トップページ > 2016年2月号 > マンスリー・トピックス

ラビットプレス+1月号


浮世絵:歌川芳幾 太平記英勇傳/花田左衛門尉滋野雪村(真田幸村)

元和元年(慶長20年・1615年)5月6日。
天王寺口には真田信繁、毛利勝永など1万4500。 岡山口側は大野治房ら4600と別働隊・明石全登300、全軍の後詰めとして大野治長・七手組の部隊が布陣した。
一方、徳川方は、大和勢に加えて浅野長晟4万の兵を茶臼山(現大阪市天王寺区)方面に向かわせ、その前方に松平忠直1万5000が展開。本多忠朝ら1万6000は天王寺口に展開し、その後方に徳川家康が1万5000を擁して本陣を、 岡山口は前田利常ら計2万7500、その後方に徳川秀忠2万3000が本陣を置いた。


浮世絵:歌川豊宣 太平記英勇傳/大坂軍記之内 後藤又兵衛・真田幸村

同日、伊達政宗隊の先鋒(片倉重長ら)を銃撃戦の末に一時的に後退させたが、混乱の中で後藤基次(又兵衛)を失った(道明寺の戦い・5月5日)信繁らは豊臣軍を撤収させ、茶臼山本陣へ戻った。

5月7日正午ごろ。
家康は秀忠と共に大坂城総攻撃を開始する。茶臼山の真田隊は、徳川方最強と言われる松平忠直率いる越前勢1万5000と激突し、真田のシンボル・赤備え(「躑躅(つつじ)ノ花ノ咲キタル如ク」先公実録)と松平の家紋・つま黒が交互に入り乱れる、大坂夏の陣最大の激戦が繰り広げられた(天王寺口の戦い)。

「今はこれで戦は終わり也。あとは快く戦うべし。狙うは徳川家康の首ただひとつのみ(武德偏年集成)」

戦況は決して有利ではなかったが、真田隊の高い戦意と捨身の攻撃は、越前勢を突き破り、家康本陣目掛けて真一文字に三度の攻撃を仕掛け、遂に家康馬印をなぎ倒す。家康の首にあと僅かで手が届くところまで攻めるも、数に優る越前勢が混乱から立ち直り、反撃を開始。しばらく茶臼山に拠って抵抗を続けた真田隊も、越前勢の猛攻によって次第に劣勢顕著となり、奮戦むなしく壊滅状態に。真田信繁は激戦を戦い抜いて疲弊し、茶臼山の北にある安居天神で休息しているところを越前・松平忠直隊の足軽鉄砲組頭・西尾久作により発見され、「わしの首を手柄にされよ」と言い残して討ち取られたとされる(『銕醤塵芥抄』『譜牒余録』『武邊咄聞書』『慶長見聞集』)。

「定め無き浮世にて候へ者 一日先は不知事候 我々事など浮世にあるは おぼしめし候まじく候」
(慶長20年3月19日に義兄の小山田茂誠に送った書状の記載である。この時すでに信繁は自らの命はもうすでに無いものと思って欲しい、と覚悟の心情を伝えている。信繁には辞世の句を残す時間的余裕はなく、直筆の文書はこの時が最後と言われる。)


真田信繁書状(長野市蔵)

【真田家の資質】
真田(信繁)日本一の兵、古よりの物語にもこれ無き由、当世の英雄真田を非ずして誰ぞや、一世の人物などなど、信繁を絶賛する評は当時から尽きない。その類稀な戦闘能力や勇猛な性質はどこで培ったものなのか。
信繁の魅力を語る上で欠かせない、名門真田家の家風を、祖父である真田幸綱(幸隆)と父、昌幸に遡って見ることとしよう。

