トップページ > 2015年8月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

8月です!真夏です!!皆さん、元気ですか~!?夏バテなどしていませんか~!?
年がら年中…と言っても過言ではないのですが、夏は特に…足首に悩む日々が続いております。夏って、脚が“サリーちゃん”になりません?
「脚がサリーちゃん…って?どーゆー意味??」
脚が“サリーちゃん”とは、足首がなくメリハリのない脚のこと。ひと昔(…ふた昔?)前なら通じたのですが、近年では無理?死語(笑)?人気アニメ「魔法使いサリー」の主人公サリーちゃんは、脚の太さが太ももから足首までほとんど変わらない円柱で、足首に締まりがない棒のような脚=残念な脚の代名詞で使われていた言葉です。(でも、この場合のサリーちゃんは、初代のサリーちゃんのこと!リメイク版の2代目サリーちゃんは、スタイルも良く足首に向かって脚も細くなったそうなので…)

メリハリのない残念な脚になるのは“むくみ”が原因。“むくみ”とは、細胞組織に含まれる水分と血液の圧力バランスが崩れることで、細胞組織に水が溜まり腫れてしまう症状のこと。また、長時間立ち続けていると脚がむくんでくるのは、重力に逆らって脚の血液を心臓に戻すのに大きな負担を強いられるから(因みに、無重力状態では、逆に上半身や顔がむくみやすくなるそうです)。靴下のゴムのあとがくっきりと残ったり、靴が窮屈に感じるようになった時に、指で脚を押さえてみるとくぼみができるようなら、それは“むくみ”です!


長時間立っていたり、運動不足、寝不足、水分の摂り過ぎや、病気・薬の副作用など、“むくみ”の原因は様々ですが、夏だからこそ…の“むくみ”の原因が!!一番の原因は「体の冷え」によるもの。冷房のきいた室内に居たり、冷たい飲み物を摂り過ぎると体が冷えてしまい、体の隅々まで温かい血液が行き届かないせいで、水分の代謝も滞ってしまうというわけです。また、体が冷えることで汗をかきにくくなっているのも原因のひとつ。逆に屋外での過剰な発汗も体温調節機能がフル稼働し、疲労しやすくなります…夏の暑さによる体力低下も原因のひとつです。体力が低下すると、体内へ血流を循環させる機能が弱まり、体の1箇所に血しょうが溜まることで“むくみ”の症状へつながることもあります。夏バテで食欲不振になると、体の機能を正常に稼動させるために必要な栄養素が不足してしまうことも…。



過剰摂取した余分な水分を排出させるためには、カリウムを多く含む食材を食べるのがオススメなのだとか…カリウムは、きゅうりやトマトなどの夏野菜に多く含まれる栄養素!(夏野菜に“むくみ”に効果的なカリウムが多いということは、夏は“むくみ”の季節なのかも!?)また、酢の物やビネガードレッシングを使って調理すれば、疲労回復効果のあるクエン酸も補給することができるので更にオススメ♪
それから、効果的に“むくみ”対策をするためには、ビタミンEも積極的に取り入れた方がいいそうです。ビタミンEには、血液の流れをよくする働きがあるので、むくみ防止のために取り入れたカリウムを体の隅々まで行き渡らせるためにも、栄養を体中に運び血液の流れを良くすることも重要事項というわけです。

