トップページ > 2015年5月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

5月です♪「さてさて、5月といえば…」というところから、コラムのネタ探しが始まります。5月の行事や5月の旬の食材など、いろいろと頭の中に描きながら今月のコラムの題材を決定します。
今回の最終候補にあがったネタは、"5月病"と、旬の食材"たけのこ"。「さてさて、どっちのネタでいきましょう~」と思っていたら、なんと"5月病"対策の食材に"たけのこ"を発見!「これはこれは…」ということで、今月は"たけのこ"レシピに決定ですっヽ(^o^)丿

How Are You?4月~6月の旬の食材といえば"たけのこ"が一番に頭に浮かびます。春の訪れを感じさせる食材ですよね~。3月の終わり頃から、スーパーの入り口付近にドーンと並びます!買い物に来たお客さんはそれを見て、「あ~春がやってきたね♪」と、季節を感じるのでしょうが、私の場合はちょっと違います。4月の休日と5月のゴールデンウィークは、決まっておじいちゃん&おばあちゃんとの"たけのこ掘り"というお仕事が予定されておりまして…。

ドンゴロスを自転車に積んで裏山の裾に出動!ドンゴロスってご存知ですか(…てか、これって方言?全国で通じる言葉なのかな~)?ドンゴロスっていうのは、大きな麻袋なんですけどわかります?おじいちゃんは、お豆腐屋さんをやっていたので、"たけのこ掘り"には原料の大豆が入っていた袋(ドンゴロス)を持っていって、収穫したたけのこを入れて帰ってくるのです。ナイロン製の袋では、たけのこを入れると穴が空いて、そこから破れたり裂けたりするけれど、ドンゴロスは丈夫で手荒に扱っても破れたり裂けたりすることはありません!また、収穫したたけのこを詰め込んだ後、山の中腹から転がしても藪の中で引きずっても、麻の織り込みが中身のたけのこを守ってくれるのでたけのこ掘りには最適なのです。皆さんが見たことがあるもので言うと、"コーヒー豆などが入っている茶色の粗い目の袋"がイメージ的には近いでしょうか。喫茶店やコーヒー専門店等に置いてあったりしませんか?インテリアとして飾ってあったりとか…。ま、うちの大豆のドンゴロスは、コーヒー豆のドンゴロスより分厚くてデカかったので、空っぽの状態でも結構、重かったのを覚えています。幼稚園児には、ちょっとした力仕事でした~(汗)。

たけのこは、春の訪れとともにニョキニョキとものスゴイ勢いで成長します!ひと雨降ったら、大変大変!!収穫時期は短期間なので、たけのこが出始めたら毎日毎日たけのこ掘りです。地上に顔を出してしまったらエグくなるので、地下にあるたけのこを探します。ズカズカと藪に入ってはいけません!まずは、藪の土壌を観察します。土が少し膨れ上がっているところや、土がひび割れているところが狙い目です。おじいちゃんが「ここら辺に3つ程あるなぁ~」と指差すところを目をサラのようにして見ても、私にはたけのこの姿は見えません。おじいちゃんが、土を掘り始めると土の中からたけのこの芽が…まだ、地中にあって地上に芽を出していないたけのこの芽は、緑色ではなく黄色!アスパラガスと一緒?日の光に当たると緑になるんです。私が自分で探せるようになったのは、小学校に入ってからかなぁ~見つけた時の喜びは格別です!山びこがかえってくる程の大きな声で「あった~!!!」と思わず叫んでしまう程。因みに、おばあちゃんは、ゼンマイを摘みながら足の裏でたけのこを探します。おばあちゃんのお目当ては、たけのこというよりゼンマイや山菜なので、たけのこを見つけても私のようには叫んだりしません(笑)。たけのこを見つけたら、黙ってたけのこの芽が見えるところまで、足でゴイゴイと掘ってそのまま山菜を求めて進み続けます!おじいちゃんが、おばあちゃんの見つけたたけのこを、次から次へと掘り出して収穫していくという絶妙のコンビネーション♪あうんの呼吸のたけのこ堀り最強コンビ!でした。

たけのこは、時間が経つにつれてエグ味がどんどん増すので、家に帰ったら速攻で下処理開始です!

