トップページ > 2013年9月号 > グルメ&レシピ

グルメ&レシピ

今年の夏は、暑かったぁ~(疲)。今も夏の疲れが残って、なんだかバテバテ…
そんなあなたに、夏の疲れをブッ飛ばす…豪快!丸ごと料理♪をご紹介したいと思います。
が、その前に!夏バテの原因と予防のポイントをまずは押さえておきましょう。

★夏バテ予防のPoint ~夏バテに効く食べ物
夏バテとは?夏の暑さによる倦怠感や食欲が減退すること。
暑くなって体温が上昇すると皮膚の血管が拡張して血液が体の表面に集まって汗を出します。しかし、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられてしまい、体温調節が難しくなってしまいます。すると、体内に熱がこもるので疲れやすくなります。そして、「暑い→だるい→食べる気がしない→飲料水の過剰摂取→消化力低下→食欲不振」という悪循環。さらに暑さのせいで寝苦しく、生活のリズムが乱れがちに…その結果として、体調が崩れて夏バテを起こしてしまうと言われています。そもそも夏バテの原因というのは、自律神経の不調、水分の不足、胃腸の働きの悪化が原因だと考えられています。季節は秋へと移行しても、暑い日が続けば夏バテに!まだまだ油断は禁物です。

--------------------------------------------------------------------------
■夏バテ予防のPoint1:食事は量より質!
--------------------------------------------------------------------------
食欲がなくても1日3食!少しずつでもイロイロな種類の食品を摂取するべし。

胃に負担のかからない消化のよい良質のたんぱく質(大豆食品、卵、肉、魚、牛乳など)+ビタミン(野菜、果物など)+ミネラル(牛乳、海草など)をバランスよく食べましょう。暑さに負けて、食事を抜いたり、簡単な麺類などで片付けてしまいがちな食生活にも夏バテの原因あり。

--------------------------------------------------------------------------
■夏バテ予防のPoint2:香辛料・香味野菜!
--------------------------------------------------------------------------
香辛料、香味野菜は食欲を増進させる!上手に使って食欲増進をはかるべし。

香辛料(唐辛子、ワサビ、胡椒、カレー粉など)や、香味野菜(青しそ、ミョウガ、ネギ、生姜など)を上手く使いましょう。

--------------------------------------------------------------------------
■夏バテ予防のPoint3:冷たいモノの過剰摂取に注意!
--------------------------------------------------------------------------
冷たいモノに注意!特に寝る前は控えるべし。

冷たい飲み物や冷たい食べ物(清涼飲料水、アイスクリームなど)を摂り過ぎると胃を疲れさせ働きを衰えさせて、食欲が減退するので気をつけましょう。冷たいモノばかり食べていると、胃腸が冷えて消化吸収能力が低下します。すると栄養不足でバテやすくなるというわけです。冷えたビールで一杯♪やるなら、食後には熱いお茶を飲んで胃腸を温めてあげましょう。夜、ぬるめのお風呂にゆっくりつかるのも効果的です。

--------------------------------------------------------------------------
■夏バテ予防のPoint4:水分&ミネラル補給!
--------------------------------------------------------------------------
新鮮な野菜や果物をたっぷり摂取!水分・ミネラルを補給すべし。

太陽をいっぱい浴びて育った野菜はビタミン類が豊富。汗と一緒に流出するビタミン類の補給も兼ねて、緑黄色野菜をたっぷり摂りましょう。

--------------------------------------------------------------------------
■夏バテ予防のPoint5:ビタミンB1不足にご用心!
--------------------------------------------------------------------------
ビタミンB1は、エネルギーの代謝効率をUP!忘れずに補給すべし。

夏場はビタミンB1の消耗が激しく不足しがち…ビタミンB1を豊富に含む食品(豚肉、レバー、うなぎ、いわし、大豆、枝豆、玄米、ほうれん草、ゴマ、ゆずなど)と、ビタミンB1の吸収がよくなるアリシンを含む食品(ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎなど)と一緒に食べるようにしましょう。

--------------------------------------------------------------------------
■夏バテ予防のPoint6:疲労回復にクエン酸!
--------------------------------------------------------------------------
スッパイものが食べたい!?疲れた時は積極的に摂取すべし。

疲労の原因となる乳酸を分解・排出する機能があるクエン酸(レモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干、醸造酢など)を積極的に摂取しましょう。

--------------------------------------------------------------------------
■夏バテ予防のPoint7:生活にリズム♪
--------------------------------------------------------------------------
規則正しい生活と適度な運動!生活のリズムを保つべし。

