トップページ > 2015年4月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

咲いた~咲いた~チューリップの花が~♪
春が来ました!4月と言えば、桜に、菜の花、そしてチューリップ!イメージされる方が多いのではないでしょうか?そんなわけで、今回4月のコラムは“チューリップのお料理レシピ”をご紹介したいと思います!

チューリップ?お料理?花を食べるのか!?チューリップの花って食べれるの??球根…喰う???
ご安心ください!食べようと思えば食べられないことはないと思いますが、今回の素材はお花のチューリップではありません。“チューリップ”といってもイロイロありますから...。
1970年代に結成された博多出身のバンド!有名どころは「心の旅」「青春の影」「サボテンの花」「虹とスニーカーの頃」等々、皆さんも一度はどこかで耳にしたことがあると思います。ロックでもないフォークでもない新しい音楽分野「ニューミュージック」を開拓したバンドのひとつ“チューリップ”です。“チューリップのお料理”…財津和夫さんの丸焼き!?いえいえ、そんなの無理です!絶対に食べられません!!食べちゃダメ…(笑)。
丸くてコロンとした不思議なカタチ、6つの香りとカラフルなバリエーション…Chu Lip♪これも“チューリップ”?某製薬会社が販売している新しいカタチのリップクリーム…ってコレも食べたらアカンやろ~!!

その他に“チューリップ”ってある?イロイロはあるけれど、食べられる“チューリップ”…。ヘタなボケとツッコミはコレぐらいにして、そろそろ今回の素材を発表したいと思うのですが、皆さんご存知かちょっと心配です。 「チューリップの唐揚げ」ってご存知ですか?コレって、今や“懐かしい食べ物”化しているような気がします…だって、最近見たことありますか?昔のパーティには絶対に登場していた定番料理「チューリップの唐揚げ」。このワードを耳にして、皆さんの頭の中に浮かんだ映像を見てみたい!
今回の素材の“チューリップ”とは、手羽に切れ目を入れて骨を1本抜いて、肉をひっくり返して形を整えた鶏肉のこと。その形がチューリップの花のようなので“チューリップ”と呼ばれています。昔は、ちょっといいトコの子やハイカラなお家の子のお弁当に入っていたり、庶民の家でもお誕生日会やクリスマス会の時なんかには登場した華やか系の定番メニュー♪そうです!これは、普段は食べられないメニュー…そう、まさしく“ご馳走”でした。
このコラムのテーマを考えてから、ふと思い起こしてみたけれど、ここ最近“チューリップ”の唐揚げってお目にかかってないな~。骨を1本抜く手間の掛かる作業があるし、他にも華やかな食材や料理はいっぱいあるし、唐揚げなら普通の骨が付いてない方が食べやすいし…。“チューリップ”を見かけなくなった理由はそんなところにあるのかもしれません。

このままでは“チューリップ”は衰退して、皆に忘れられて…ついには絶滅する!?そんなこともだんだん心配になってきたこともあり、今回のコラムで“チューリップのお料理レシピ”を是非ともご紹介させていただきたいと思います。
作る・作らないは皆さんにお任せするとして、このような素材や料理があることをどうかお忘れなきよう…。
“チューリップ”をご存知の方は、懐かしさを胸に楽しかったあのお誕生日会やクリスマス会を思い出しながら。“チューリップ”をご存知ない方は、食卓に新料理を。
知っていても知らなくても、その日の食卓はこの可愛い新素材“チューリップ”で、食事中の会話に“花が咲く”こと間違いなし\(^o^)/です!

