トップページ > 2015年12月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

日に日に寒さが厳しくなり、あっと言う間に12月ですよ!今年もあと1ヶ月ないんですね…1年なんて「アッ!」と言う間です。
『終わりよければ全て良し!』
今年もイロイロなことがありました…が、最後が良ければ全て良し!日本人が好む(笑)思考法です。イヤなことがいっぱいあっても、最後に楽しいことがあれば、その楽しさが優先的に記憶に残るという“ピーク・エンドの法則”と呼ばれるものです。一種の“プラス思考”ですね♪人間には、物事を良い方向に考えていくという性格が備わっているそうですから、1年の締め括りの12月♪が良ければ全てが良し…ということになります!今年を良い年にするために、皆さん素敵な楽しい12月を過ごしましょう~!!


素敵な楽しい12月を過ごすために必要なもの…それは“元気”です!風邪をひいて寝込んでいる場合ではありません。風邪をひきやすい寒い冬に欠かせないのが“免疫力”アップです。免疫力アップの力を秘めたパワー野菜…それは“キャベツ”。毎日の生活の中でとても身近に存在するキャベツは、北海道から沖縄まで、その土地にあった品種が育成されているので、1年中食べることができます。身近にありすぎて何気なく食べているこのキャベツには、実はすごいパワーが秘められているのですよ!!
キャベツの第一の効用は、免疫力を高めること。その働きは医薬品並みだといわれています!免疫力が高まれば“元気”になり、風邪を防ぎ、イロイロな病から身を守れます。特に体調を崩しがちなこの季節…キャベツを食べて元気に冬を乗り越えましょう♪それに美肌に欠かせないビタミンCもキャベツにはたっぷり!キャベツ2~3枚食べると1日に必要なビタミンCを満たしてしまうのです。シミを予防、皮膚や粘膜を丈夫に保ち、抗酸化作用に免疫力を高めます。また、年末年始は暴飲暴食(笑)の多発時期…忘年会や新年会等々飲み会に参加する機会も多いですよね。キャベツから発見されたという“ビタミンU”は、胃の荒れを防いだり、肝機能も向上させる優れもの!別名“キャベジン”とも呼ばれています(そんなネーミングの胃腸薬があったような…)。


年間出回っているキャベツには、春キャベツ(3月~7月頃)と冬キャベツ(7月~3月頃)があります。味や食感等が異なりますが、栄養価に大差はありません。柔らかく、水分たっぷりの春キャベツの旬は3月~5月。巻きがゆるやかで葉も柔らかく、甘みがたっぷり!サラダなどの生食がオススメです。一方、煮崩れせず、加熱調理する料理に適した冬キャベツの旬は12月~3月。巻きが固く重量感があり、中が白くさっぱりとした味わい!煮崩れしにくく出汁をよく吸うので、煮物や炒めものに適しています。
春先になって“春キャベツ”が出回る頃になると、旬の食材としてあちこちで“春キャベツレシピ”が取り上げられますが、“冬キャベツ”の存在を侮ることなかれ!寒いこの季節にピッタリのあったか煮込み料理に“冬キャベツ”、あったかお鍋に“冬キャベツ”、あったかスープに“冬キャベツ”。今月は体も心も温まる“冬キャベツ”のウマウマレシピをご紹介いたします。キャベツは丸々1個買ってください!捨てるところがほとんどない無駄なし食材のキャベツを豪快にそのまま簡単に美味しく使いきってしまう“冬キャベツ丸ごと使いきりレシピ”です。

▼超~簡単!丸ごと冬キャベツ

これ以上の“簡単レシピ”はない!?かも…(笑)

  • 1.キャベツの芯をくり抜きます。
  • 2.くり抜いた穴に、コンソメを入れます。
  • 3.炊飯器に2.を入れて、水を加えます。
  • 4.炊飯器のスイッチオン!…出来上がり♪
  • ★キャベツ1玉の場合、コンソメ(キューブ):2個、水:400cc