祖父幸綱は、信濃国小県郡(現在の長野県東御市)の豪族・海野棟綱(信濃国の豪族で東信濃を古くから支配していた滋野三家の嫡流)の子、あるいは棟綱の娘婿・真田頼昌の子として生まれたとされている。
幸綱の代に武田信虎、村上義清、諏訪頼重の軍に侵攻され(海野平合戦、天文10年・1541年)、小県を追われた幸綱は上野の国へ亡命した。その後、幸綱は旧敵であるはずの甲斐の武田家に仕官し、武田信玄の家臣団となる。信濃制圧を目指す武田信玄の許しを得れば、本領回復を果たすことが出来るからであった。そうして外様の新参者にもかかわらず、幸綱は多くの武功をあげて信玄の信頼を獲得。その後も家中で頭角を現わしていったが、中でも信玄が大敗した村上義清の小県・戸石城と戦火を交えず、調略を用いて真田の手のみで攻略したことが評価された。信玄の強敵であった村上義清はこれを機に劣勢となり、やがて越後へ遁走(とんそう=急ぎ逃げること)した。幸綱はその功績によって、信玄に念願の本領回復を許されたのである。逆境の中で所領奪還を果たした幸綱の姿は、信濃の名族としての誇りとともに、小県・戸石城調略が端的に示すとおり優れた情報収集力と、数に頼らず戦う「ゲリラ戦」に長けていたことが覗える。
その後、幸綱の長男と二男が長篠・設楽原の戦いで相次いで戦死したため、三男の昌幸が家督を継ぎ、真田家を大名の地位に発展させることとなる。

昌幸は、幸綱が武田家に仕官した時に人質として信玄に預けられたが、信玄は、早くから昌幸の才を見抜き、近習に抜擢。昌幸は信玄の側で戦略的思考や采配を学ぶ機会を得たのであろう。これが昌幸の類稀な用兵や駆け引きの才を培ったと推察されるのは、例えば、信玄が三方ケ原の戦いで徳川家康を粉砕した際の傑出した采配など、多くの戦法を直に目の当たりにすることができたからである。
信玄の死後、天正10年(1582年)、武田家は織田・徳川連合軍の侵攻により武田勝頼が天目山で自刃し、滅亡。領土の大半は織田信長の手に落ち、その信長も本能寺で倒れると、甲斐・信濃は群雄の所領争奪の場と化した。小県から上州の一部の小勢力に過ぎない昌幸は、その後北条氏、徳川氏、上杉氏と、同盟を結ぶ相手を次々に変え、巧みに真田家を存続させて行った。昌幸には、誰と結べば真田家を守れるのか、先を見る目と鋭い嗅覚が備わっており、それは正に信玄の下での百戦錬磨の経験が育てた戦略眼あってのことである。
また、真田家の本領である信濃の山岳地帯では、必然的に地の利を活かした戦術が発達し、全国を旅する修験道の行者などから積極的な情報収集を欠かさず、ゲリラ戦や調略を得意として兵力の絶対的不足を乗り越えてきた。こうした戦い方こそ、真田家伝来の軍法の真骨頂といえるのであり、上野国沼田領の帰属をめぐって徳川軍の大軍と戦った天正13年(1585年)の第一次上田合戦は、その典型的なものである(寡兵で籠城して徳川の大敵を引き寄せ、ゲリラ戦で翻弄、撃退した)。


資料:松代真田家

祖父・幸綱の忍耐力と才覚、真田家への誇り、父・昌幸の、武田信玄譲りの戦略・戦術の才能と、戦国最強と言われた武田家への忠誠心。それらが大大名にも臆することなく果敢に立ち向かう、「真田家の誇り」として信繁に受け継がれている。

【信繁の資質】
昌幸は上杉氏に帰属して自立し、天正13年(1585年)第一次上田合戦において徳川と戦った際、信繁は上杉氏のもとに人質として置かれた。信繁には徳川方に帰属した信濃国衆である屋代氏の旧領が与えられたという。織田信長の死後、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が台頭すると、昌幸は豊臣政権に帰属し、独立した大名として更に自立する。信繁は再び人質として大坂に移り、後に豊臣家臣・大谷吉継の娘を正妻に迎える。天正18年(1600年)の小田原征伐に際しては、父・昌幸と共に従軍し、石田三成の指揮下で大谷吉継らと忍城攻め(おし城=別名忍の浮城、日本三大水攻めのひとつ)に参戦したと伝えられる。文禄3年(1594年)11月2日、従五位下左衛門佐に叙任されるとともに、豊臣姓を下賜(かし)されている。これら人質時代、上杉家では直江兼続から「義」を重んじる謙信伝来の軍法を学び、大坂の秀吉の下では「天下の采配」を、身を以て経験したことは、戦国武将としての英才教育を超一流講師陣の下で受けたに等しく、ある意味で恵まれた生い立ちをもっているといえよう。