■たけのこの下処理!生たけのこのゆで方
  1. 土や泥を洗い流します。
  2. 外側の皮を2~3枚むいて、皮だけに縦1本切れ目を入れます。
  3. 鍋に2.を入れ、たっぷりの水を注ぎます。
  4. 3.に、米ぬかと赤唐辛子(鷹の爪)を入れて、落しふたをして火にかけます。
  5. 煮立ったら弱火にして1時間程ゆでます(途中でゆで汁が減ったら水を足します)。
  6. 根元に竹串等を刺して、すっと通ったら茹で上がり!ゆで汁につけたまま冷まします。
  7. たけのこを取り出して洗い、切れ目から皮をむきます。
  • ※吹きこぼれないように火加減に気をつけましょう。
  • ※生のたけのこを買う場合には、家にある鍋の大きさを想定して!
    何も考えずに欲ばって大きなたけのこを買ってしまうと、当然のことながら鍋に入りません…
  • ☆茹で上がったら、ゆで汁につけたまま、半日~1日かけて冷ましてください!
  • ☆すぐに調理しない場合は、水にさらして冷蔵庫で保管(水は毎日交換!2・3日で使いきりましょう)。
米ぬかがない場合には、米のとぎ汁やおからでも大丈夫です。お茶パックに生米を入れたものをお鍋に入れてもOKですが、たけのこが大きい場合や数本ある場合には、やっぱり米ぬかの方がいいと思います。

次に、基本的なたけのこの切り方を紹介します。
料理ごとにあった切り方をすると料理がグンとレベルアップします!逆に切り方を間違えると、せっかくの素材が"残念なこと"になってしまいます…たけのこに限らず、お料理の際には材料の切り方にご注意ください。

■たけのこの切り方
▽ 輪切り
根元の太くて固い部分をおいしくいただくための切り方のひとつで、主に煮物にする時に使います。
  1. たけのこの根元の部分を使うので、根元を切り落とします。
  2. これを横向けに置いて、端から好みの幅で切っていきます。
▽ 半月切り
輪切りと同様、根元の太くて固い部分をおいしくいただくための切り方のひとつで、主に煮物にする時に使います。
  1. たけのこの根元の部分を使うので、根元を切り落とします。
  2. これを縦向けに置いて、半分に切ります。
  3. 半分に切ったものを横向けに置いて、端から好みの幅で切っていきます。
▽ クシ型切り
穂先の形を利用して三角形に切る切り方で、できあがりは本物の"櫛"のような形になります。含め煮や若竹汁などにする時に適した切り方です。
  1. たけのこの穂先から8cm程のところを切り落とします。
  2. これを縦半分に切ります。
  3. 2.をさらに縦半分に切ります。
  4. 3.を縦に2~3等分します。
▽ 薄切り
穂先は縦の薄切りに、真ん中は半月切りに、根元はいちょう切りに!たけのこの部分ごとの特性を活かした切り方です。たけのこご飯や炒め煮にする時に適した切り方です。
  1. 穂先は縦半分に切り、切り口を下にして、端から好みの薄さに切ります。
  2. 真ん中は縦半分に切り、切り口を下にして、端から好みの薄さに切ります。
  3. 根元は縦の4等分にしたものを、いちょう切りにします。

たけのこを下処理して、そのまま冷凍保存すると、水分が抜けた感じになってスカスカになります。一度凍って解凍された後も、水分が抜けた感じにならず、ジューシーでおいしく食べられる冷凍保存方法をご紹介します。

■たけのこの冷凍保存方法
  1. 下処理(ゆでた)たけのこを、解凍してから料理する材料の大きさに切ります。
  2. ビニール袋に1.を入れ、砂糖(上白糖)をまぶして振ります。
  3. 砂糖が馴染むまで常温で少し時間をおき、冷めたら冷凍庫に入れます。
  • ※冷凍庫に入れる時に、次回に使う分に小分けして冷凍すると便利!
  • ※砂糖をまぶしたビニール袋ではなく、別袋や容器にキレイに冷凍すると使いやすいです。
煮物をするときなど、解凍せずにそのまま凍ったままのたけのこを入れて調理できるので楽ですよ!