▼冬キャベツの丸まま蒸し煮

旨味が満載!ペロリと食べれる体も温まる冬レシピ♪

  • 1.干ししいたけを水に戻しておきます。
  • 2.キャベツの芯をくり抜き、上面に1/3の深さまで十文字の切り込みを入れます。
  • 3.厚手の鍋に2.を入れて、1.とエビとしいたけの戻し汁、酒と塩コショウと鶏ガラスープの素を入れます。
  • 4.3.を火にかけ、煮立ってきたら弱火にして30~40分程蒸し煮にします。
  • 5.4.のキャベツとしいたけとエビを取り出して器に盛り付けます。
  • 6.煮汁の味をコショウで調え、水溶き片栗粉でとろみをつけて、5.にかければ出来上がり♪
  • ★キャベツ1玉の場合、しいたけの戻し汁:2カップ、酒:大さじ2、塩・コショウ:適宜、鶏ガラスープの素:大さじ2
  • ☆エビの代わりにホタテの缶詰を使ってもOK!汁もダシになり、美味~♪

▼土鍋で丸ごと冬キャベツ

土鍋で簡単!芯までペロリの温野菜。

  • 1.キャベツは芯をつけたまま、半月切りにします。
  • 2.土鍋に1.を均一に並べ、水と白ワインをふりかけます。
  • 3.フタをして火にかけ、沸騰したら弱火で5分程蒸し煮します。
  • 4.火を止めて、余熱で10分蒸します。
  • 5.4.のキャベツを取り出して器に盛付けます。
  • 6.煮汁にバターを入れて溶かしてコーンを加え、塩・コショウで味を調えます。
  • 7.5.に、6.をたっぷりかければ出来上がり♪
  • ☆「まだキャベツに火がちょっと入ってないけど…」ぐらいで火を止めるのがポイント!
  • ☆冬キャベツの甘みが出てコレだけでも十分美味しいですが、トマト・ソーセージ・ハム等を余熱時間にプラスしてもGood!
  • ☆トッピングで、ポーチドエッグをのっけてボーリュームアップ!お好みで粉チーズをふりかけて…

▼丸ごと冬キャベツのポトフ

寒い日には、冬キャベツの甘み満載のあったかポトフ♪

  • 1.キャベツの芯をくり抜き、上面に1/3の深さまで十文字の切り込みを入れます。
  • 2.ソーセージを斜め切りにします。
  • 3.鍋に、1.と2.を入れて、キャベツの2/3程かぶるくらいの水を入れます。
  • 4.コンソメ、塩・コショウを入れて強火にかけ、沸騰させて灰汁を取ります。
  • 5.弱めの中火で30~40分程煮込みます。
  • 6.仕上げに醤油を入れて味を調えれば出来上がり♪
  • ☆塩を入れる時は、鍋に入れた水ではなく、キャベツにふりかけるようにするのがポイント!
  • ☆お皿に盛りつけたら、上からコショウをふりかけて…お好みでマスタードを添えて♪

▼丸ごとロール冬キャベツ

丸ごとキャベツを食べられる…豪快!簡単!美味しい!

  • 1.玉ねぎとニンニクをみじん切りにします。
  • 2.フライパンにサラダ油をひいてニンニクを炒めて、香りを出します。
  • 3.2.に、ひき肉と玉ねぎを加え火が通るまで炒めます。
  • 4.3.に、トマトピューレと水を入れて煮立てます。
  • 5.塩・コショウ、スープの素を入れて味付けします。
  • 6.キャベツを6~8等分して、元のカタチに戻して圧力鍋に入れます。
  • 7.6.に、5.のスープを入れて中火にかけ、10~15分程加圧します。
  • 8.自然放置して、フタが開けられるようになったら出来上がり♪
  • ☆キャベツから水分が出るので、スープの味付けを濃いめにするのがポイント!
  • ☆圧力鍋ではない場合には、中火で20~30分程煮込めば大丈夫♪
  • ☆トマトが苦手な場合は、コンソメ風味にする等イロイロアレンジ可!

