トップページ > 2014年9月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

最近よく耳にするようになった"低体温症"…低体温児をはじめ、若い女性や男性にも低体温が増えているといわれています。低体温を単なる"冷え性"で片付けるのは非常に危険です。労働や学習意欲の低下や、様々な体の不調にもつながってしまう"低体温"とは?
日本人の平熱は36~37度で、健康的な人の体温は36.6度くらいですが、低体温症の人はそれよりも1度低い35.5度くらい…36度未満の状態を"低体温"といいます。実はこの1度が健康に大きな打撃を与えます。低体温の場合、健康的な人に比べて基礎代謝が12%低下、免疫力は37%低下し、体内酸素は50%も低下するといわれており、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったりします。また、35度という体温をもっとも好むのが「ガン細胞」で、ガン発症のリスクも高まり、花粉症やアレルギーを発症しやすくなるというリスクも…。低体温を招く原因としては、現代人の食生活や生活習慣からくる複合的なものと考えられています。「不規則な生活」が、低体温の一つの原因です。ストレスがたまるのもよくありません!

季節も秋になり、これから冬がやってきます。この季節になると気温が急激に下がり体も冷えてくるため、低体温症を引き起こす人が多い傾向となります!低体温症になる原因や主な症状は…
・冷暖房完備の生活
・シャワーだけの入浴(湯船に浸からない)
・体を締め付ける下着や窮屈な衣服
・運動不足による筋力低下
・過度のストレス(自律神経やホルモンのアンバランス)
・夜型生活(寝不足)
・偏った食生活や生活習慣(朝食抜き、過剰なダイエットなど)
・冷たいものや甘いものの食べ過ぎ
…等々。
当てはまる項目が多い方は"低体温"の可能性があります…が、落胆することはありません。低体温は病気ではありませんので、毎日の心がけで改善することができます!日々の生活の中で体を冷やさないためのちょっとした対策で低体温を改善していきましょう。
ふだん何気なく口にしている食事ですが、毎日の食生活は"低体温"と深く関係しています。これからの寒い時期は特に体を冷やす食べ物や飲み物はなるべく摂らない方が賢明です。体を温めるには、冬野菜が効果的です。加工食品、糖分や脂質の多い食事も体を冷やす可能性がありますので、低体温の人は避けた方がいいでしょう。また、野菜は生ではなく、加熱調理して食することが望ましいでしょう。"低体温"を改善するには、「体を冷やし過ぎず、適度な運動で血行をよくし、自律神経のバランスを整えること」が大切です!

今回は"低体温"改善にオススメの簡単レシピをいくつかご紹介します!食事による改善策は、地道に長く続けて習慣づけることが大切ですので、簡単であること・アレンジができること・飽きがこないこと…等がポイントです。そして、食生活の改善に併せて、生活習慣の改善にもムリのない範囲で実行していきましょう。

★低体温改善レシピ ~体温上昇計画!~★
▼ジンジャー紅茶
体温&代謝UP♪生姜の温め効果で体のエンジンパワーアップモードに!
---------
▽材料
紅茶ティーバッグ
おろし生姜
はちみつor砂糖or黒砂糖
---------
  1. 温めたカップに熱湯を注ぎ、紅茶ティーバッグを入れて紅茶を作ります。
  2. お好みの量のおろし生姜と甘味(はちみつor砂糖or黒砂糖)を1.に入れて、スプーンで混ぜれば出来上がり♪
▼体温上昇ヨーグルト
ヨーグルトに生姜!?…食べてみたらビックリ~美味しい♪
---------
▽材料
ヨーグルト
おろし生姜
はちみつ
---------
  1. ヨーグルトに、おろし生姜とはちみつを入れます。
  2. ぐるぐるかき混ぜれば出来上がり♪
▼ハニージンジャーミルク
寝る前のはちみつは基礎代謝UP♪胃に負担がかかる生姜は胃に優しい牛乳でカバー
---------
▽材料
牛乳
おろし生姜
はちみつ
---------
  1. 牛乳を温めてホットミルクを作ります。
  2. 1.に、おろし生姜とはちみつを入れてよくかき混ぜれば出来上がり♪
  • ※きな粉、シナモン、ココア等でお好みアレンジ!
★低体温改善レシピ ~ぽかぽか汁もの~★
▼生姜とネギのとろみ汁
体を温める食材としてお馴染みの生姜とネギ♪とろみをつけると冷めにくくなります!
---------
▽材料
生姜
ネギ