"たけのこ"のことばかり力説して、"5月病"のことを忘れておりました。
頑張ろうと思っても、なんとなくやる気が出ない、体がダルい、寝つきが悪いなど、原因不明の症状が…。希望と意気込みに燃えてスタートし、緊張とやる気と気合でなんとか4月を乗り越えたものの、連休を過ぎた頃から張りつめた心の糸が切れてしまい、新しい環境に適応できずに精神面のバランスを崩すのが…いわゆる"5月病"です。
ところで皆さん"新5月病"というのをご存知ですか?新5月病というのは、5月病が変化したのではなく患者の年代に幅が出てきたので"新"をつけるようになったことが由来らしいです。5月病は新しく社会に出て行く人や学生によく見られる症状ですが、新5月病は年齢層が20代後半~50代と幅広くなりますが、症状は5月病と同様です。
新5月病は、環境の変わったベテラン社会人に多く、部署異動・転勤・転職等で職場の環境の変化に対応できない場合によく見られます。

人は、急な環境の変化に対してとてもストレスを感じます。温度変化や湿度変化、引越し、出張、配置転換、転職など…新しい人間関係など多数の環境の変化があり、それにうまく適応するまでストレスを感じます。5月病の原因はストレス!ストレスは自律神経の異常を引き起こすため精神的な症状が出現するのです。ストレスは環境や人間関係によるものもありますが、栄養不足からくる肉体的なストレスもあります。ストレス解消に効果のある食べ物を積極的に摂るようにしましょう。
"5月病"と食事って関係あるの?という疑問の声もあるでしょう。"5月病"のような精神的な面と食生活には意外な関係性があります。例えば、うつ度が高くなる程、朝食を欠食している傾向がみられ、夕食を一人で食べている孤食もうつと関係していると言われています。

5月病は、ゴールデンウィーク明けから症状が現れ始めます…まさに"今"でしょ!
そんな5月病を乗り切るには、美味しい料理が効果的♪5月の美味しい旬の食材を使った料理を食べて…シャキシャキシャキーーン!と"5月病"にならない心と身体を作りましょう!
5月病の予防や改善に効果がある食材…それは、タイミングよく"5月が旬の食材"なのです♪

●5月が旬の食材の代表格(一部抜粋)
  • 【果物】いちご
  • 【魚・海藻類】かつお、マグロ、カレイ、わかめ
  • 【野菜】キャベツ、たけのこ、アスパラガス、さやえんどう(絹さや)、じゃがいも、玉ねぎ、ピーマン
5月が旬の食材の中で、今回注目したいのが"たけのこ"です。10年程前までは、栄養学的には何もなく、香りや歯ざわりの食感を楽しむだけの食材…という扱いを受けていたたけのこですが、最近になってたけのこには"やる気を高める成分"が含まれていることがわかり、5月病対策としての食材としても注目されています!たけのこに含まれている"チロシン"は、脳を活性化させてドーパミンやノルアドレナリンなどの精神伝達物質の原料となるのです。たけのこをゆでると、節の隙間に白いモロモロとしたものが入っています…これはチロシンが結晶化したもの!せっかくの成分ですから、取り除かずそのまま料理しましょう。また、たけのこには、アスパラギン酸という疲労回復に役立つ成分も含まれています。
もちろん、"たけのこ"だけで5月病を解決できるわけではありません!精神的なストレスを解消したり、規則正しい生活習慣をつけたいのに、やる気が湧いてこないな~という時は、是非"たけのこ"を補給してみてください♪

また、脳が働くためのエネルギー源となるのはブドウ糖だけ…ってご存知ですか?ブドウ糖は、主に炭水化物に含まれています。"チロシン"はブドウ糖と組み合わせることで、より効果よく脳にパワーを送り込むことができます。炭水化物と聞いて、一番に頭に浮かぶのは…ご飯!!"チロシン"と"ブドウ糖(炭水化物)"の組み合わせ!?それは、"たけのこ"と"ご飯"の組み合わせ…つまりは『たけのこご飯』~♪ということで、たけのこご飯は、とても理にかなった食べ方だったのです!!

