。

注2
秀吉の軍師、黒田孝高、博多の豪商、神屋宗湛(かみやそうたん)らと共に博多の町割り(太閤町割り)、戦災復興に従事している。

秀吉の朝鮮出兵が三成の人生の岐路となる。

日本と朝鮮半島との間は歴史的に関わりが深く、戦争や侵略の経験も相互に持っていたことは、秀吉が生きていた当時も大部分は認識されていた。
西暦663年に、唐・新羅連合と大和朝廷・百済連合が起こした「白村江の戦い(大和・百済側が敗北)」以後、大和朝廷は朝鮮半島への直接介入を行っておらず、日本側から大規模な出兵は約千年近くされることは無かった。

文禄の役、平壌・碧蹄館・幸州の戦い(提供:戦国未満)
文禄の役、平壌・碧蹄館・幸州の戦い(提供:戦国未満)

天正19年(1591年)8月、秀吉は「唐入り」を宣言し、総勢15万8800人に上る兵を組織(一番隊~九番隊まで)し、準備に入る。
文禄元年(天正20年・1592年)4月12日、小西行長率いる一番隊1万8700が釜山浦に上陸する。戦国の世に鍛えられ、多数の火縄銃(鉄砲隊)を装備した日本軍は、その日の内に釜山城を攻略すると北上を開始した。これに対して朝鮮側は、急遽8000の兵を編成し、漢城の南方約100Km(忠州)で日本軍を迎撃しようとするが、4月27日、日本軍の鉄砲隊による一斉射撃を浴びて壊滅する。
朝鮮軍大敗の報後、朝鮮国王は首都漢城を放棄して平壌に移り、5月1日、一番隊は漢城を無血占領。
4月17日に上陸した加藤清正の二番隊は、5月3日に、そして8日までに八番隊までが漢城に入城。
日本軍は、朝鮮八道(朝鮮王朝の行政区分)を分担して統治することを決定(加藤清正はいざという時の参集に支障が出るとこれに反対している)。
6月16日、平安道担当の小西一番隊が平壌を占領し(朝鮮国王は鴨緑江へと逃れた)、二番隊は咸鏡道に進軍。その時、同地に避難していた朝鮮国王の王子二人とその付き人を捕虜にした。

朝鮮戦役海戦図屏風・太田天洋
朝鮮戦役海戦図屏風・太田天洋

一方、海上での戦況は日本軍の苦戦が強いられていた。
朝鮮の名将・李舜臣(イシュンシン)率いる朝鮮水軍は、5月2日に玉浦沖で、同月29日には泗川浦で日本水軍を撃破。7月7日に閑山島海上で91隻の朝鮮水軍と脇坂安治艦隊73隻が戦闘するも、脇坂艦隊が惨敗を喫し、九鬼嘉隆、加藤嘉明艦隊も大打撃を受けてしまう。
このとき秀吉は、日本水軍に対し、朝鮮水軍との戦闘を避けるように指示を出している(出撃作戦から水陸共同防衛作戦への変更:国史大辞典・吉川弘文館)。
制海権を奪われた日本軍は、漢城・平壌へ海路兵糧を輸送する事が不可能となり、また、陸上でも各地で決起した義兵がゲリラ戦を展開し始めたため、日本軍の物資の輸送路は寸断され窮地に陥っていた。
そこで、朝鮮半島南部支配を確保するため、10月4日、細川忠興の率いる約2万の軍勢が晋州城を包囲したが、籠城する朝鮮軍の激しい抵抗に加え、全羅道から2000人の義兵が後方から日本軍を牽制したため、攻略に失敗。
10月10日、日本軍は晋州城から撤退した。

東莱城殉節図(釜山市:東莱邑城壬辰倭亂歴史館)
東莱城殉節図(釜山市:東莱邑城壬辰倭亂歴史館)