疲れやすい、そして“むくみ”やすい夏を乗り切るためにも、夏野菜をせっせといただきましょう!!
===================================
▼夏限定!スイカの漬けもん
スイカの皮♪捨てないで~!スイカの皮にはむくみや熱中症対策などの健康効果があるのです。
---------
▽材料
スイカの皮
浅漬けの素
---------
1.スイカの緑色の皮をむきます。
2.1.を薄切りにします。
3.ビニール袋に2.を入れ、浅漬けの素を入れて軽くもみます。
4.3.の空気を抜いて密封し、冷蔵庫に入れます。
5.お好みの漬かり具合になれば出来上がり♪
★スイカの皮は、赤いところが残っていてもOK。
★スイカを小さく切ってから、緑色の皮をむくとやりやすいです。
★浅漬けの素がない場合には、塩でもむだけでもお漬物に!
===================================
▼アボカドとレタスの梅味噌和え
むくみと美白に効果あり♪カリウムで水分排出、ビタミンEでシミ防止…女性に嬉しいメニューです。
---------
▽材料(2人分)
アボカド:1個
レタス:2~3枚
きゅうり:1本
梅肉:小さじ1
味噌:大さじ1
はちみつ:大さじ1
ゴマ:少々
---------
1.アボカドの種をとり、カットします。
2.食べやすい大きさにレタスをちぎります。
3.きゅうりを乱切りにします。
4.梅肉・味噌・はちみつを混ぜ合わせます。
5.1~4.を混ぜ合わせ、ゴマを振りかければ出来上がり♪
★梅肉、味噌の量は、お好みに合わせて量を調整してください。
===================================
▼アボカドのユッケ風
お好みでイロイロなものにのせて♪お豆腐にのせるのもオススメ
---------
▽材料
アボカド:1個
きゅうり:1/2本
海苔:1枚
醤油:小さじ4
レモン汁:小さじ4
塩:少々
---------
1.アボカドを一口サイズにカットして、レモン汁をかけておきます。
2.きゅうりをスライスします。
3.海苔をちぎります。
4.材料を全て混ぜ合わせれば出来上がり♪
★海苔は、刻み海苔でもOK!
===================================
▼アボカドとトマトのサルサ
凍らせて食べる食感がシャーベットのようで、たまらない美味しさ!
---------
▽材料(4人分)
アボカド:1個
トマト:1個
玉ねぎ:1/4個
青唐辛子:1本
レモン汁:大さじ1/2
塩:適宜
コショウ:適宜
タバスコ:適宜
---------
1.トマトを粗みじん切りにします。
2.玉ねぎ、青唐辛子をみじん切りにします。
3.レモン汁・塩・コショウ・タバスコを混ぜ合わせます。
4.1~3.を混ぜ合わせて、味を調えます。
5.4.をビニール袋に入れて平らにし、金属のバットにのせて1時間程冷凍します。
6.冷凍庫から出し、盛付ければ出来上がり♪
★数日間は保存できるので、たっぷり作っても大丈夫!
★パンにのせて召し上がれ~♪
===================================
▼きゅうりの明太和え
夏野菜にはカリウムがいっぱい!カリウム摂って、むくみ解消~♪
---------
▽材料
きゅうり
明太子
クリームチーズ
マヨネーズ
昆布茶
---------
1.クリームチーズは、室温でやわらかくしておきます。
2.1.に、明太子・マヨネーズ・昆布茶を入れ、なめらかになるまで混ぜます。
3.きゅうりを塩もみして3cm程の長さにカットします。
4.3.を、ビニール袋の中へ入れて麺棒等で叩きます。
5.4.に、2.を混ぜ合わせれば出来上がり♪
☆クリームチーズ:50g、明太子:大さじ1、マヨネーズ:小さじ1、昆布茶:ひとつまみ
===================================
▼きゅうりとみょうがの浅漬け
塩分控えめでもおいしく食べるポイントは、たっぷりの香味野菜と旨味!
---------
▽材料
きゅうり
みょうが
浅漬けの素
---------
1.きゅうりを3mm程の厚さに斜めにスライスします。
2.みょうがも斜めに薄切りします。
3.ビニール袋に1.と2.を入れ、浅漬けの素を入れて軽くもみ、空気を抜いて密封します。
4.3.を冷蔵庫に入れ、30分~1時間程漬けこんだら出来上がり♪
★塩分控えめにするには、浅漬けの素を少なめに!
★浅漬けの素を少なめにした場合、きゅうりは薄めに切った方が漬かりやすいです。
★みょうがの苦味が気になる方は、スライスしてから20~30秒程水にさらしてください。
===================================
▼おろしきゅうりの甘酢和え
むくみ防止!暑い夏にオススメ~カリウムたくさんきゅうりを角切りとおろしでW摂取♪
---------
▽材料
きゅうり:1本
はちみつ:小さじ1
みりん:大さじ1
酢:大さじ1
塩:ひとつまみ
---------
1.きゅうりを半分にカットします。
2.きゅうり半分をすりおろします。
3.残りのきゅうり半分を角切りにします。
4.はちみつ・みりん・酢・塩を混ぜ合わせ、電子レンジで少し温めます。
5.ボウルに1.と2.を入れ、4.を混ぜ合わせれば出来上がり♪
★きゅうりの水分が出ると水っぽくなるので、食べる直前に仕上げるのがベスト!
★キンキンに冷やして食べてもOKですが、水分が出る前にどうぞ~
===================================
▼トマトドレッシング
カリウム豊富でむくみに効く!お塩を使わずトマトジュースでドレッシングを作ろう~♪
---------
▽材料
トマトジュース(食塩無添加)
お酢
オリーブ油
---------
1.トマトジュースに、オリーブ油を入れます。
2.お酢を少しずつ入れながら、混ぜ合わせます。
3.お好みの酸味加減になったら出来上がり♪
★酸っぱいのが苦手な方は、お砂糖を加えたり、お酢の量を調整してください。
★ブラックペッパーを入れても美味しい!
===================================
▼きのことおイモさんのカレー炒め煮
夏だ!カレーだ!!たっぷりきのことおイモさんで、むくみ解消~♪
---------
▽材料(4人分)
きのこ:400g
ジャガイモ:中3個
にんじん:1/3本
にんにく:1片
生姜:1片
サラダ油:大さじ3
めんつゆ(3倍濃縮):50cc
水:100cc
カレー粉:小さじ2
---------
1.めんつゆ・水・カレー粉を混ぜておきます。
2.きのこの石づきを切り落とし、食べやすい大きさにします。
3.にんじんの皮をむき、5mm角にカットします。
4.ジャガイモの皮をむき、1.5cm角にカットします。
5.にんにくと生姜をみじん切りにします。
6.フライパンに、5.とサラダ油を入れ火にかけます。
7.香りが出たら、4.を加え、透き通るまで炒めます。
8.2.と3.を加え、きのこがしんなりするまで炒めます。
9.8.に、1.を加えふたをして、弱火で5分程煮ます。
10.ふたを取り、火を強めて軽く水分を飛ばせば出来上がり♪
★たっぷりきのこは、いろいろな種類を♪
★ジャガイモが焦げつきやすいのでご注意ください。
===================================