…ということで、今月のレシピは"5月といえば…5月病?旬の食材"筍"食べてシャキシャキシャキーーン!"たけのこご飯をご紹介いたします♪

▼たけのこご飯
シンプルがおいしい♪たけのこの風味を活かしたい時は、他の具材を入れないで上品な味わいで…
▽材料
  • ゆでたけのこ:200g
  • だし汁:700cc
  • 醤油:大さじ3~4
  • 塩:ひとつまみ
  • みりん:大さじ1~2
  • 酒:大さじ1~2
  • お米:3合
  1. たけのこは、半月切りから一口大のいちょう切りにします。
  2. だし汁に調味料を入れ、煮立てたところに1.と2.を加え10分程煮てしっかり冷まします。
  3. お米を研ぎます。
  4. 2.を、具と汁に分け、具の水分は軽く水分を切っておきます。
  5. 3.のお米をお釜に移し、4.で分けた汁を加えます。
  6. 5.に、4.で分けた具を入れて30分~1時間程置いてから炊きます。
  7. 炊き上がったらよく混ぜて10分程蒸らしたら出来上がり!
  • ※お釜に入れる汁は、具の水分を考慮して、白米を炊く場合より少し少なめに!
  • ★塩の代わりに昆布茶を入れると、隠し味で旨味アップ♪
  • ★塩の代わりに塩麹を入れても、超~ウマウマ!
  • ☆お茶碗に盛り、木の芽をそえる…たけのこと木の芽の香りが美味。
▽いろいろ具材をプラス
いろいろ具材をプラスすれば、具材の旨味が出て美味しさも倍増~♪
  • ・にんじん
  • ・油揚げ
  • ・鶏もも肉
  • ・しいたけ  …などなど。

▽たけのこご飯のアレンジレシピ(材料紹介)

▼中華風のたけのこご飯
和風もいいけど中華風もウマウマ~♪ごま油で最初に具材を炒めておくのがポイント。
▽材料
  • 豚こま切れ肉
  • ゆでたけのこ
  • にんじん
  • ごま油
  • 中華スープの素
  • 醤油
  • 砂糖
  • こしょう
  • オイスターソース
  • 刻みネギ
▼具沢山のたけのこご飯
イロイロ入って飽きない味!炊き込む前に、具材を炒めて味をつけしっかりが旨ウマのコツ。
▽材料
  • 鶏もも肉
  • しいたけ
  • ゆでたけのこ
  • にんじん
  • 油揚げ
  • 醤油
  • 砂糖
  • みりん
  • 本だし
▼生姜風味のたけのこご飯
生姜の香りがよいよいよい!!さっぱり仕立ての大人風味♪
▽材料
  • ゆでたけのこ
  • 油揚げ
  • 生姜
  • だし汁
  • 醤油
  • みりん
▼ごま油風味のしめじたけのこご飯
ごま油の美味し~い香り♪具材をごま油で炒めてシッカリ味を。
▽材料
  • しめじ
  • ゆでたけのこ
  • にんじん
  • ごま油
  • 砂糖
  • めんつゆ
▼バター風味のあさりたけのこご飯
醤油バターの風味がいい感じ!海と山の美味しいコラボご飯♪
▽材料
  • あさり
  • ゆでたけのこ
  • 醤油
  • バター
▼ツナ&コーンのコンソメ風味のたけのこご飯
つぶつぶコーン&コーン汁にツナ♪旨味たっぷりで塩要らず!
▽材料
  • ゆでたけのこ
  • ツナ缶
  • コーン缶(粒)
  • コンソメ顆粒
  • だしの素
▼しらす入りのたけのこご飯
カルシウムたっぷりでしらすのよい香り♪食べ過ぎに注意!!
▽材料
  • 醤油
  • みりん
  • だし汁
  • だし昆布
  • にんじん
  • ゆでたけのこ
  • しらす干し
▼バター醤油のベーコンたけのこご飯
コッテリ濃厚なたけのこご飯!あっさりたけのこに、こってりベーコンが合う~♪
▽材料
  • ゆでたけのこ
  • ベーコン
  • バター
  • 醤油
  • めんつゆ
▼ホタテ入りのたけのこご飯
春の食材を使った季節感あふれるたけのこご飯!
▽材料
  • ゆでたけのこ
  • ホタテ貝柱
  • 生姜
  • 醤油
"チロシン"は、体内でヨードと合成されてチロキシンという甲状腺ホルモンの材料となります。ヨードといえば…わかめ!!"チロシン"と"ヨード"の組み合わせ!?それは、"たけのこ"と"わかめ"の組み合わせ…つまりは『たけのこの若竹煮』~♪ということで若竹煮も、とても理にかなった食べ方だったということです!!さらに、たけのことわかめは"旬の出会い"でもあるわけで~昔の人は健康によい食べ方を、経験的にご存知で実践されていたのですね。その季節の旬の食べものが、その季節に応じて心身の健康に役立つ"自然からの恵み"として与えられているということです!食材を知り、食材の味が一番引き出される時期に食べることで、心身ともに栄養を摂取することができる…昔から「初物を食べると長生きできる」なんて言われている所以はここらにあるようです♪