そのころ、朝鮮国王からの援軍要請を受けていた明国は、祖承訓隊5000の援軍を朝鮮へ派遣したが、平壌の小西行長隊の反撃を受け壊滅。事態を重く見た明は日本軍と停戦協定を結び、その間に4万の軍勢を編成し、朝鮮軍1万を加え、翌文禄2年(1593年)1月5日、平壌を包囲した。不意を突かれた小西行長隊は、1月7日に総攻撃を受け、平壌城外壁を明・朝鮮軍に突破されたため、止むなく漢城へ退却した。
続いて漢城奪還を目指し、明軍2万は南下するが、宇喜多秀家を総大将とする日本軍4万が、1月26日、漢城城外の碧蹄館で迎撃。騎馬戦を得意とする明軍は、日本軍の鉄砲隊の前に大敗を喫した。
多方面での日本軍は、2月12日に幸州山城の攻略に失敗し、兵站(武器弾薬、食料などの軍需物資)が不足。
明軍の参戦を受け、朝鮮奉行である石田三成・増田長盛・大谷吉継、ならびに秀吉の上使・黒田孝高(官兵衛)らは、漢城に諸将を呼び、軍評定を開いたが、加藤清正は女真族(オランカイ=朝鮮語オランケ、野蛮人の意)攻撃のため、北方の満州まで侵攻していた(明へのルートを確認する目的があったと言われている)ので、参加出来なかった。このことが後に三成が清正の諸行を非難し、秀吉に訴える理由の一つとなった。
評定では、「今年中の明侵攻(唐入り)の延期」「秀吉の朝鮮入りの中止」、の2つを秀吉に進言することが決議された。

加藤清正・女真族戦絵図(イメージ:niccorin)
加藤清正・女真族戦絵図(イメージ:niccorin)

4月18日、明軍と日本軍の間で講和が締結され、日本軍は漢城から撤退した(明軍側・沈惟敬を派遣、日本軍側・小西、加藤の三者会談)。

5月8日、小西行長と石田三成・増田長盛・大谷吉継の三奉行は、沈惟敬らの偽装による明勅使と共に日本へ出発。
5月15日、明勅使は佐賀の名護屋城で秀吉に会見。秀吉は以下の七つの条件を提示した。

講和七条
  • 一、明朝皇女を天皇家と婚姻させること
  • 二、勘合の復活、官船・商船の往来
  • 三、明・日本の大官による軍事的和平と通好の誓約取り交わし
  • 四、朝鮮南部4道の日本への割譲
  • 五、人質の提供(朝鮮王子及び大臣級1~2名)
  • 六、捕虜の返還(朝鮮国王子2名)
  • 七、朝鮮王朝の権臣に誓詞を出させること

三成は戦争終結を図るため、小西行長と相談の上、秀吉には伏せて講和条件を次のように変えて(関白降表文:勅書発令を願う文書)、行長の重臣・内藤如安を明国の首都・北京に向かわせた(文禄3年12月)。
現代訳:
『日本国は、明国を慕う心を朝鮮に託して伝えようとしましたが、朝鮮がこれを隠して明国皇帝に達しませんでした。兵を用いたのはこのためであり、皇帝にはむかうつもりはございません。秀吉には国王の号を与えていただきたい』

日本の交渉担当者(石田、小西、黒田)は、「関白降表」という偽りの降伏文書を作成し、内籐如安に持たせ、明側には、秀吉の和平条件は「勘合貿易の再開」という条件のみであると伝えられた。
「秀吉の降伏」を確認した明は、「封は許すが貢は許さない」(明の冊封体制注3下に入る事は認めるが、勘合貿易は認めない)と決議され、秀吉に対し日本国王(順化王)の称号と金印を授けるのみとして、日本に使節を派遣した。

文禄5年(1596年)9月、秀吉は明使節団と大坂城で謁見。
日本側の要求が受け入れられていないことで激怒したと伝えられ、使者を追い返し、朝鮮への再出兵を決意したのである。

注3
冊封体制:中国歴代王朝が東アジア諸国の国際秩序を維持するために用いた対外政策。中国の皇帝が朝貢をしてきた周辺諸国の君主に官号・爵位などを与えて君臣関係を結び、彼らにその統治を認める一方、宗主国対藩属国という従属的関係におくことを指す。