資料:蔵王町HP

【犬伏の分かれ…確率二分の一、運命の関ヶ原】
秀吉没後、時代は大きく動き、信繁にも運命の時が訪れる。秀吉の後継である秀頼付大老となった徳川家康は、大坂城内で専横を極め、慶長5年(1600年)に上杉景勝討伐を敢行すると、期を待っていたかのように石田三成らは、打倒家康の挙兵に踏み切るのである。この事態に上杉討伐に参加する予定であった昌幸、信幸、信繁親子は下野国佐野において、いずれに与するべきかを相談したとされる。その結果、長男の信幸は家康の東軍につき、昌幸・信繁父子は西軍の三成に与することで、関ヶ原の戦いに臨むこととなった。
元々真田家としては、昌幸の妻が石田光成の妻と姉妹であり、沼田の上田合戦以来、家康との間に遺恨があった。また、信幸は、家康譜代の家臣・本多忠勝の娘(家康が信幸の為に養女とした=小松姫)を娶っていたし、信繁は、秀吉の口利きで豊臣家臣・大谷吉継の娘を正妻に迎えていたこともあり、真田家は、運命に導かれるように袂を分かつこととなる。世に言う「犬伏の別れ」である(歴史学者によれば、戦略的に東西いずれが勝利した場合でも、真田家の存続を優先したという推論が主流を占める)。しかしながら、昌幸の本質からすれば、真田家存続を託すべきは信繁の方であり、真田家の誇りに賭けて、本気で家康率いる東軍に牙を剥いたというのが事実ではないだろうか。


上州上田城祉

その頃、徳川家康率いる東軍は、下野国小山において三成ら西軍の挙兵を知って、踵を西に返した。この時、家康の本隊や豊臣恩顧大名などの先発隊は東海道を進んだが、徳川秀忠率いる3万8000の軍勢は中山道を進んで西に向かった。その進路には、真田昌幸、信繁父子が立て篭もる上田城、戸石城があった。関ヶ原本戦に一刻も早く進まねばならない秀忠は、真田信幸とその義弟・本多忠政に命じ、徳川に与し上田城を開城するよう父・昌幸の説得に赴かせたが、結局失敗に終わった。このとき、昌幸、信繁親子の間にはひとつの戦略があった。

「徳川秀忠が挑発に乗らなければ良し。乗ればなお良し」

昌幸は信幸の説得に対する返事を先延ばしにして時間稼ぎに徹し、数日の後、昌幸は、「返答を延ばしていたのは篭城の準備の為でござった。充分に仕度は出来たので、一合戦つかまつろう」というものだった。あまりに大胆不敵な宣戦布告に、秀忠は怒り上田城攻略を決意したとされる。この時、知略家の本多正信や徳川四天王の一人・榊原康政などは、寡兵の真田軍を侮ることなく、上田城を黙殺して西軍との主戦(関ヶ原)に急ぐべきと進言するが、兵力差が圧倒的だったこと、土井利勝(後に秀忠政権時の老中)を始めとした戦に不慣れな武将が多かったこと、更に前述の第一次上田合戦での敗走に恨みを持つ者が多かったこともあり、秀忠の決断を覆すことは出来なかった。

