トップページ > 2014年8月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

夏、真っ盛り!毎日、暑い日が続きますが、皆さんバテずにガンバってますか!?
「夏バテ=うな重」…一説では、平賀源内さんが日本で初めて"キャッチコピー"を打ったコトが発祥とされている"土用の丑の日にうなぎを食べる"習慣も、日本の夏の風物詩…でした。ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことで、この日本の夏の風物詩も絶滅していくコトになるのでしょうか?こんなコトになったのも、"旨い"ことと"スタミナ源"だけを重視して、うなぎのコトをナニも考えずいた人間が原因であることは明白ですが、「昔はね、日本には土用の丑の日にうなぎを食べる習慣があってね、うなぎを食べて元気出してたんだよ~」「へー、うなぎって食べられるんだ…」なんて会話が夏の縁側でなされる日が、いつか来てしまうのでしょうか?…夏の縁側。うなぎより前に"縁側"の存在も、危うい状態ですね。日本が、もっと日本らしくあり続けるために、日本人はもっと自国を見直して、大切なものを、もっともっと大切に守っていかなければならないと改めて思う今日この頃です。

日本の夏の風物詩といえば…花火!(近頃は、冬に花火大会があったり…と、花火が"夏"の風物詩ではなくなってきた感も少々ありますが…)やっぱり花火は夏の夜空がお似合いです。浴衣姿で素足に下駄にうちわ!コレこそ"日本の夏"ですよ♪夜空に美しく咲き乱れる花火と「ドーンドーンドーン」と響き渡る爆音!!心ウキウキ、ワクワクしますよね~。

「ドーンドーンドーン」…?「ドーンドーンドーン」…!?「ドーン…どん…丼…」

…ということで(半ば強引ではございますが、)今回は暑い夏は食欲がない!作るのが面倒!!お鍋や食器の洗いモノが嫌!!!という方におススメ♪『簡単♪夏の"丼"レシピ』をご紹介いたします。それでは、ドドーーンといきましょう~!

★夏野菜の代表格…茄子♪茄子で簡単~ドーンどん丼★
▼焼き茄子の蒲焼き風丼
"うなぎ"じゃないけど大丈夫♪茄子でもなかなかイケるんです!
---------
▽材料
茄子
蒲焼きのタレ
山椒
---------
  1. 茄子のヘタを取って適当な大きさにカットします。
  2. フライパンに油をひいて、1.の両面に焼き色をつけます。
  3. 2.に蒲焼きのタレを入れて焼きからめ、ご飯の上にのせて出来上がり!
  • ※蒲焼きのタレは、砂糖・料理酒・みりん・醤油=2:2:4:3
  • ☆山椒をかけると、より蒲焼き感が増~♪
  • ☆ヘルシーなのに、大満足の一品!!
↓Arrangement menu↓
▼甘辛茄子とろ~り温泉玉子丼
ちょっと茄子にひと手間かけて、温泉玉子をトッピング♪
---------
▽材料
茄子
片栗粉
すりおろし生姜
みりん
醤油
温泉玉子
---------
  1. 茄子のヘタを取って適当な大きさにカットします。
  2. ポリ袋に片栗粉を入れ、1.を入れてまぶします。
  3. フライパンに油をひいて、2.の両面に焼き色をつけます。
  4. 3.に、生姜・みりん・醤油を加えてからみ合わせ、とろみがついたら火を止めます。
  5. ご飯の上に4.をのせ、温泉玉子をトッピングして出来上がり!
  • ※茄子1本の場合、生姜:1カケ・みりん:大さじ4・醤油:大さじ2
  • ☆白ゴマ・刻みネギをふって、彩りよく♪
  • ☆大葉をのせれば、サッパリ感UP!
↓Arrangement menu↓
▼焼き茄子焼きトマト丼
茄子にトマトをプラスして、コッテリなのにサッパリ!?
---------
▽材料
茄子
トマト
片栗粉
醤油
みりん
砂糖
料理酒
すりおろし生姜
---------
  1. 茄子とトマトのヘタを取って適当な大きさにカットします。
  2. ポリ袋に片栗粉を入れ、1.の茄子を入れてまぶします。
  3. フライパンに油をひいて、1.のトマトの両面に焼き色をつけて取り出します。
  4. フライパンを拭いて油をひき、2.の両面に焼き色をつけます。
  5. 4.にタレ(醤油・みりん・砂糖・料理酒・すりおろし生姜)を入れて焼きからめます。
  6. ご飯の上に、トマトと茄子を交互にのせて出来上がり!
  • ※茄子1本・トマト1個の場合、醤油:大さじ3・みりん:大さじ2・砂糖:大さじ2・料理酒:大さじ2・生姜:1カケ
  • ☆トマトは、焼くと酸味が抑えられて甘味が増します♪
  • ☆ご飯にゴマと刻んだ大葉を混ぜると、さっぱり感UPで見た目もゴージャスに!
★爽やか・サッパリ♪で簡単~ドーンどん丼★
▼冷製きゅうり丼
河童の大好物~きゅうり♪で、爽やか冷製丼!
---------
▽材料
きゅうり
すりおろし生姜
めんつゆ
---------
  1. きゅうりを千切りにします。
  2. ご飯の上に、1.とすりおろし生姜をのせてめんつゆをかけて出来上がり!
  • ※きゅうり1本の場合、生姜:1カケ・めんつゆ(3倍濃縮):大さじ1
  • ☆簡単すぎて、爽やかすぎてビックリ丼♪
  • ☆千切りにしたきゅうりに、めんつゆとすりおろし生姜を和えて冷蔵庫で一晩冷しておくのも美味!
↓Arrangement menu↓
▼サッパリねばねばツルっと丼
夏野菜のオンパレード♪食欲のない時にツルっと~
---------
▽材料
納豆
オクラ
トマト
きゅうり
醤油