女性の“むくみ”の多くは、野菜の摂取不足によるカリウムの不足もありますが、運動不足による血行不良も原因にあげられます。なので、食事に気をつけることに加え、体を動かすことも必要!ふくらはぎなどの筋肉を使うことでポンプアップ作用が働き、血行を良くしてリンパの流れを改善し、余分な水分の排泄を促してくれるので、暑くても動くことが大切です。

ふだんの生活の中で“むくみ”を予防・解消する簡単な方法をご紹介しましょう。
----------------------------------
▽青竹踏み
青竹踏みは、土踏まずを刺激して脚全体も動かすので、血行がよくなります。
----------------------------------
▽足の屈伸運動
屈伸運動で下半身を動かして、足の筋肉…特にふくらはぎを動かすことで血液の循環を改善します。
----------------------------------
▽足枕
足枕は、下におりていた足を上げるため、デスクワークの多い仕事ではある程度の効果があります。
----------------------------------


日常生活の注意点としては…
●日中は水分を多めに摂り、夜は少なめに補給すると良いでしょう。
●水分は、できるだけ温かい飲み物の方がオススメです。
●外出時の靴は、かかとが低く足先が開ける大きなものにし、ハイヒールはできるだけ避けるようにしましょう。
●仕事でデスクワークが多い方は、エアコンの冷風が直接足に当たらないように工夫しましょう。
●座ったままの状態でも、足先やふくらはぎを常に動かすように意識しましょう。
●帰宅したら、足指を広げて血行を良くし、足を高くして休めましょう。
●お風呂では、お湯と水のシャワーを交互に当てると血行を良くすることができます。
●就寝前に足をマッサージして、寝てからは足に枕を置いて足を高くしましょう。

脚が“サリーちゃん”からの脱却大作戦!!足が太いのが根本的な理由だとしても、むくみを取れば多少のメリハリも生まれるかも…?あきらめずに、“むくみ”の夏も、常に“美脚”を目指してガンバりましょう♪