"たけのこ"についてばかり熱弁しすぎたので、ここでもう少しだけ"5月病"についてお話したいと思います。 春になると多くの人がゴールデンウィーク明け頃から心身の不調に悩まさせられます。体の重さやダルさ、睡眠をとっても疲れがとれない…そして喪失感と無力感もプラスされてストレス溜まりまくり~。結果、ストレスにより体内に必要以上の活性酸素が生み出された結果、いろいろな心身の疾患を引き起こしてしまう…いわゆる"5月病"の一丁上がり!

▼5月病の症状
  • 何をするにもやる気が起きない
  • なんだか不安感でいっぱいになる
  • ふさぎ込むことが多くなる
  • 思考がネガティブになる
  • 体がダルい
  • 思考力が低下する
  • 集中力が低下する
  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸
  • 胃痛・腹痛
  • 食欲不振
  • 疲れやすい
  • なかなか寝付けない・眠れない
▼5月病の原因
  • 新しい環境で人間関係で苦労している
  • 単身赴任・一人暮らしで生活環境が大きく変わった
  • 目標を達成した後、次の目標が見つからない
  • 達成感いっぱいで、いつまでも開放感がダラダラと続く
  • 想像していた生活と現実とのギャップがあり過ぎる
人によって症状に差異はありますが、5月病と感じる3大症状は「やる気がでない」「イライラする」「朝、起きることができない」…2人に1人は、自分を"5月病"ではないか!?と感じたことがあるという統計結果があります。ストレス社会と言われる現代において、環境の変化が大きいこの時期に、半数以上の人が「自分は5月病だと感じている」わけです。つまり、新生活を始めた方や何かしら環境の変化があった方であれば、5月病は誰もが感じる一般的な不調だと思ってもよいのではないでしょうか?(なお、ゴールデンウィーク中の夜更かしや、飲み会等で生活のリズムが乱れることも5月病につながることがあるのでご忠告申し上げます…。)

誰しも5月病に成り得る可能性がありますが、5月病になりやすい人となりにくい人の違いは?

▼5月病になりやすい人
  • おとなしく内向的な性格の人
  • 几帳面でキッチリしている人
  • 計画的で真面目な人
  • 気配り気遣いのできる人
  • 我慢強い忍耐力がある人
  • 完璧主義な人
  • 融通が利かない人
  • 責任感が強い人
  • 感情を表に出さない人
  • 考え込むタイプの人
真面目で責任感が強く内向的な人ほど、5月病になりやすい傾向にあるようです。
そもそも"不真面目で責任感もなく忍耐力もない人" は季節を問わずいつでものんびり過ごしているわけで、5月病は適応障害の一種で、外的・内的要因によるストレスと自分の処理能力のバランスが崩れた時に症状が発症すると考えると、"真面目で責任感があり忍耐力がある人"ほど、ストレスを多くためこみがちになることは予想できますよね。

自分と周りを比べることから起きる精神的な圧迫感やあせり、自信喪失などが原因で無気力感に襲われないようにするために「これは誰でも感じることなんだ」と割り切ることが大切なのかも!周りに振り回されずに、お気楽にいきましょう~\(^o^)/