慶長2年(1597年)慶長の役、勃発。

「全羅道を残さずことごとく成敗し、さらに忠清道やその他にも進攻せよ」作戦目標の達成後は倭城を築城し、留守役番の城主として主に九州の大名を定めて、他の諸将は帰国せよという計画まで定められた(2月21日朱印状)。
西国諸将勢を中心に編成された、総兵14万人を超える日本軍は、逐次対馬海峡を渡り、釜山浦を経て任地へ向かったのである。

慶長の役、加藤・毛利・黒田隊の進路(提供:戦国未満)
慶長の役、加藤・毛利・黒田隊の進路(提供:戦国未満)

豊臣秀吉公死去(慶長3年8月18日)。

五大老や五奉行を中心に朝鮮撤退が決定され、密かに撤収準備が開始された。秀吉の死は秘匿され、朝鮮の日本軍にも知らされなかった。また、秀吉の死以降、幼児の豊臣秀頼が後継となった豊臣政権では、大名間の権力を巡る対立が顕在化し、政治情勢不穏な国内を統治しなければならず、海外での軍事行動も限界となっていた。

10月15日、秀吉の死は秘匿されたまま、五大老による帰国命令が発令。
こうして、7年に及んだ文禄・慶長の役は終焉を迎えるに至ったのである。
(参考文献:中野等「文禄・慶長の役」吉川弘文館〈戦争の日本史16〉、朝鮮史編修会 (漢文調)朝鮮総督府、中村栄孝、国立国会図書館デジタルコレクション 「文禄・慶長の役」、国史研究会編「岩波講座日本歴史」第6巻 岩波書店、北島万次「加藤清正・朝鮮侵略の実像」吉川弘文館)

【三成の真実…その1】
現代風に言えば、豊臣コンツェルンの創業社長である秀吉が死去し、前社長の一大事業として、グループを挙げて取り組んできた無謀な海外プラント事業の早期撤収を行わなければならない状況となった。取締役執行役員のひとり石田三成は、他の重役らと協力して後始末に奔走し、巨額の投資と人的な損失を被った巨大企業の建て直しに加え、偉大な創業者の死によって動き出した跡目争いに対する正統な後継者を擁立し、事態の収拾を図ることが早急の課題となった。

秀吉遺言覚書案(早稲田大学図書館蔵)
秀吉遺言覚書案(早稲田大学図書館蔵)

ここまでの三成の半生を見れば、彼が大名ではないということがお分かりになろう。彼は紛れも無く組織の一員、所謂雇用人として豊臣家の家臣となり、秀でた才能を発揮して五大老・五奉行という執行部10傑の仲間入りを果たしてきたのである。
大名の定義については時代の変遷に変化があるものの、武家社会が確立された鎌倉時代から地域の武家豪族で一定の領地を統治していた武家の概念として存在していたとされる。「大名・小名」という表現は、奈良唐招提寺所蔵の「石清水文書」に、天正12年(1584年)石清水八幡宮内の宿坊間で「島津殿其外国之大名小名衆」の檀那(施主、経済的支援者・お布施、檀家の主などの意。仏教サンスクリット語dānaの音写)の権利を売買した、という記述があり、大大名の領国内の大名、小名といった地域の概念が認識されていた。小名は戦国時代、国人とか国衆と呼ばれ、大大名・大名の領国の周縁部に小領域を形成し、複数の大名勢力との間で服属と離反を繰り返しながら半ば独立して、大名と同様に「家中」を組織していた(鍛代敏雄著:戦国大名の正体・中公新書)。今話題の「真田丸」で、草刈正雄演じる真田昌幸は小名であり、豊臣に従属することによって知行安堵の朱印状を受け、その後の武功によって禄を高め、領地を加増されて大名となっていった。
三成もまた、出世の過程で秀吉から領地(佐和山)を与えられてはいるが、そもそも国人・国衆の出身ではなく、石田家中を組織していた武将ではなかった。つまり、組織的バックボーンや家中の柵(しがらみ)を持たない、一個人として豊臣秀吉に臣従したが故、純粋に豊臣家の一員として政務に没頭することが出来得たのである。生え抜き、叩き上げの企業戦士であった。

後編:次月号へ続く