トップページ > 2015年8月号 > マンスリー・トピックス

新企画!戦国武将の政治力に学ぶ現代ビジネス講・・・『稀代の将軍!足利義昭の生き残り術で出世街道を行け』


足利義昭肖像画(国立国会図書館蔵)

足利義昭。室町幕府第15代将軍。在職期間は永禄11年(1568年)~ 天正16年(1588年)の20年間で室町幕府最後の将軍である。父は第12代将軍・足利義晴。母は近衛尚通の娘・慶寿院の次男として天文6年11月13日(1537年12月15日)、京に生まれる。幼少期、家督相続人以外の嫡男は仏門入りが慣例であり、義昭も一乗院門跡として「覚慶」を名乗った。
永禄8年(1565年)5月、永禄の変において第13代将軍であった兄・義輝と母、弟が松永久秀や三好三人衆(三好長慶の死後に三好政権を支えて畿内で活動した三好長逸・三好政康・岩成友通の3人の呼称)らによって暗殺され、覚慶も松永久秀らによって捕えられたが、幕臣の一色藤長、和田惟政らに助けられ、近江国の和田惟政を頼って落ち延び、和田館で足利将軍家の当主になる事を自ら宣言し、還俗して「義秋」と改名。その後、美濃国・織田信長に擁されて上洛し、征夷大将軍の官位を受けるのである。

しかし、そこから信長との関係が悪化し、反信長の代名詞として語り継がれるほどの陰謀を企てては戦いに敗れ、追放されてもなお反抗し続けたにも係わらず、殺されることなく、平均寿命が50歳前後であった当時に、61歳の天寿を全うしたしぶとさは、日本の政治史でも類を見ない、稀代の将軍だったと言えるのではなかろうか。本編では、その原動力と生き様、考えの奥に隠された義昭の生き残り術を探る。


義昭の人物像を探る…(戦国時代の足利将軍:山田康弘著)

【足利義昭の蜂起と野望】
永禄8年7月、幽閉されていた興福寺から逃れた義昭(当時は覚慶、その後義秋)は、近江国・和田惟政に身を寄せる。同11月には六角義賢(ろっかくよしかた)の庇護下に入り、野洲郡矢島村(守山市矢島町)に進出して在所(二町四方の規模で二重の堀で囲まれていたとの記録が残る)を置いたとされる(矢島御所)。武田信玄、上杉輝虎(謙信)らに松永久秀、三好三人衆らの討伐と幕府再興の依頼を呼び掛け、輝虎と武田信玄・北条氏政の3名に対して和睦を命じたりしたのもこのころである。
永禄9年2月、足利将軍家の正統を主張するため、矢島御所において還俗し足利義秋と名乗った後、室町幕府三管領家(将軍に次ぐ役職で幕政を統括。三職とも称された)の一つである、河内国の畠山高政、関東管領の上杉輝虎、能登守護の畠山義綱(近江滋賀郡)らとも密接な関係を維持し、上洛の機会をうかがった。同年8月、義秋の身辺に危険が迫り(矢島の在る南近江の領主・六角義治と、一族の敵・松永久秀、三好三人衆らが内通の情報)、矢島を出て若狭の武田義統(よしずみ)の許に向かうが、武田家は内紛が収まらず、越前国の朝倉義景の許へ移り、上洛への助力を要請した。実はこの時に、義秋は運命の出会いを果たしている。明智光秀との出会いである。光秀は流浪の末に朝倉家の家臣として仕えていた。その後しばらくして光秀は朝倉家を後にし、織田信長に仕えることとなる。この流れは、後の織田信長と義秋の関係に大きく影響しているという説は多い(流浪将軍「足利義昭」桑田忠親著等)。
朝倉義景は、義秋の経歴などから積極的に上洛の支援は行わなかったため、越前での滞在は長期間を余儀なくされた。しかしその間、義秋のもとには上野清延、大館晴忠など、かつての重臣や諏方晴長、飯尾昭連、などの奉行衆が参集し、室町幕府行政の実務を担っていた八奉行衆のうち、6名が越前の義秋に下向した。


義昭が上杉謙信へ送った書状(永禄9年)米沢市上杉博物館蔵

一方で、兄の足利義輝を暗殺した三好三人衆らが擁する足利義栄(よしひで)が、13代将軍義輝によって取り潰された伊勢氏(元政所執事)の再興を約し、朝廷と京に残っていた幕臣らへの諜略工作を続けていた。永禄11年(1568年)2月8日、足利義栄は摂津国に滞在のまま、将軍宣下を受け第14代将軍に就任した。しかし、特に幕府行政の実務を担当していた奉行衆が義秋に下向していたため、義栄が京に入っても将軍の職務を行うのが困難であったため、宣下後も京に入れなかったと言われている。