▼5月病になりやすい人への"お気軽"になるためのアドバイス
おとなしく内向的な性格の人 …
前向きな思考でいられるように、早寝早起きのリズムを心がけましょう!
几帳面でキッチリしている人 …
仕方がないとうまく受け流すことを意識!鈍感な側面があってもいいのでは?
計画的で真面目な人 …
考えすぎず、仕事が終わったらオン・オフの切替えを!
気配り気遣いのできる人 …
休息を大切に!毎日10分"何も考えない(瞑想)時間"を実践してみては?
我慢強い忍耐力がある人 …
発散する場を持ちましょう!車の中で大声で叫んでみるとか?
完璧主義な人 …
完璧にする必要性が誰かにとって良い影響を与えているか等を総合的に考慮してみましょう!
融通が利かない人 …
視野を広く持ちましょう!自分とは違うタイプの人と話をしてみては?
責任感が強い人 …
肩の力を抜きましょう!自分一人で抱えきれないことは人に頼むようにしてみては?
感情を表に出さない人 …
スッキリすることが大切!心の中にある不満をカラオケボックスで叫んでみるとか?
考え込むタイプの人 …
スポーツや旅行、趣味など没頭できることを取り入れてみては?
私の個人的な意見ですが、上記の性格を直す必要はないと思います。性格としては"キチンとしたいい性格"だと思います!ただ几帳面でキッチリし過ぎている人、気配り気遣いし過ぎる人、我慢し過ぎる人…などなど、マイナス要素となる原因は"過ぎる"場合…何事においても『過ぎたるは猶及ばざるが如し』です。上記の性格のままで"お気楽さ"をプラスして、ガス抜きしましょう!
特に完璧主義な人は、5月病だけでなく、うつ病にもなりやすい体質だと言われています。完璧にしたい気持ちはわかります(私もどっちかというと完璧主義なので…)が、完璧にする必要性が自分以外の誰かにとって良い影響を与えているか、ただの自己満足に陥っていないかを考えてみると歯止めが効くのかなぁ~と思います。高田純次さんを意識するのもいいかもしれません(笑)。(なお、上記アドバイスには、何の医学的根拠もありませんので悪しからず…。)

自分が上記の"5月病になりやすい人"にあてはまる…と感じた人は、早速に5月病対策を始めましょう!まだ症状のない方も、既に5月病の症状がある方にもオススメの4つの予防・対処法です。

▼5月病対策
◎コミュニケーション
職場の同僚や同期、家族や友人などとのコミュニケーションの機会を大切に。
友達と話をしたり一緒にご飯を食べる!信頼できる相手に悩みを話すだけでもストレスは軽減されます。
◎食事
人間の心身が食べたものでできているからには、どんなものを食べるかということが非常に重要な問題です。 脳内の神経伝達物質であり、感情をコントロールするホルモンのセロトニンは、別名"幸せホルモン"と呼ばれています。セロトニンは、動物性タンパク質のトリプトファンを原料に合成され、偏った食事では脳への取り込みが阻害されます…難しいことはよくわかりませんが、栄養バランスのいい食事を摂る!食事での栄養バランスは重要ということです。
◎睡眠
睡眠は心と身体の回復に重要な役割を果たします。
しっかり睡眠を摂る!睡眠の質を上げることも大切です。
◎リラックス
オフの日は自分の好きなことに時間を費やし、仕事のことは忘れた方がいいです。
自分が好きなことをしてストレス発散をする!リラックスするとセトロニンも分泌しやすくなります。幸せホルモン"セトロニン"は、太陽の光を浴びたり、リズミカルな全身運動、大きな声を出したり、深呼吸をすることでも増えるんだそうですよ~\(^o^)/
大きな声を出したり、深呼吸するだけでも効果ありなんですね!これは簡単誰にでもできる!!早速、日常に取り入れねば…。
その他にも、人間は香りによって気持ちを落ち着かせることができます。アロマテラピーでは香りで5月病を克服…寝る前にアロマオイルをハンカチ等に数滴垂らして枕元に置くだけでもOK!もちろんアロマポットやアロマバスも~♪ハーブなら、セントジョーンズワートが効果的だそうです。古代ギリシャ時代から「悪魔を祓うハーブ」として使用されていたそうで、ふさぎ込んだ気持ちを明るい気持ちにさせる効果があるそうです!その他には、カモミール・バレリアン・パッションフラワーなども試してみてはいかがかな~♪
5月病は脳内の伝達物質の問題によって引き起こされるので、脳内にも十分な休息が必要となります。睡眠不足は、頭痛・めまい・下痢にもつながると言われていますので、質の高い睡眠を摂ることが大切です。心の中にある不満や不安を、車の中やカラオケボックスで大声で叫ぶ!とにもかくにも、スッキリすることが大切なのです。