醤油
片栗粉
---------
  1. 生姜とネギを千切りにします。
  2. お鍋にお湯を沸かし、1.をたっぷり入れて少し煮ます。
  3. 2.に、塩と醤油を適量たらします。
  4. 3.に、水溶き片栗粉を入れて出来上がり♪
▼ニラ&豆腐+生姜入りお味噌汁
ニラには体温を上げる効能!生姜には保温効果!ダブルで体ポカポカ~♪
---------
▽材料
ニラ
豆腐
生姜
味噌(出汁入り)
---------
  1. ニラと豆腐を適当な大きさにカットします。
  2. 生姜は千切りとすりおろしの2種類を準備します。
  3. お鍋に水と生姜の千切りを入れて火にかけます。
  4. 3.が沸騰したら、1.を加えて味噌を溶き入れます。
  5. 火を止めてから、すりおろし生姜を入れてひと混ぜしたら出来上がり♪
★低体温改善レシピ ~秋・冬野菜カレー~★
▼里いも&大根カレー
根菜には体を温める効果あり。意外!?大根をカレーに入れると美味♪
---------
▽材料
カレールゥ
豚ロース(薄切り)
玉ねぎ
里いも
大根
人参
さやいんげん
ごま油
---------
  1. 豚肉を4~5cm幅にカット、玉ねぎは薄切り、里いもは一口大、大根と人参は5mmの厚さのいちょう切りにします。
  2. さやいんげんを茹で、3cmの長さにカットします。
  3. 厚手のお鍋にごま油を熱し、1.を炒めます。
  4. 3.に水を加え、沸騰したらあくを取り除き、弱めの中火で野菜を煮ます。
  5. いったん火を止めてからカレールゥを割り入れて溶かし、再度弱火でとろみがつくまで煮込みます。
  6. 2.を加えて、ひと煮立ちさせれば出来上がり♪
▼たっぷりゴロゴロ冬野菜カレー
たっぷり秋・冬野菜がゴロゴロ♪プラス生姜でポッカポカ!
---------
▽材料
カレールゥ
牛肉(薄切り)
生姜
かぼちゃ
玉ねぎ
人参
白菜
ブロッコリー
サラダ油
---------
  1. 4~5cm幅にカットした牛肉におろし生姜を揉み込みます。
  2. 玉ねぎは薄切り、人参と白菜は一口大にカットします。
  3. ブロッコリーは小房にわけて、茹でます。
  4. 種とわたを取り除いたかぼちゃにラップをして電子レンジで竹串が通る程度に加熱し、くし形に切ります。
  5. 厚手のお鍋にサラダ油を熱し、1.と2.を炒めます。
  6. 5.に水を加え、沸騰したらあくを取り除き、弱めの中火で野菜を煮ます。
  7. いったん火を止めてからカレールゥを割り入れて溶かし、再度弱火でとろみがつくまで煮込みます。
  8. 7.に、3.と4.を加えて、ひと煮立ちさせれば出来上がり♪
▼鮭&根菜カレー
お肉の代わりにお魚で!鮭おいしぃ~♪体を温める根菜と共に。
---------
▽材料
カレールゥ
生鮭

コショウ
バター
玉ねぎ
人参
さつまいも
大根
ごぼう
サラダ油
---------
  1. 一口大にカットした生鮭に塩・コショウで下味をつけて、バターを熱したフライパンできつね色の焦げ目がつくまでソテーして取り出します。
  2. 大根と人参はいちょう切り、ごぼうは斜め薄切り、さつまいもは1cmの厚さの輪切りにして、さつまいもとごぼうを水にさらしてあくを抜きます。
  3. 厚手のお鍋にサラダ油を熱し、薄切りにした玉ねぎを入れて油がなじむまでよく炒めます。
  4. 3.に1.以外と水を加え、沸騰したらあくを取り除き、材料が柔らかくなるまで弱めの中火で煮込みます。
  5. いったん火をとめてからカレールゥを割り入れて溶かし、再度弱火でとろみがつくまで煮込みます。
  6. 器にご飯を盛りつけ、1.の鮭をのせて、カレーをかければ出来上がり♪
▼ホタテ&バターコーン&白菜カレー
カレーに白菜!?ホタテと白菜の旨味を生かしたカレー♪
---------
▽材料
カレールゥ
ホタテ貝柱
玉ねぎ
白菜
ホールコーン
バター
---------
  1. 玉ねぎは1cmの厚さのくし型、白菜の軸部分は3cm幅にカットし、葉はざく切りにします。
  2. 厚手のお鍋にバターを熱し、玉ねぎを炒めます。
  3. 2.に水を加えて沸騰したら、白菜の軸部分を加えます。
  4. 再度沸騰したらあくを取り除き、ホールコーンを加えて弱めの中火で煮込みます。
  5. いったん火をとめてからカレールゥを割り入れて溶かします。
  6. 5.にホタテと白菜の葉を加えて、再度弱火でとろみがつくまで煮込めば出来上がり♪
▼お餅&ネギねぎカレー
長ネギで免疫力UP!体温上昇サポート野菜。おもち入りで元気もりもり~♪
---------
▽材料
カレールゥ
鶏肉(もも)
長ネギ
しいたけ
パプリカ(赤)
万能ネギ
醤油
みりん
和風だしの素
サラダ油
お餅
---------
  1. 鶏肉は一口大のそぎ切り、長ネギは斜め薄切り、しいたけは薄切り、パプリカは細切りにします。
  2. 万能ネギは小口切りにし、お餅を焼きます。
  3. 厚手のお鍋にサラダ油を熱し、1.を加え炒めます。
  4. 3.に水と和風だしの素を加えて沸騰したら、あくを取り除き弱めの中火で煮込みます。
  5. いったん火をとめてからカレールゥを割り入れて溶かし、再度弱火で煮込みます。
  6. 5.に醤油とみりんと焼いたお餅を加えて、ひと煮立ちさせて器に盛り、2.をちらして出来上がり♪