朝倉家滞在中の永禄11年4月15日、義秋は元服し、「義昭」と改名する(立会人に前関白のニ条晴良、加冠役は朝倉義景であった)。同年6月、織田信長の家臣となった明智光秀から、上洛への協力を信長が承知したとの使者を受け、義昭は朝倉家を出る決意を固め、同年7月越前から尾張へ入った。この時の信長は、室町幕府三管領家の一つ、斯波氏の家臣であったが、足利義昭を擁して上洛させ、自らの躍進の基礎を固めるには最適な大義が出来たと考えたことは、容易に想像できる。

義昭一行は、美濃国・西庄の立政寺(りゅうしょうじ)で信長と接見した。「信長公記」(江戸時代初頭に纏められた織田信長の一代記。著者は信長旧臣の太田牛一)によれば、その場の模様をこう記している。 『信長公は末席に鳥目千貫文を積み、太刀、鎧、武具、馬その他色々な物を贈り、その家臣達にまで贈り物や接待が大そうなものであった』(中川太古『現代語訳 信長公記』参考)


ここで初めて信長と接見した(立政寺)

それまでの義昭らは、ことごとく積極的な協力を得られず、朝倉家に入っても飼い殺しの状態であった。そんな義昭らにとって、立政寺の座敷に積まれた大金や武具の数々、そして贅を尽くした饗応を受けたことの動揺は如何ほどであったか。そして、他諸国大名の動きに対して美濃の国から尾張、伊勢へと勢力拡大を進めている織田信長の財力を目の前で見せつけられ、度肝を抜かれたに違いない。


好きなだけ使うがよい!by信長(イメージ画像)

この時、義昭31歳。初めて心底頼れる相手に巡り合え、信長の力を利用して自らの野望、正統な後継者による足利将軍家再興に確信を得た瞬間であった。

【将軍・足利義昭の誕生と幕府再興】
永禄11年(1568年)9月、信長との接見後僅か2ヶ月足らず。北近江の浅井氏・南近江の六角氏などの支持も受けた上で、織田信長軍と浅井長政軍の総勢6万兵の大軍に警護されて上洛を開始した義昭は、父・義晴が幕府を構えていた桑実寺(くわのみでら・滋賀県近江八幡市安土町)に遷座、そしてさらに進軍し無事京都に到着した。それまで義昭を取り巻いていた閉塞感はウソのように一気に晴れ、宿敵松永久秀と三好三人衆らの内部崩壊が始まる。足利義輝を暗殺してから3年間、京畿周辺を支配し幕府を操っていた久秀らといえども、6万の大軍に真正面から太刀打ちできるほどの勢力はなく、三好長慶(ながよし)の後継ぎである義継(よしつぐ)と久秀が信長に内通し、また、9月30日には病を患っていた14代将軍・足利義栄も死去した。
10月18日、朝廷から将軍宣下を受けて、ついに義昭は室町幕府第15代将軍に就任したのである(従四位下、左近衛権中将にも同時に昇叙し任官を果たす)。


三好家系図

将軍就任後、義昭は13代将軍義輝暗殺及び足利義栄の将軍就任に便宜を働いた近衛前久を追放、二条晴良を関白職に復職させた。また、幕府の管領家である細川昭元や畠山昭高らに領地を安堵し、兄の義輝が持っていた山城国の御料所も掌握して政権の安定を計った。一方、山城国には守護を置かず、三淵藤英を伏見に配置して統治した。幕府の内政実務には、再び摂津晴門を政所執事に据えることとし、義昭と行動を供にしていた奉行衆6人も職務に復帰して幕府の機能を再興した。更に伊勢氏当主も伊勢貞興を義昭に仕えさせた。
このような幕府の再興を見た島津義久は、喜入季久を上洛させて黄金100両を献上し、相良義陽や毛利元就らも料所の進上を行うなど最上級の敬意を表している。
一方、最も功労を報いなければならない信長には、「室町殿御父(むろまちどのおんちち)」の称号を与えた。将軍就任直後の10月24日、信長に対して宛てた感状で、「御父織田弾正忠(信長)殿」と宛名したことは有名である。
信長は、上洛の恩賞として尾張・美濃領有の公認と、旧・三好領であった堺を含む和泉一国の支配を望んだので、義昭は信長を和泉守護に任じている。更に、管領代または管領の地位、そして朝廷への副将軍への推挙を申し入れたが、信長はこれを断っている。将軍となって義昭は、当然のことのように信長の地位を自分の下位に置き、幕府安泰を図ろうとしたのであろうが、元々信長の狙いは自らの天下取りであった故、副将軍の称など不要であった。