本ダシ
---------
  1. トマトときゅうりをサイの目切りにし、混ぜ合わせます。
  2. オクラを茹でてから粗みじん切りにし、納豆と混ぜ合わせます。
  3. 2.に、醤油・酢・本ダシを入れて粘りが出るまでしっかり混ぜます。
  4. ご飯の上に、1.と3.をのせて出来上がり!
  • ※納豆3パックの場合、醤油:小さじ2・酢:小さじ2・本ダシ(顆粒):ひとつまみ
  • ☆納豆に入っているタレを使ってもOK!
  • ☆ピリ辛が好きな方は、ラー油をプラス♪
↓Arrangement menu↓
▼超~簡単サッパリ丼
夏の暑さで全くヤル気のない時でも作れる簡単過ぎるドーン…(笑)
---------
▽材料
大葉
焼き海苔
ワサビ
醤油
---------
  1. 大葉を千切りにします。
  2. 焼き海苔を細かくちぎります。
  3. ご飯の上に、1.と2.をのせてワサビを添え、醤油を垂らして出来上がり!
  • ☆醤油を、お味噌に変えてもOK!
  • ☆お茶漬けにしてサラサラ~♪
★夏のグリーンカーテン…ゴーヤ♪で簡単~ドーンどん丼★
▼ゴーヤ&ツナのスピード丼
グリーンカーテンから収穫~ツナ缶があれば速攻丼!
---------
▽材料
ゴーヤ
ツナ缶
めんつゆ
みりん
---------
  1. ゴーヤをタテ半分にカットし、スプーンで種とワタを取り出した後、薄切りにします。
  2. フライパンに油をひき、ゴーヤを炒めます。
  3. 2・がしんなりしてきたら、油をきったツナとめんつゆ・みりんを加え水気を飛ばすように炒めます。
  4. ご飯の上に、3.をのせて出来上がり!
  • ※ゴーヤ1/2本の場合、ツナ缶:80g・めんつゆ(3倍濃縮):大さじ1・みりん:小さじ2
  • ☆トッピングに白ゴマ~♪
  • ☆ゴーヤを炒める際のサラダ油は、少し多めに!
↓Arrangement menu↓
▼ゴーヤ豆板醤丼
ゴーヤの苦味が苦手な人も大丈夫!
---------
▽材料
ゴーヤ
豚肉
玉ねぎ
砂糖
料理酒
醤油
豆板醤
---------
  1. ゴーヤをタテ半分にカットし、スプーンで種とワタを取り出した後、薄切りにします。
  2. 玉ねぎを薄切りにします。
  3. フライパンに油をひき、豚肉を炒めます。
  4. 3.に、1.と2.を入れてさらに炒めます。
  5. 4.に、砂糖・料理酒・醤油・豆板醤を加え、フライパンにフタをして弱火に煮立てます。
  6. ご飯の上に、5.をのせて出来上がり!
  • ※ゴーヤ1/2本の場合、豚肉:100g・玉ねぎ:1/2個・砂糖:大さじ2・料理酒:大さじ2・醤油:大さじ2・豆板醤:小さじ1
  • ☆ピリっと辛くて、ご飯がススム♪
  • ☆甘辛味で、ゴーヤの苦味も気にならない!
★夏の定番メニュー…冷奴♪で簡単~ドーンどん丼★
▼冷奴丼
果たしてコレは料理なのか…?"丼"と呼んでもイイのだろうか…!?
---------
▽材料
豆腐
カツオ節
醤油
---------
  1. 豆腐をサイの目に切り、水気を切ります。
  2. 1.に、カツオ節・醤油を入れて、崩さないように混ぜます。
  3. ご飯の上に、2.をのせて出来上がり!
  • ☆お好みで、大葉・ミョウガ・すりおろし生姜等をトッピング♪
  • ☆ご飯少なめor豆腐多めがイイ!豆腐を崩しながらスプーンで召し上がれ~
↓Arrangement menu↓
▼シャキシャキ冷奴丼
夏の豆腐丼♪パリポリ食感で、シャキシャキ召し上がれ~
---------
▽材料
豆腐
きゅうり
生姜
めんつゆ
ゴマ油
---------
  1. きゅうりをサイの目切りにし、塩をまぶしておいて置きます。
  2. 生姜を千切りにし、水気を絞った1.と和えます。
  3. 豆腐をサイの目に切り、水気を切ります。
  4. ご飯の上に、3.と2.をのせて、めんつゆとゴマ油をかけて出来上がり!
  • ☆刻んだミョウガを混ぜてもOK!
  • ☆白ゴマをトッピング♪して、豪快に混ぜて召し上がれ~
↓Arrangement menu↓
▼冷奴マヨ丼
豆腐にマヨネーズ…ビビらず、一度、お試しあれ!
---------
▽材料
豆腐
マヨネーズ
めんつゆ
海苔
薬味
---------
  1. 豆腐にマヨネーズとめんつゆ、お好みの薬味を混ぜつつ崩します。
  2. ご飯に海苔をまぶします。
  3. 2.に1.をのせて出来上がり!
  • ☆薬味(刻みネギ・ラー油・白ゴマ・柚子胡椒…等)はお好みで+量は味見をしながら調整!