"低体温症"は、冷え性と違って自覚しにくいのがやっかいなところです!下記の項目でチェックしてみてください。
□平熱が35度台。
□いつも手足が冷たい。
□風邪を引きやすい。
□いつも何となくだるく、疲れやすい。
□(女性の場合)月経痛がひどく、月経不順。
□便秘がち。
□あまり食べないのに太る。
□イライラしたり、気分が落ち込むことが多い。
□頭痛に悩まされている。
□夜になると足がひどくむくむ。
□肌や髪にハリやツヤがない。
□ダイエットのために食事を抜くことがある。
□肩こりがひどい。
…いかがでしたか?当てはまる項目が多い人は"低体温"の可能性があります。

体温を上げる方法(低体温を改善する方法)は、食生活の改善以外の方法もありますので、参考までにご紹介!
---------
●冷たい食べ物や甘い食べ物をあまり食べないようにする。
→糖分には体を冷やす作用がありますので、できるだけ食べないようにした方がいいでしょう。温かい飲み物を飲んで低体温改善!
●旬の野菜や果物を摂取して低体温改善!
→夏野菜には体を冷やす作用があったり、冬野菜には体を温める作用があったり…。旬の野菜や果物を摂取する♪これが自然の摂理!季節はずれの野菜や果物は避けた方が賢明です。
●食べないダイエットはやめましょう。
→ミネラル・ビタミンのバランスが崩れてしまいます。また、食事をすることで、体内に吸収・分解される際に、熱が発生(=食事誘発性熱産生)するので、冷たすぎず体温に近いものや温かいものを選択して摂るのがオススメ♪
●たんぱく質の摂取を忘れないように。
→たんぱく質は熱に変わりやすいので、忘れず摂取しましょう。
●適度な運動を!
→運動不足になると血液を送る筋力が低下し、低体温の原因となります。積極的に運動して筋肉を鍛えましょう!また、運動することで交感神経の働きが上手になってきます♪ウォーキングやスクワットなどがオススメです。
●かかとの上下運動
→両足を少し開いた状態でまっすぐに立ち、かかとの上げ下げをするだけの簡単ストレッチ♪
●お風呂にゆっくり浸かりましょう。
→シャワーだけの場合、交感神経が優位になり体が冷えてしまいます。逆に、熱過ぎるお風呂も交感神経が優位になってしまいますのでご注意ください。
●お酒の飲み過ぎに注意!
→過ぎたるは猶及ばざるが如し…
●タバコを控えましょう。
→タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くなるとともに基礎代謝も低下させてしまいます。
●良質な睡眠をとりましょう。
→睡眠不足は全ての体調不良のモト!睡眠時間を確保するということのほか、いつも同じ時間に寝ることも重要です。
---------



低体温になると自律神経の働きも乱れます。交感神経の働きと副交感神経の働きを調整し、バランスを崩さないことが必要!そのためには、ストレスを感じないようにして溜まってきたらすぐに発散するようにしていきましょう。年々体温が低くなっているように感じる人は、原因を突き止めて、改善していくようにしましょう。まずは、体温を測り、自分の平熱を理解してみてはいかがでしょうか。
どちらにしても体温を上げることが大切です!特に変えたい部分から変えてみるようにしていきましょう。ひとつずつクリアしていくことで、低体温の体質が変化していくはずです。体質を変えることは簡単にできることではありませんが、できることからはじめていきましょう。