■まずはコレがなけりゃ始まらない!“チューリップ”の作り方
  1. 手羽先と手羽中の間の関節を折ります。
  2. 関節の少し下(2本ある骨の上)に、包丁で切れ目を入れます。
  3. 切れ目で手羽先を折り曲げて、2本ある骨の頭を出します。
  4. まな板などに押しつけて、骨をむき出しにします。
  5. 骨を2本持って、手羽先側をグッと引っ張り、骨から身を外します。
  6. 途中から細い方の骨だけを持って、引きはがします。
  7. ある程度身が離れたら、細い方の骨をクルッとねじるようにして外します。
  8. 小さい骨が外れたら、太い方の骨についている肉の形を整えてまな板の上に置きます。
  9. 手羽先の先端(手羽先)を、包丁で切り離します。
  10. 手羽中の形を整えたら“チューリップ”の出来上がり!
  • ※皮を内側に、肉を外側に…とイメージしながら慎重に引きはがしましょう。
  • ※はみ出した皮は、キッチンバサミで切り落とすと見栄えが良くなります。
  • ☆骨に肉片をつけないことが、仕上がりを良くするコツ!
残虐な表現で申し訳ございません!生肉を触るのが苦手な方は“チューリップ”を販売しているスーパーや鶏肉店をお探しください。最近は置いてあるお店は少なくなりましたが、普段“チューリップ”を販売していないお店でも、クリスマスや遠足、運動会シーズンにだけ販売される場合があるようです。あきらめずに探してみてください!
▼チューリップの定番唐揚げ
まずは定番中の定番!チューリップといえば、唐揚げでしょ♪
▽材料
  • チューリップ
  • 濃口醤油
  • みりん
  • おろしにんにく
  • おろし生姜
  • 片栗粉
  • 揚げ油
  1. 調味料を全部合わせて、丈夫なビニール袋に入れます。
  2. チューリップを1.に入れて、全体にまわるように軽く揉んだ後、常温で15~30分程置いておきます。
  3. 味が馴染んだら水分をよく切って片栗粉をまぶし、余分な粉をはたいて落とします。
  4. 170~180℃に熱した油に3.を入れて揚げていきます。
  5. 揚げている途中、何度かかき混ぜます。
  6. 中まで火が通ったら取り出して、油を切れば出来上がり!
  • ※漬け込む前にチューリップの肉厚部分に、フォークでぷすぷす刺して穴を開けておくと火が通りやすく、味もよく染み込みます。
  • ※暑い時期には常温放置ではなく、冷蔵庫で30分~1日放置してください。
  • ★揚げる際には、一度にたくさん入れず、揚げ油はケチらずにたっぷりと使うのがコツ!
  • ★油に入れる前にしっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆カレー粉を加えた小麦粉を全体にからめてから、片栗粉をまぶすのも美味しいです♪
▼チューリップのバーベキューソース風唐揚げ
お弁当にも最適!子どもにも大人にも大好評の味。
▽材料
  • チューリップ
  • おろしにんにく
  • おろし生姜
  • ケチャップ
  • 醤油
  • ウスターソース
  • 料理酒
  • 片栗粉
  • 揚げ油
  1. 調味料を全部合わせて、丈夫なビニール袋に入れます。
  2. チューリップを1.に入れて、全体にまわるように軽く揉んだ後、1時間程冷蔵庫に置いておきます。
  3. 味が馴染んだら水分をよく切って片栗粉をまぶし、余分な粉をはたいて落とします。
  4. 170~180℃に熱した油に3.を入れて揚げていきます。
  5. 揚げている途中、何度かかき混ぜます。
  6. 中まで火が通ったら取り出して、油を切れば出来上がり!
  • ※揚げる温度は、低すぎると油っこくなり、高すぎると中まで火が通らないので注意してください。
  • ★揚げる際には、一度にたくさん入れず、揚げ油はケチらずにたっぷりと使うのがコツ!
  • ★油に入れる前にしっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆片栗粉がない場合は、小麦粉でもOK!
▼チューリップの超手抜き唐揚げ
調味料をいろいろ入れるのがめんどうくさい…そんな貴方のために!
▽材料
  • チューリップ
  • 焼き肉のタレ
  • 塩こしょう
  • おろしにんにく
  • 片栗粉
  • 揚げ油