真田軍の目的は時間稼ぎ。思う壺である。この時点で、戦わずして秀忠隊をすでに3日も足止めしており、更に挑発を加えることによって徳川方に揺さぶりをかけることに成功していた。仮に秀忠軍が挑発に乗らず、上田城を黙殺したとしても、すでに3日が経過しているので、昌幸は役目を充分に果たしている。反対に挑発に乗って攻めて来れば、上田城に籠城して持久戦に徹し、今以上に時間が稼げるわけである。家康隊との合流を急ぎたい秀忠隊の事情を考えれば、長期戦は行えないことが明らかであり、兵力で圧倒されていようとも、城に籠もって数日間持ちこたえれば、秀忠軍は引き上げるはずだと昌幸は踏んでいた。短期決戦を行うしかない秀忠軍の採れる戦術は自ずと限られ、昌幸としては戦略も立て易く、翻弄し易い。しかも総大将の秀忠は、これが初陣であった。
一方、徳川秀忠は、信幸に信繁の守備する戸石城攻めを命じた(徳川方には、信幸の通謀を疑う者も多かったため)が、兄の軍勢と知るや信繁は早々に戸石城を開城し、父の待つ上田城へ引き上げている。これは、同族での戦を避けることと、兄信幸に手柄を与える一石二鳥の策略であると共に、信幸隊を戸石城に留まらせることにより上田城攻めの兵力を減じ、合戦を真田軍の有利に運ばせることが出来る。正に父譲りの知略である。


戸石城祉

上田城攻めに手古摺り、相当の痛手を受けた秀忠軍は、結果として関ヶ原本戦に遅参し、その後家康の怒りを買ったことは知られた話である。関ヶ原本戦は僅か1日の内に終戦し、西軍に与した昌幸、信繁親子は当然のことながら死罪とされたが、信之とその岳父(がくふ=妻の父、舅)である本多忠勝の懸命な助命嘆願により死罪を免れ、高野山(後に信繁が妻の同行を願い出たことから、女人禁制の高野山には登らず、麓の九度山に幽閉)へ流罪となった。
これで真田信繁の武将としての生涯は終焉を迎える、はずであった。

【大坂の陣へ・後世に語られる真田幸村】
九度山での14年間の蟄居生活にあって、その詳細を知る史料は殆ど残っていない。生活は苦しかったと思われるが、信之ら親族の仕送りなどもあったようで、また、紀伊藩から年50石の合力(資金援助)の記録が残っているが、後に有名になった真田紐(組紐)の行商も家計を支える仕事であったと言われている。
小説などでは、この14年間に来る日を待ちながら、鍛錬に励んでいた姿も創作されるが、九度山に残る史料から、日々囲碁や双六などを地元の人々と楽しみながらも、夜更けまで兵法書を読み漁り、片時も武具の手入れや鍛錬を怠らなかったことが「真武内伝追加」に残されている。


幸村(信繁)像と真田の抜け穴(写真左)・父昌幸の墓所(写真右)(九度山町)

徳川方との対決が避けられないものと悟った豊臣方は、抗戦を決意せざるを得なかった。しかし、関ヶ原の合戦の敗北により、豊臣家の禄はわずかに65万石。私兵は3万前後しかない。そこで、徳川家に対して不満を持つ諸国の浪人を呼び集める策を講じる。更に、豊臣秀頼の名を持って、故太閤秀吉恩顧の大名らに援助を依頼した。
豊臣方が頼みとした大名は、福島正則、蜂須賀家政、細川忠興、蒲生秀行、佐竹義宣、島津家久、前田利常、浅野長晟、池田利隆らであった。
しかし、豊臣恩顧の大名で、秀頼に味方するものは誰一人としていなかったのである。
一方、浪人集めの方は、期待通り次々と大坂城に入城してきた。当然、信繁の元にも使者が参り、支度金として金200枚、銀30貫が差し出された。信繁の心は決まっていた。
放免を待ち望み、思い半ばでこの世を去った尊敬する父、昌幸の無念と、武将としての生き様を14年間考え続けてきたその思い、そして幼少から叩きこまれてきた武士の本懐、すなわち徳川に対する報復こそ真田家の誇りを全うする自身の宿命であることが脳裏を過ったに違いない。