睡眠を十分にとって疲れを溜め込まないようにして、リズムある生活をしましょう。

--------------------------------------------------------------------------
◆夏バテ予防のオマケ:コーヒーが夏バテに効く!?
--------------------------------------------------------------------------
熱帯地域などで作られているフルーツ、バナナ、マンゴーなどは体を冷やしてくれる食べ物です。コーヒー豆も熱帯地域で作られていますので、コーヒーを飲むと適度に体温を下げてくれる効果があるんです!また、コーヒーには、利尿作用と発汗作用もあるので夏バテ防止にオススメというわけです。
ただし、コーヒーは淹れてから時間が経つと酸化してしまうのでご注意ください。コーヒーは淹れたての時はアルカリ性です。アルカリ性は、体調のバランスを調整できるので、コーヒーを飲む時は淹れたてを飲むようにしましょう。また、コーヒーが苦手な人や胸やけなどがする人はカフェオレでも効果はあるので、それもオススメです。

まだまだ暑い日が続きそうな9月!夏バテの原因と夏バテ予防のポイントをしっかりと押さえた上で、節電の夏にもバテないタフな人間となるべく、今回のレシピをご紹介いたしましょう。何でもかんでも“丸ごと” “塊(かたまり)”で、調理も見た目も豪快に…あなたの“野生”を目覚めさせれば「最近、食欲がなくて…」なんて台詞は出てこなくなること間違いなし!!

▼ローストビーフ ~牛の塊肉どーん!
豪快で豪華♪オーブンで焼く、シンプルな味付けのローストビーフ!タレに漬け込むローストビーフも美味しいですが、イロイロなソースが楽しめるシンプルバージョンを1度お試しください。
---------
▽材料
牛もも塊(ブロック)肉:400~500g