新人に限らず、中堅社員やベテラン社員でも、転勤や転属などの思わぬ環境の変化から"新5月病"を発症することが増えています。周りに振り回されずにコツコツと、自分の目指す方向に進むことで、自然と新しい環境にも適応することができるでしょう。

▼5月病にならないための10ヶ条
  • 「○○せねば!」の完璧主義をやめる!
  • 焦らない
  • 一人で悩まない
  • 己を知る
  • 規則正しい生活をする
  • 食生活に気をつける
  • 睡眠を十分に摂る
  • 気分転換する
  • 自分の時間を確保する
  • 不必要なプライドを捨てる
運動で汗をかいてサッパリする!友人と飲みに行ってストレス発散!規則正しい生活をして体調を整える!散歩に出て気分転換をする!ショッピングをしてスカッとする!ストレスが原因だといわれている5月病ですから、ストレスを発散させればいいわけです。
また、ストレスは、健康だけでなく美容の大敵でもあります!ストレスを感じたらその日のうちに解消することで、心身の負担は大いに軽減できます♪医食同源とはよく言ったもんで、おいしいものを楽しくリラックスして食べるのがストレス解消にも健康にも美容にも、全てに効果あり!まずは忙しくても"1日3食落ち着いて食べること"がストレス対策の基本です。

ストレスを感じると苦味のあるものがおいしく感じられるらしい…それは抗酸化作用によって身体の細胞をサビつかせて傷つける活性化酸素の働きを抑えるポリフェノールの効能と効果を無意識に心身が欲しているからだと言われています。実際に、ストレスがない状態では、苦味をそれほどおいしいと感じなくなる仕組みがあるそうです。ポリフェノールが含まれている食べものには、お茶・ワイン・ビール・チョコレート・ココアなどがあります!普段、ストレスを感じた時に口にしているものは、無意識とはいえストレス緩和効果が高いものと言えるようです。
最近、やたらとチョコレートを食べるようになったあなた!白ワインが好きだったのに、近頃は赤ワインにはまっているあなた(…それ私やん!!)気づいてないだけで、もしかしてストレス溜まってきてるんじゃありませんか!?もしかして"5月病"の症状あり…なのでは?

▼5月病を乗り越える5つのステップ
  1. ストレスに感じ、自信を失っていることが何であるかを探し出す
  2. 「何に無理をしているのか」洗い出してみる
  3. 不満を口に出して愚痴ってみる
  4. 無理をしてきた自分にねぎらいの言葉をかける
  5. 今起きていることで、得られたことは何かを考える
「健康管理も仕事のうち」と松下幸之助氏も述べているように、社会人にとって健康管理は非常に重要です!健康を損ねてしまっては、元も子もない…日頃から、体調に気を遣うように心がけていきましょう。

5月病はたいていの場合、一過性の心身の不調なので、だいたい1~2ヶ月程で自然と環境に慣れ、症状がよくなるとされています。一般に「若者の通過儀礼のようなものだから、放っておけば治る」と言われているのはある意味正解です。そもそも医学の教科書に"5月病"という病名はありません。5月病は医学的には"適応障害"とういう病気に分類されるという意見が主流です。
しかし、5月病をもし風邪のようにこじらせてしまった場合、気がついた時には深刻な状態になっている…ということもあります。うつ症状を持つ人はチョコレートをよく食べ、症状が重い程食べる量が増える…という研究結果がアメリカで発表されています。心身の不調がなかなか治らない場合や、睡眠を十分に摂っているのに悩みや疲れが消えない状態が1ヶ月以上続く場合は、"5月病(適応障害)"が軽度の"うつ病"に移行している場合があります。仕事や勉強、家事などにやる気がなくなるだけでなく、好きな趣味など、以前は興味があったものにも関心がなくなったりする場合は要注意!すぐに病院を受診してください。専門の病院である心療内科や精神科を受診して相談をしましょう。

"5月といえば…5月病?旬の食材"筍"食べてシャキシャキシャキーーン!"
『旬』と『筍』って煮てる(!?)…
もとい、似てるね♪
…ということで、
ストレス発散してお気楽にガンバりまっしょぃ!

「元気ですかー!元気が一番!元気があれば何でもできる!」アントニオ猪木氏も叫んでいます!
いつも元気 に!そして闘魂注入だっ~~!!