大坂城へ入った信繁は浪人衆の編隊にその能力を発揮する。
対徳川戦軍議で、信繁は、単なる籠城策では勝ち目がないことを力説し、積極策に出ることを主張した。籠城策は援軍が期待できる時に有効であり、今回のように援軍が期待できない戦では効果は薄い作戦である。
信繁は、東軍の戦備が整わないうちに先制攻撃をしかけ、豊臣秀頼自らが出馬し天王寺丘陵に旗を立て、毛利勝永、後藤基次らと共に伏見城を落とし、宇治、瀬田に陣を構え、東軍の瀬田川渡河を阻止し、木村重成らが京都所司代を急襲して京を占領し、長宗我部盛親、明石全登らは大和から奈良を攻撃し、秀頼側近衆が片桐且元の茨木城を落とし、大津にも砦を築いて畿内を確保する。そのうえで徳川軍と戦うことを提案した。後藤基次、毛利勝永ら浪人衆も信繁の案に賛成し、畿内を制圧し、宇治、瀬田に出撃し、遠征疲れの徳川軍を迎え撃つことを主張した。
しかし、大野治長(淀殿と親密であったと噂されていた)をはじめとする豊臣側近は、秀吉が築いた大坂城に絶対の信頼を寄せており、籠城策を譲らず、最終的に組織の力が勝り籠城策で戦うことが採択された。


大坂城と真田出丸城の位置関係(Google)

主張が退けられた信繁であったが、愚痴っている暇はない。切り替えて籠城作戦における現状の弱点とその対策に乗り出した。大坂城は北に天満川を控え、西は難波の港、東は深田一帯に湿地が展開し、城に近づくには南方面の天王寺に抜ける丘陵が最適である。そのため、天王寺付近で激戦が展開されることは容易に予想できた。そこで、信繁はそこに出城を築くことを提案したが、真田信之との内通を疑う側近らが多く、後藤基次らの後押しがあってようやく出城建築の許可が下り、信繁に任されることになった。この出城が後に「真田丸」と呼ばれ、堅牢強固な砦として徳川方の苦戦を強いる唯一の存在として「真田幸村」の名と共に後世まで語り草になっていく。


大坂冬の陣(1614年)における東南方布陣図(資料:玉造稲荷神社)

慶長19年(1614年)11月19日。
大坂冬の陣の火蓋が切って落とされた。兵数と士気に勝る徳川軍は絶対的な力で豊臣軍を撃破していく。豊臣方の最大の誤算は、開戦すれば豊臣恩顧の大名が次々に寝返ってくるものと予想していたのが、一人も豊臣方に内応してこなかったことである。戦局は真田丸の攻防を除いて、豊臣方不利の状態で推移していった。真田丸の攻略に苦戦したこともあり、家康は、調略で落とすことを考え、早速、大坂城に使者を送り、秀頼、淀君に講和を申し入れた。講和の条件として大坂城の堀の埋め立てと真田丸の取り壊しが盛り込まれた。講和に前後して、信繁に対する寝返りの勧めが信繁の叔父である真田信尹を派遣して行われた。「慶長見聞集(北条氏の家臣、三浦浄心作)」によれば、「十万石下さるべく候旨」条件を提示し、寝返るよう説得。信繁がこれを断ると、家康は再び信尹を使者として差し向け、今度は「信濃一国四十万石を与える」と説得に出た。これを聞いた信繁は「この信繁、十万石では不忠者にならぬが、一国では不忠者になるとお思いか」と再び断ったという。
その後、大坂城攻略の土木工事も整い、翌20年(元和元年・1615年)5月、豊臣氏滅亡に向かう大坂夏の陣の徳川総攻撃が始まるのである。


大坂夏の陣合戦屏風絵図部分図(イメージ)