▼丸ごと冬キャベツのコンビーフ詰込スープ

丸ごとペロリ!じっくりコトコト…絶品トロトロキャベツスープ♪

  • 1.キャベツの芯をくり抜き、上面に1/3の深さまで十文字の切り込みを入れます。
  • 2.切り目をグイっと広げ、コンビーフを詰め込みます。
  • 3.圧力鍋に、2.を入れて、キャベツの半分がつかる程度にコンソメスープを入れます。
  • 4.塩・コショウで味付けし、加圧して5分程煮ます。
  • 5.自然放置して、フタが開けられるようになったら出来上がり♪
  • ★キャベツ1玉の場合、コンビーフ:1缶、コンソメスープ:適量、塩・コショウ:適宜
  • ☆キャベツから水分が出るので、スープの味付けを濃いめにするのがポイント!
  • ☆圧力鍋ではない場合には、中火でじっくりコトコト煮込んでください♪

▼丸ごと冬キャベツの豚肉ゴマ油塩鍋

簡単!美味!時短お鍋で、寒い冬に体もポカポカ~♪

  • 1.鍋を火にかけ、ゴマ油を入れて、薄切りにしたニンニクと塩を加えます。
  • 2.豚バラ肉を、1.に入れて、炒めます。
  • 3.豚バラ肉の色が変わったら、その上にキャベツを覆うように敷き詰めます。
  • 4.清酒を加えてフタをして、火が通ってキャベツが半分程の量になったら出来上がり♪
  • ☆豚肉やキャベツを入れる前に、ゴマ油に塩を加えて味を馴染ませるのがポイント!
  • ☆水を入れずに清酒だけを入れて作ると、味が凝縮されて香りも良し~♪
  • ☆途中から、お好みでポン酢や柚子胡椒で味を変化させて楽しんでみてください。

▼丸ごと冬キャベツのコク旨塩鍋

食べ応えのあるコク旨塩味は、ちょっぴりモツ鍋風で、簡単ウマうま!

  • 1.材料は食べやすい大きさにカットしておきます。
  • 2.お鍋に水・鳥ガラスープの素・すりおろしニンニク・酒を入れて、キャベツをギュウギュウに詰め込みます。
  • 3.2.の間に豚バラ肉を挟み、その上にニラとエノキをのせます。
  • 4.3.を火にかけフタをして、具材が柔らかくなるまで煮れば出来上がり♪
  • ☆キャベツが全部お鍋に入りきらない場合は、火にかけて煮込みながらカサが減ったらドンドン追加してください。
  • ☆お好みで、たっぷりの白ゴマをふりかけて、ラー油をかけて召し上がれ~♪

▼丸ごと冬キャベツの豚味噌鍋

順番に材料を入れて、後はお鍋にお任せ~♪

  • 1.土鍋に水を入れます。
  • 2.キャベツは芯を残して4等分にカットし、柔らかく茹でます。
  • 3.2.のキャベツの葉の間に、豚肉とベーコンを挟みます。
  • 4.土鍋に、3.を戻して、しいたけ、長ネギを入れます。
  • 5.4.がグツグツしてきたら、赤味噌・味噌・おろしニンニク・コンソメを入れます。
  • 6.味見をして、醤油で味を調えたら出来上がり~♪
  • ☆赤味噌がポイントですが、お味噌は地域や各家庭で違うのでお好みの味付けに♪
  • ☆お味噌は複数合わせた方が美味しい~味見しながら調整してみてください!

▼丸ごと冬キャベツのステーキ

材料キャベツだけ!切って→焼くだけ!冬キャベツの美味しさ実感♪

  • 1.キャベツを4等分します。
  • 2.フライパンを熱して少し多めに油をひきます。
  • 3.切り口を下にして、キャベツを焼きます。
  • 4.3.に、フタをして5分程待ちます。
  • 5.4.に焦げ目がついたら、50cc程の水を入れて、フタをして蒸し煮にします。
  • 6.5.の水がなくなってきたら、醤油を回し入れして焼き付ければ出来上がり♪
  • ☆火加減は中火の弱火ぐらい…あまり強いと焦げるのでご注意ください。
  • ☆ナイフとフォークで食べるとオシャレ気分に~♪
  • ☆蒸し煮の水を、コンソメを加えた白ワインして、出来上がりに塩・コショウでレモンスライスを添えればオシャレ度グレードアップ!