  1. 丈夫なビニール袋に調味料とチューリップを入れて揉み、20分程置いておきます。
  2. 味が馴染んだら水分をよく切って片栗粉をまぶし、余分な粉をはたいて落とします。
  3. 170~180℃に熱した油に3.を入れて揚げていきます。
  4. 揚げている途中、何度かかき混ぜます。
  5. 中まで火が通ったら取り出して、油を切れば出来上がり!
  • ★揚げる際には、一度にたくさん入れず、揚げ油はケチらずにたっぷりと使うのがコツ!
  • ★油に入れる前にしっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆揚げると焼き肉のタレの味が消えるので、超手抜きはバレません…(笑)
  • ☆お好みですが、塩こしょうは多めが美味しい!
▼チューリップのふわふわマヨ唐揚げ
下味を変えるだけで、チューリップ唐揚げがふわふわ唐揚げに変身♪
▽材料
  • チューリップ
  • マヨネーズ
  • 醤油
  • にんにく
  • 生姜
  • ゴマドレッシング
  • 片栗粉
  • 薄力粉
  1. にんにくと生姜をみじん切りにします。
  2. 丈夫なビニールにチューリップを入れ、1.とマヨネーズと醤油とゴマドレッシングを入れます。
  3. 2.を揉み込んで、味を馴染ませます。
  4. 味が馴染んだら、3.に片栗粉と薄力粉を入れます。
  5. 170~180℃に熱した油に3.を入れて揚げていきます。
  6. 揚げている途中、何度かかき混ぜます。
  7. 中まで火が通ったら取り出して、油を切れば出来上がり!
  • ※片栗粉と薄力粉の比率は、2:1が目安です。
  • ★揚げる際には、一度にたくさん入れず、揚げ油はケチらずにたっぷりと使うのがコツ!
  • ★油に入れる前にしっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆チューリップをマヨネーズで下味♪ゴマドレッシングも絶妙な仕上がりに大貢献します。
▼チューリップの大人味唐揚げ
やや大人向けの味付けで、懐かしチューリップを食してみる…♪
▽材料
  • チューリップ
  • みりん
  • 醤油
  • 白すりごま
  • 山椒粉
  • 小麦粉
  • 粗挽き黒コショウ
  1. 調味料を全部合わせて、丈夫なビニール袋に入れます。
  2. チューリップを1.に入れて、全体にまわるように軽く揉んだ後、20時間程冷蔵庫に置いておきます。
  3. 小麦粉に粗挽き黒こしょうを振り入れて混ぜておきます。
  4. 味が馴染んだ2.の水分をよく切って、3.をまぶし、余分な粉をはたいて落とします。
  5. 170~180℃に熱した油に3.を入れて揚げていきます。
  6. 揚げている途中、何度かかき混ぜます。
  7. 中まで火が通ったら取り出して、油を切れば出来上がり!
  • ※山椒の粉は、お好みで調整してください。
  • ★揚げる際には、一度にたくさん入れず、揚げ油はケチらずにたっぷりと使うのがコツ!
  • ★油に入れる前にしっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆衣の粗挽き黒こしょうと山椒が大人のピリ辛♪食べる方の大人度具合に合わせて調整を。
▼チューリップの和風お茶味焼き
和風といえば“日本茶”…お茶っぱの香りで香味焼!?
▽材料
  • チューリップ
  • お茶っぱ
  • 塩こしょう
  1. お茶の葉をすり鉢ですりつぶして、粉状にします。
  2. 塩こしょうしたチューリップに、1.をまぶして、30~1時間程置いておきます。
  3. 2.を、グリルでじっくりと焼き上げます。
  4. 焼き上がった上に、1.を振りかければ出来上がり!
  • ※グリルでしっかりと中まで火が通るまで、じっくりと焼き上げましょう。
  • ★グリルに乗せる前にしっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆お茶の葉の香りが強い方が、より和風感がでるのでオススメです!
▼チューリップの照り焼き
パパッと簡単に一品できあがり!?子どもに人気のおかずメニュー♪
▽材料
  • チューリップ
  • 塩こしょう
  • 小麦粉
  • みりん
  • 醤油
  • 砂糖