【忠誠心と男気・英雄となった幸村】
読者ご存知のように、真田幸村という名は後世になって作られた実在の根拠が無い名前である(寛文12年(1672年)に成立の軍記物語、『難波戦記』万年頼方・二階堂行憲の著)。徳川幕府成立後、260年に及ぶ泰平の世が訪れるのだが、その間に武士の気品は失われ、金と欲に塗れた政治が横行する。私利私欲を恥じることは損得勘定の経済学に掻き消され、社会全体に貧富の差が顕著なこの国の疲弊した民衆の心が、やがて戦国の美談として数多くの創作を生み出していった。江戸元禄期に成立した「真田三代記」は、幸綱、昌幸、幸村(信繁)が徳川を相手に奮戦する物語として人気を博し、その後近世(大正時代・立川文庫)に「真田十勇士」として繋がっていく。

しかし、難波戦記において実在する真田信繁を敢えて幸村と称させたのか。想像の域を出ることはないが、信繁の忠誠心とは誰に対するものだったのか。信繁は本当に豊臣家に忠誠を尽くし、命を捧げたのだろうか。九度山を出た信繁の目的は、もはや豊臣家に対する思いは無く、父・昌幸に対する、そして武田家と共にあった真田家の誇りとする忠誠心であったがため、両家の天敵である徳川家康にどう一矢報いるか、そして自らの花道をどう飾るかしか無かったのだと。だから、難波戦記の執筆において、実際の信繁から利己的感情を除くことを試みたとき、そこに残った主人公像は、「信繁」ではなく、「幸村」という別の英雄であったのかも知れない。死を飾ることにただ一つの生き様を求めた信繁に、四十万石の領地は不要であったろう。失われた男気という美学を思い起こさせるにはうってつけの事実であったし、徳川幕府にとっても、忠誠心を表現するのに真田の奮戦記は適材だった。同じく反徳川といえ、秀吉が書かせた「太閤記」とは全く意味が異なるのである。
信繁の嫡男、大助(後に幸昌と改名)は、大坂夏の陣において信繁と行動を共に戦っていた(道明寺の戦いでは大きな武功を挙げている)。天王寺の激戦の最中、信繁は秀頼を守護するよう言いつけ、大坂城へ帰している。そして、大坂城落城時、まだ若年であり、また豊臣に特別な恩顧もないことから速水守久らから脱出を勧められたが大助は拒絶し、秀頼の切腹に殉じ自害した。その時、彼が最後に「我は真田左衛門佐信繁の倅なり」と叫んで加藤弥平太に介錯させたことは、美談としてあまりにも有名である。


真田家菩提寺・長国寺(信州松代)

現代社会においても同様に、政治経済全ての分野に利益至上主義、利己主義は蔓延し、特に我が国においては第二次大戦後の民族意識の様変わりは顕著となった。組織にあっては、正しいことを「正しい」と言えない人々。政治においては地位と金に左右されるプロパガンダ。長いものには巻かれなければ生きてゆけない風潮は、今や子供たちの世界にまで蔓延している。
江戸泰平期においても同様の社会構造が生まれ、富裕層以外の一般庶民、下級武士の間には寡兵であっても巨大な力に真正面から立ち向かい、見事玉砕して花と散る幸村の物語は、痛快極まりない英雄として親しまれたことは想像に難くない。今この国において、巨大な敵に挑むヒーローはフィクションによって登場し、誰も自分がその立ち位置に居ようなどとは思わない。そんなことをすれば、浅はかな考え、売名行為、愚の骨頂として嘲笑され、冷やかな憐れみとともに、悲しいかな早々記憶から姿を消す対象なのである。

今日、我々の社会は、どんなヒーローを望んでいるのだろう。

参考文献:
・寺島隆史「真田信繁(幸村)の証人時代再考」(『信濃』67巻5号)
・真田氏の館「名門真田家三代(真田幸隆 真田昌幸 真田幸村)の記録」
・山村竜也「真田幸村・伝説になった英雄の実像」(PHP研究所)
・岡谷繁実 国立国会図書館デジタルコレクション「日本偉人言行録. 地ノ巻」 大日本良書普及会
・橋場日月「真田幸村・戦国を生きた知将三代」学研
・柴辻俊六 「真田昌幸」 吉川弘文館(新装版)