信長はすでに天下を見据えていた(岐阜駅前銅像)

【信長との決別・対立】
これまでの足跡を見ると、信長にとっての義昭は、自分が上洛するためだけの道具として利用してきたのではなく、他の大名に対する仲介役としての義昭の存在があった。当時の織田家には無い全国区の影響力が将軍家には存在したのであるから、それを利用出来るという利点である。
他方、義昭にとっては、信長上洛の野心に迎合しながらも、名実共に有力大名の仲間入りを果たしつつ、着実に力を蓄えていた信長という後ろ盾を得て念願の征夷大将軍となり、且つ信長に利用されることで攻撃を受けないという地位保全も図れた。また、時代は戦国の世。将軍家といえどもすでに絶大な権力は保持しておらず、誰かに利用されることも無くなれば、その存在意義を失うこととなる。そのことを義昭は分かっていたのであろう。自分が信長の操り人形と自覚していてもなお、長く利用され続ける道を選んだのである。

しかし、それもやがて終焉の時を迎え、義昭は信長にとって利用価値以上に厄介な存在となり、義昭もまた信長の存在を疎ましく思うようになっていくのである。
義昭には人並み外れたプライドの高さと、自負心がみなぎっていた。それを証明するには、現代の政治家に義昭を重ねるといい。政治闘争は、当人が第一線から引退することで終止符が打てる。どうしようもなくなってから引退する、させられる政治家は多い。しかし、現役にこだわり続ける政治家には、一種の「負けじ魂」のような頑固さと、高いプライドが備わっている。善し悪しは別にして、政権末期の吉田茂やロッキード判決以降、病に倒れるまでの田中角栄などが代表格である。
後に京を追放され、毛利氏の庇護下に置かれた義昭は、幕府機能を停止するどころか、御内書(将軍の添え書きが入った手紙)などを発給し続けるのだが、それは正に、「我こそが征夷大将軍、足利義昭であるぞ!」という自負の表れであろう。


足利義昭の御内書は数多く残っている(大阪城展示)

将軍となった義昭は、諸国の大名達に自らの存在をアピールするため、特に有力な大名には頻繁に書状をやり取りしている。また、信長一辺倒では、万一信長が滅びた場合に連座する恐れが強い。これは、信長依存を最小限に留め、出来るだけ多くの有力大名と親交を持つことで自立しようと考えた結果とも言える。当然、その中には反信長の大名も含まれていた。幕府再興が実現し、義昭に余裕が生まれてきたころから、義昭の行動が目立つようになり、信長もこれを放置することが出来なくなった。信長は義昭の将軍権力を制約するため、永禄12年(1569年)1月14日、殿中御掟という9箇条の掟書を義昭に承認させ、続けて翌年1月には、更に5箇条を追加した。義昭はこれも承認したが、義昭が殿中御掟を全面的に遵守した形跡は残っていない。

《アラカルト》改元(元号を改めること)と将軍権威の誇示 足利義昭は、自らが将軍に就任した際、元号を「元亀」と改元するよう朝廷に奏請した(『言継卿記』永禄12年4月8日条他)。しかし、織田信長はそれが将軍権威の復活に繋がること及び、正親町天皇の在位継続中に改元は必要ないと反対した。義昭は、朝廷を説得するために実行費用の名目で5千疋(反物の数量)もの献金を実施(『康雄記』同4月6日条)し、信長が朝倉氏討伐に出陣して留守となる日を待って、4月23日に改元を実行している。
『信長公記・巻六』によれば、元亀3年(1572年)9月、義昭に出した17条の意見書で、「元亀の年号、不吉に侯間、改元然るべしの由、天下の沙汰につきて、申し上げ侯」と、改元するよう申し出ている。義昭追放後に信長自身で改元を実行させたことからも、元亀の年号は信長にとって実に不愉快なものだったに違いない。