  1. 塩こしょうで下味をつけたチューリップに小麦粉をまぶし、余計な粉をはたいて落とします。
  2. 1.をフライパンで、まわりにこげ色がつく程度に焼きます。
  3. 余分な油を拭き取り、酒を加えて弱火にし、フタをして3分程蒸らし焼きします。
  4. 中まで火が通ったら、別皿によけておきます。
  5. フライパンはそのまま洗わず、みりん・醤油・砂糖を加え、火にかけます。
  6. グツグツと泡立つまで煮て、照り焼きソースを作ります。
  7. グツグツと煮立っている6.に、4.を入れて、照り焼きソースを絡めながら煮込めば出来上がり!
  • ※照り焼きソースのみりん・醤油・砂糖は、お好みの割合で。
  • ★下味をつけて小麦粉をまぶす際に、しっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆唐揚げよりも柔らかくジューシー♪
▼チューリップのとろ~りチーズ味
チューリップの中からチーズがとろ~り!?サプライズ感満載♪
▽材料
  • チューリップ
  • キャンディチーズ
  1. チューリップを作る際のお肉をクルっとひっくり返すときに、チーズを包むようにかぶせます。
  2. 包んだチーズが飛び出さないように、爪楊枝で固定しておきます。
  3. お好みの下味をつけ、グリルでじっくりと焼き上げます。
  4. 中まで火が通れば出来上がり!
  • ※出来上がったら、食べる前に爪楊枝は外してください。
  • ※使用するチーズの塩気を加味して、下味を加減してください。
  • ★キャンディーチーズだとちょうどいいサイズです。
  • ★ベビーチーズの場合は、包みやすい大きさにカットしてください!
  • ☆焼くもよし!揚げるもよし!ロースト・フライド・唐揚げなどお好みの調理法でお試しください♪
▼チューリップのトマト煮込み
フライにしたチューリップをトマト煮にした一品♪子どもたちに大人気!
▽材料
  • チューリップ
  • 塩こしょう
  • 小麦粉
  • 溶き卵
  • パン粉
  • トマトピューレ
  • 揚げ油
  1. 塩こしょうで下味をつけたチューリップに小麦粉をまぶし、余計な粉をはたいて落とします。
  2. 1.に、溶き卵→パン粉をまぶして、カリッとフライにします。
  3. お鍋に水とトマトピューレを入れて溶かし、2.を加えて煮込みます。
  4. 水分がなくなってきたら器に盛り付けて出来上がり!
  • ※トマトソースは、お好みの材料と味付けを。
  • ★フライにする前に、しっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆煮込んだトマトソースをたっぷりかけて召し上がれ♪
▼チューリップの塩こしょう焼き
シンプルな味付けなのにジューシ♪にんにくの香りを効かせて…
▽材料
  • チューリップ
  • 塩こしょう
  • にんにく
  1. フォークでぷすぷす刺して穴を開け、水を振りかけてから塩こしょうをすり込みます。
  2. フライパンでにんにくのみじん切りを炒め、香りが出てきたところに1.を入れます。
  3. 中火でじっくりと焼き上げて、中まで火が通れば出来上がり!
  • ※火加減に気をつけながら、じっくりと焼いてください。
  • ★塩こしょうは両面に!少し多めぐらいがちょうど良い感じに仕上がります。
▼チューリップの塩麹味唐揚げ
またまたでました!魔法の調味料“塩麹”~♪
▽材料
  • チューリップ
  • 塩麹
  • 片栗粉
  • 揚げ油
  1. チューリップに塩麹を軽く揉み込んで、20分程つけて置きます。
  2. 味が馴染んだら水分をよく切って片栗粉をまぶし、余分な粉をはたいて落とします。
  3. 170~180℃に熱した油に3.を入れて揚げていきます。
  4. 揚げている途中、何度かかき混ぜます。
  5. 中まで火が通ったら取り出して、油を切れば出来上がり!
  • ※漬け込む前にチューリップの肉厚部分に、フォークでぷすぷす刺して穴を開けておくと火が通りやすく、塩麹がよく染み込みます。
  • ★揚げる際には、一度にたくさん入れず、揚げ油はケチらずにたっぷりと使うのがコツ!
  • ★油に入れる前にしっかりと形を整えるのが、きれいなチューリップにするコツです!
  • ☆味付けは塩麹のみなので、物足りない方はお好みのタレ等をつけて~♪