▼丸ごと冬キャベツのアンチョビガーリック焼

お酒がススむゴロっとキャベツ!ビールでもワインでも焼酎でも~なんにでもあう合う♪

  • 1.みじん切りにしたニンニクと、ペースト状にしたアンチョビをフライパンに入れ、マヨネーズで軽く炒めます。
  • 2.半分にカットしたキャベツを、そのままゴロっと網で焦げがつく程度まで炙り焼きにします。
  • 3.2.が焼きあがるまでに、1.のフライパンにオリーブ油を入れて混ぜ合わせ、フツフツと煮立てておきます。
  • 4.焼けた2.に熱々の3.をジュッ!とかけます。
  • 5.4.を器に盛付け、仕上げにおかかをたっぷりかければ出来上がり♪
  • ☆網がない場合には、フライパンで焼いてもOK!
  • ☆キャベツがめくれないように串刺ししておくと楽に焼けます。
  • ☆キャベツが大きい場合は、レンジで1分程チン!しておくと焼き時間が短縮できます。

冬キャベツはしっかりと葉が詰まっていて、手に取ったときに重量感があるものを選びましょう。また、半分に切ったキャベツは切り口からビタミンCがなくなりやすく、まるごと1個買った方がお得な場合が多いですが、なかなか一度で食べきれない時のために…。キャベツを最後の最後まで美味しく食べきれるための、キャベツの上手な選び方と保存方法のコツをご紹介いたします。
-----------------------------------

▽キャベツの上手な選び方
------------------------------

  • ◎葉は、鮮やかな緑色で張りとツヤのあるものが新鮮です。
  • ◎軸が大きすぎないもの(500円玉より小さいもの)を選びましょう。
  • ◎芯の切り口が黒ずんでいない(白くてきれい)もの。
  • ◎冬キャベツは、ずっしりと重みのあるものが美味しいです。
  • ※カットすると切り口が黒ずんでイタみやすくなるので、長持ちさせるなら丸ごと購入しましょう。

▽キャベツの保存方法のコツ
------------------------------

  • ◎汚れがあるとそこから腐ってしまうので、最初に取り除きましょう。
  • ◎すぐに芯をくり抜き、そこに濡らしたキッチンペーパーを詰めておくと、水分が保たれ鮮度が長持ちします。
  • ◎丸ごとはビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存しましょう。
  • ◎カットしたものは冷凍保存袋で平らにして冷凍(熱湯をかけて解凍すれば、生のキャベツを塩もみしたくらいのシャキシャキ感)。
  • ※カットして冷凍保存しておくと、お味噌汁や炒めものなどにパパッと使えて便利です。

▽干しキャベツ(少し時間のある時は是非!)
------------------------------

  • ◎葉を一枚ずつにしてよく洗って水気を切り、ピンチハンガーなどに1枚ずつつけて干します。
  • ※2~3日干して完成ですが、キャベツの場合はパリパリにするよりもちょっと湿っているぐらいがオススメです(セミドライの場合、カビが心配なので冷凍庫で保存)。
  • ☆干し野菜は、干すだけで旨味が凝縮され、栄養価もアップ!
  • ☆水分が少ない分、調理の際も味も染み込みやすくなるので時短調理になります。
  • ※キャベツの場合セミドライにすると、たためるぐらいの質感になるので、ロールキャベツの下茹でが不要に!
-----------------------------------

野菜の中でも基本中の基本!年中食べれるお馴染みの“キャベツ”は、生はもちろん、焼いても、煮ても、炒めても、蒸しても、茹でてもOKという万能食材。お料理で様々なジャンルで活躍するキャベツが、体にも美容にも良いと知るとますます食べたくなりますね♪毎日の生活に積極的に取り入れて、寒い冬も元気に過ごしましょう。

『終わりよければ全て良し!』
今年もイロイロなことがありました…が、最後が良ければ全て良し!今年を良い年にするために、素敵な楽しい12月を過ごして、来年を良い年にするためにも“元気”でスタートがきれるように“冬キャベツ”で免疫力アップ!