【義昭の反逆~そして終焉】
前述した17条の意見書提出依頼、義昭と信長の仲は抜き差しならないところまで破綻していた。義昭は信長との距離を開きながら、独自外交の中で実質的に反信長で動き始めていた。
東では武田信玄が上洛を開始し、元亀3年12月22日、三方ヶ原の戦いで信長の同盟者・徳川家康の軍勢を破る。すると、信長は窮地に陥り、義昭は山岡景友(六角義賢の重臣で幕府奉公衆)を山城半国守護に任命する。だがその後、朝倉義景が越前に撤退してしまっていたため、義昭は翌年2月、朝倉義景に再び出兵するように求め、朝倉一族に対して兵を京都郊外の岩倉に出すように命じている(『牧田茂兵衛氏所蔵文書』天正元年2月29日付義昭文書)。

元亀4年(1573年)正月、信長は実子を人質として差し出すと義昭に和睦を申し入れたが、義昭は信じず、近江の今堅田城と石山城に幕府の軍勢を入れ、あからさまに反信長の旗を揚げた。しかし、信長軍の攻撃を受けると数日で両城は陥落した。その頃、東では武田信玄の病状が悪化したため、武田軍は4月に本国への撤退を始めるも信玄死去。

義昭は、洛中の居城である烏丸中御門第(なかみかどだい)に籠り抵抗を続けた。信長は再度和睦を要請したが、義昭は信用せずこれを拒否したため、信長は威嚇として幕臣や義昭の縁者が居住する上京全域を焼き討ちした。そして烏丸中御門第を包囲して、義昭に圧力をかけたうえ、再度朝廷に工作し、4月5日に勅命による講和が成立した。しかし、7月3日、義昭は講和を破棄し、烏丸中御門第を公家奉公衆に預けたうえで、南山城の要害・槇島城(山城国の守護所)に移り三度挙兵した。しかし、烏丸中御門第の留守居は、僅か3日で降伏し、槇島城も織田側7万の軍勢により包囲された。7月18日に織田軍が総攻撃を開始。槇島城は破壊されたため、家臣に促され義昭は降伏した。

信長は、義昭を京から追放し、足利将軍家の山城及び丹波・近江・若狭ほかの御料所を剥奪し自領とした。続いて、7月28日、元号を天正に改元。同年8月には朝倉氏、9月には浅井氏も滅亡し、義昭が仕掛けた信長包囲網は完全に崩壊した。この時を以って、室町幕府の滅亡とする歴史書は多い。


足利家系図(歴史研究所)

【義昭の天運と生き様に見る生き残り術とは】
朝廷では、追放後の義昭に対し、将軍の別称である「公方」「武家」と呼ぶことを認め、引き続き将軍としての地位を与え続けた。新たに天下人となった織田信長に対しては、その呼称を用いることはなかった(『公卿補任』)。
また、義昭も将軍職としての政務を続け、伊勢氏、高氏、一色氏、上野氏、細川氏など、室町幕府の中枢を構成した奉公衆や奉行衆を伴い、近臣や大名を室町幕府の役職に任命するなどの活動をその後も行っていた。そのため京畿周辺の信長勢力圏以外では、追放前と同程度の権威を保ち続け、それら地域の大名から献金も期待できた。更に、京都五山の住持任命権なども足利将軍家に存在したため、その任命による礼金収入は存在していたため、滅亡してなお、相当裕福な暮らしを送っている。


自ら利用価値を発信し続けたからこそ…(義昭像・霊陽院)

生死を懸けた日々を過ごさねばならない戦国時代。群雄割拠の中で現代にも語り継がれる武将・織田信長を相手に、ここまで生き抜いてきたのは義昭だけであろう。幼少から仏門に入り、武勇や政治とは無縁であった人物が、29歳にして突如命を狙われ、流浪の年月を送りながら最高権力にまで上り詰めた精神力と運は、常人のものではない。その意志の強さと、織田信長という誰もが恐れた武人を相手に、全国の諸大名と外交を展開し、あと一歩のところまで信長を追い詰めた政治力には呆れるほどの胆力を認めざるを得ない。
その生き様には、執念ともいうべき生への執着心と、緻密でありながら時に大胆な行動力を垣間見ることができる。そして、持って生まれた将軍家という金看板をフルに活用した政策実行力である。これが結果として他からの利用価値に繋がり、価値があるから滅ぼされないという、「生き残り術」に繋がって行ったのである。

現代社会に於いて、どのような待遇や地位に在っても生き残る術とは、自らの持てる才能、環境、境遇などを最大限に利用し、努力を惜しまず磨き上げ、利用価値を世間に知らしめること。これで貴方も滅ぶことはないのである。


貴方に利用価値は在るか?(イメージ画像)