最後の〆レシピは、やっぱり“塩麹”…好きなんです!塩麹~♪何にでもあう、魔法の調味料です。
※塩麹(しおこうじ)とは、麹と塩、水を混ぜて発酵・熟成させた、日本の伝統的な調味料です。
体にも良い発酵食品なので、皆さんも是非、幅広くご活用くださいませ。

咲いた~咲いた~チューリップの花が~♪
並んだ~並んだ~赤白黄色♪どの花みてもきれいだな~♪

手羽の“チューリップ”もいいけれど、やっぱり本家本元の“チューリップ”についても少しご紹介いたしましょう。

▼花名の由来
トルコ人が頭に巻いていたターバンに、チューリップの花姿が似ていたことに由来します。トルコ人のターバンは「チュリパ」…聞き間違いからできた名前らしいです。16世紀にトルコからヨーロッパにチューリップが持ち込まれ、たくさんの品種が生み出されました。ちなみに日本には、江戸後期に渡ってきて「ぼたんゆり」という名前で呼ばれていました。
▼花言葉の由来
チューリップといえば、オランダが生産地。花言葉の由来は、生産地であるオランダの3人の騎士を思いやる美少女のお話からきているそうです。
「その昔、ある村にとても美しい少女がいました。3人の騎士がその少女にプロポーズをし、それぞれ家宝である王冠、剣、黄金を贈りました。3人の騎士からの求愛に困惑した美しい少女が誰を断ることもできず悩んだ末に、花の女神フローラに自分を花に変えてくれるように頼みました。女神フローラは願いを聞き入れ、少女を“チューリップ”の姿に変えました。」
チューリップの姿は、花が王冠を、葉が剣を、球根が黄金を表すのです。
▼花言葉
チューリップの花言葉のテーマは「愛」です…チューリップの花言葉は、花の色によって異なります!
  • 「赤」 … 愛の告白・愛の宣言・ロマンチックな愛・私を信じて
  • 「白」 … 失われた愛・失恋・新しい恋・純愛・許しを請う・長く待ちました
  • 「黄」 … 実らない恋・望みのない恋・報われぬ恋・名声・正直
  • 「紫」 … 不滅の愛・永遠の愛・私は愛に燃える
  • 「緑」 … 美しい瞳
  • 「桃」 … 恋する年頃・愛の芽生え・真実の愛・誠実な愛・優しさ・思いやり・愛着・愛情・幸福
  • 「橙」 … 照れ屋
  • 「斑」 … 疑惑の愛
同じチューリップなのに、花の色で意味合いがガラリと変わるとは…プレゼントの際にはお気をつけくださいませ~。
▼季節と開花時期・植え付け
  • 旬の季節:春
  • 開花時期:4~5月
  • 花持ち期間:5日程度
  • 植え付け:10~11月上旬

チューリップの植え付けは、寒さが本格的にくる前の10~11月上旬。秋から仕込んで、やっと4月に“咲いた~咲いた~♪”が迎えられるんですね。今年はご近所さんや公園や校庭のチューリップを楽しませていただくことにします。来年の春には、マイ“チューリップ”を愛でてみたいので、今年の秋にチューリップを植え付けてみたいと思います。現在は品種改良が進み、様々な色や形のチューリップがあるようです。花弁の色が2色に分かれる八重咲きのふわふわでアイスクリームみたいなチューリップ、茎がほとんど伸びない茎なしチューリップ、花被片の周囲に細かい切れ込みが入ったギザギザチューリップ、中心の花の下に小さいつぼみをぐるりと取り囲む不思議な形のチューリップなどなど。中には、あの有名な絵画の巨匠の名前を冠した黒紫色のフリンジ咲きのチューリップも…その名も「ビンセント・ヴァン・ゴッホ」…オランダを代表する絵画の巨匠です!でもチューリップ初心者なので、定番のチューリップ!赤・白・黄色を順番にプランター植えしてみることにします。
手羽の“チューリップ”も一見めんどうくさそうですが、一度挑戦してみてください。昔は、お店で売ってたんですけどね~最近は見かけませんね。でもね、手羽をチューリップにするこの作業、やり出すと面白くて止まらない!たいして苦になる作業でもないですよ~。手羽の部位が苦手な方も、チューリップにするとパクパク食べちゃったりしますから、懐かしメニュー?新メニュー!?として、是非とも食卓やお弁当に加えてみてくださいね。

来年の春は “並んだ~並んだ~赤白黄色♪”で、チューリップの唐揚げを片手に、“どの花みても~きれいだな~♪”と、マイ“チューリップ”を愛でつつ、味わい、楽しみたい…来年のお花見は、マイチューリップを愛でつつ、チューリップの名曲を聴きながら、チューリップの唐揚げで一寸一杯ってことで決まりですね!

4月は、桜に、菜の花、そしてチューリップ。皆さま、どうぞ春を満喫してくださいませ~♪