夜空に美しく咲き乱れる花火と「ドーンドーンドーン」と響き渡る爆音!!…からの『簡単♪夏の"丼"レシピ』でしたが、いかがでしょうか?どの一品も、料理とは呼べない~(笑)簡単すぎるレシピばかりで恐縮です!でも、バテている時は、本当に何もしたくなくなるし、何も食べたくなくなってしまうモンで…コレぐらいの"ずぼらレシピ"で大丈夫なのではないかな~と。"丼ぶりモノ"でちょっと元気になって、もっと元気が出たところでガッツリ食べて、しっかり夏を満喫してください!

そして、ぜひ今年の夏は、浴衣を着て「ドーンドーンドーン」と花火大会にお出かけしてください。素足に下駄も楽しいですよ!因みに我が家では、夏場の家周りの外履きは"下駄"を愛用しております。サンダルやツッカケ(…コレは方言?)もいいですが、下駄を履くのも楽しいですよ~あの独特の音…カランコロンカランコロン♪ここ数年"ステテコ"が復活して部屋着としてブームになっていますよね。ぜひ、それと同様に"下駄"も日常に復活して欲しいと思います。あなたの家の玄関の"下駄箱"にも、"下駄"を収納して♪今年の夏は名実ともに"下駄箱"に!!そのうち、もうひとつの日本の夏の風物詩…"下駄履きのステテコおやじ"が、全国的に復活する日がくるかも!?それは懐かしい日本の夏の復活の日でもあります~(笑)。

皆様、夏バテや熱中症に気をつけて、"丼ぶりモノ"で元気をつけて!素敵な日本の夏を思う存分お楽しみください。