黒胡椒
---------
1.肉は、冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
2.塊肉に、塩・黒胡椒をすり込みなじませます。
3.フライパンで肉の表面に焦げ目をつけます。
4.焦げ目をつけた塊肉をアルミホイルで包み、100度のオーブンで45分ローストします。
5.焼き上がってもオーブンを開けずに冷めるまで放置。
6.冷めた塊肉をオーブンから取り出し、アルミホイルで包んだ状態のまま冷蔵庫で1時間~ひと晩程寝かせます。
7.薄めにスライスし、お好みのソース等をかけて召し上がれ。
☆きざみワサビと醤油のワサビ醤油で、または岩塩のみでシンプルに。
☆同量のケチャップとウスターソースとお酒を混ぜ合わせレンジでチン!アルコールを飛ばしてデミグラス風ソースで。
☆市販のイタリアンドレッシングやポン酢でサラダ風にさっぱりと。
▼豚の角煮 ~豚の塊肉どーん!
お箸で切れる!トロトロやわらか豚の角煮♪時間はかかるけれど、手間はそれほどかかりません。途中でゆで玉子を入れて、煮玉子を作るのもいいですね~。
---------
▽材料
豚バラ塊(ブロック)肉:500g程度
長ネギ(青いところ):1本分
生姜:ひとかけ
水:3カップ
酒:1/2カップ
醤油:大さじ2+大さじ2
砂糖:大さじ4~5
和からし
---------
1.肉は、冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
2.フライパンで塊肉の全面に焼き色をつけます。
3.出てきた脂をキッチンペーパーで拭き取りながら、キツネ色になるまで焼きます。
4.塊肉の脂をさっと水で洗い流して、鍋に移します。
5.鍋に長ネギ(青いところ)、皮付き生姜、水と酒を入れ、約1時間半ほど煮ます。
6.塊肉に竹串がすっと通れば下茹で完了!
7.そのまま冷蔵庫で一晩放置します。
8.冷えて固まった脂を取り除き、塊肉をお好みの大きさにカットして鍋に戻します。
9.茹で汁ごと火にかけ、醤油(大さじ2)を加えて沸騰させたら弱火にし、20~30分程煮ます。
10.砂糖と残りの醤油(大さじ2)を入れて、さらに20分程煮込んだら出来あがり!
☆味見をして、煮汁が煮詰まって濃いようなら水を加えて調整してください。
☆フライパンで焼いている時や、下茹でで浮いている脂はしっかりと取り除きましょう。
☆脂が苦手な方は、茹で汁を捨て同量の水を入れて味付煮込みをするとサッパリ低カロリーに仕上がります。
☆味付煮込み後、一度冷ますと味がよくしみ込みます…召し上がる時には必ず温めなおしてください!
▼鶏の丸焼き ~ワイルドの権化!?ダッチオーブンだゼぇ~
牛・豚…とくれば、次は鶏でしょ!ここはワイルドに、ダッチオーブンで鶏の丸焼きに挑戦。ダッチオーブンで作れば、皮はバリバリ、肉はジューシーに出来あがります♪感動モノのおいしさは、ワイルドだゼぇ~
---------
▽材料
丸鶏:1羽(1kg程度)
ニンニク:1コ(1片ではなく、丸々1コです)
塩:片手に1にぎり程
クレイジーソルト:大さじ2
オリーブオイル:大さじ4
---------
1.丸鶏の外側とお腹の中を流水でキレイに洗って、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
2.塩とクレイジーソルト(3分の1程度)を丸鶏の中に擦り込み、皮をむいて半分にカットしたニンニクを詰め込み入り口を爪楊枝で留めます。
3.残りの塩とクレイジーソルトを鶏の外側全体に擦り込んで、馴染むまで30分程放置します。
(味付けは手でしっかりと擦り込みましょう。振りかけるだけでは、味も香りもつきません。)
4.放置している間に炭をおこしておきます。
5.ダッチオーブンに網を敷いて炭火の上に乗せ、モクモクしてきたら下準備した丸鶏を入れてオリーブオイルを全体にまわしかけます。
6.フタをして、その上に炭を置いて(下火4:上火6)30分程焼きます。
7.30分後フタを開けて、皮に“いい感じ”な焦げ目がついていたら上火の炭を下火に移動させて、更に15分程焼きます。
8.竹串で丸鶏を刺してみて、透明な肉汁が出たら焼き上がりのサイン!肉汁が透明でなかったら、またフタをして様子をみながら焼き上げていきますが、焼きすぎると旨みが脂と一緒に落ちてしまうので注意!
☆炭はフタの上にも乗せるので多めに準備してください。
☆最初の炭火の割合の目安は、下火が4割、上火(フタの上)が6割ぐらい…以後、状態に応じて調整!
☆丸鶏がフタに付くと焦げてしまうので注意してください(フタに付かないように丸鶏を押しつぶしてください)。
☆火力が強すぎると肉がパサついてかたくなってしまいます…本体とフタの間から少し湯気が出て、シューッという音が聞こえれば火力は十分!燃えさかる炎で囲んでしまうような焼き方はご法度です。
☆途中で頻繁にフタを開けると、その度に熱が逃げ、水分が少なくなってパサつきの原因になります。ダッチオーブン特有の感動的なジューシーさを損なわぬよう、フタを開けての様子見は必要最低限で!
☆焼き上がりに少しフタをずらして蒸気を逃がしながら焼き上げると皮がパリっと!しっとり柔らかく仕上げたい場合には、フタをしたままで。
☆丸鶏の全体にレモン汁をまぶしておくとサッパリ爽やかに。食べる時にもレモンを絞って食べると鶏の脂っぽさが少し抑えられます。
▼マンガ肉 ~ハンバーグバージョン
アニメのキャラクターがワイルドに食するあのマンガ肉を再現…夢を現実に!合い挽きを使うのでお財布に優しく、大きさもカタチも自由自在♪
---------
▽材料
合い挽き:400g
玉子:1コ
パン粉:1カップ弱
牛乳:100cc

胡椒
骨(鶏手羽元肉の骨)
---------
1.ボウルに合い挽き、玉子、パン粉、牛乳を入れて混ぜ合わせ、塩・胡椒で味を調えます。
2.よく練った1を骨に巻きつけます。
3.フライパンで全面に焼き色がつくまで焼いたら、アルミホイルで包んで蒸し焼きにします。
4.肉に火が通ったら出来あがり!
☆“マンガ肉”っぽい成形をしましょう♪ここが最大のポイントとなります!
☆ホンモノの骨を使った方が、よりリアル感がでますが、キンピラ風に味付煮したごぼうを骨のカタチに削って代用すれば、骨ごと食べられる“まんが肉”の出来あがり!ごぼうをどれだけリアルに骨っぽく再現できるかが勝負の分かれ目です…

※マンガ肉(マンガにく)とは、主に漫画・アニメ・ゲームなどフィクションの中に登場する食用の肉を指す。特にギャグ漫画においては簡便に調理済みの肉を象徴する一種のアイコンとして数多く登場する。ただし「マンガ肉」とはあくまでこれらを指す通称であり、正式な名称は不明であるが、そのような肉のサブカルチャーにおける認知度は高く、食品業界においてこれを模した物が商品化されることもある。<Wikipedia「マンガ肉」より引用>
▼マンガ肉 ~肉巻きおにぎりバージョン
憧れのマンガ肉!全部をお肉にするとカロリーも材料代もハイになってしまうので、中身をおにぎりにすることでカロリーも材料代もプチダウン♪
---------
▽材料
牛肉切り落とし:200g
ご飯(おにぎり)
醤油:50cc
酒:10cc
みりん:10cc
ザラメ:20g
骨(鶏手羽元肉の骨)
---------
1.小鍋に酒、みりん、ザラメを入れて中火でザラメを溶かします。
2.ザラメが溶けたところに、醤油を入れてひと煮たちさせればタレの出来あがり。
3.タレ30cc程をビニール袋に入れた牛肉に混ぜ合わせて軽く揉み込んだ後、冷蔵庫で2時間~一晩寝かせます。
4.ご飯を俵型のおにぎりにして、3の牛肉を巻きつけます。
5.熱したフライパンに軽く油をひいて、5の肉巻きおにぎりの巻き終わりを下にして焦げ目がつくように焼きます。
6.肉の巻き終わりがしっかりとくっついたら、コロコロと転がしながら中火で肉全体に火を通します。
7.お好みの焦げ目がついたら、仕上げでタレ10cc程をまわし入れて照りと香りをつけ取り出します。
8.取り出した肉巻きおにぎりに骨を挿して“マンガ肉”の完成です。
☆牛肉を豚肉にかえてもOKです!その場合には、タレに生姜と砂糖を追加して生姜焼き風の味にするのもイイですね♪
☆骨の代用として、骨のカタチに削ったごぼうを使えば、骨ごと食べられる“まんが肉”に…こちらの肉巻きバージョンのお肉は甘辛のタレ味なので、ごぼうはきんぴら風の味付けではなく、軽く塩茹でしたごぼうを使った方が味が重ならず、ごぼうがサッパリと箸休め的な役目をしてくれます。
▼ナスの丸焼き ~皮をツルンとむく秘技を伝授
焼きナスがおししいのはわかっているけど、グリルで焼き上げるための掃除の手間、そして皮を剥く手間を考えると…ついついスライスしてフライパンで焼いちゃうけど、やっぱり丸ごと焼き上げるナスのおいしさとは違う!
ナスを丸ごとトースターで楽チン!焼く前のひと手間で皮剥き簡単!洗い物も少なくてうれしい!手間いらずの焼きナスレシピを、面倒くさがりのあなた(笑)へ。やっぱり丸ごと焼き上げるとおいしさは格別っ♪
---------
▽材料
ナス
---------
1.ナスを焼く前に、ナスのヘタの方を持ってナスとナスをバチを鳴らすような感じでバシバシ叩き合わせます。
2.ナスは回しながら表面をまんべんなく叩き合わせます。
3.焼いている間にナスが破裂しないように、爪楊枝でプスプスと所々に穴を開けます。
4.ヘタのところにグルっと一周浅く切り込みを入れます。
5.オーブントースターにアルミホイルを敷いてナスを並べ15~20分程焼きます。
(時折、ナスの様子を見て、位置を変えたり転がしたりしてあげると均等に焼き上がります。)
6.皮が剥がれてきたり焦げてきたら、箸などで押さえてみて、中まで柔らかくなっていたらちょうど食べ頃です。
7.そのまま放置して冷ましても、冷水にとって冷ましてもOKです。
8.ヘタの方から皮を剥いでいきます。バナナのようにツルン(…というのが理想です)と簡単に皮が剥けます。
9.食べやすいように縦に裂いて、後はお好みの味でお召し上がりください!
☆なすとなすをバシバシする時は、まんべんなく!叩き残しのないように…50回以上は叩き合わせましょう。
☆焼き上がりを冷水にとって冷ます場合には、冷水に浸し過ぎないように!水っぽくなって、せっかくの丸ごとナスのおいしさが半減してしまいます。
☆おろし生姜、かつお節、醤油、ポン酢などお好みで…ミョウガを添えてもおいしいです。細かめの削り節をたくさんかけて、青じそドレッシングでさっぱり♪もお試しあれ。
▼玉ねぎの丸焼き ~真ん丸マルまる1コそのまま!
玉ねぎを丸ごと焼くだけ…なのに、なんでこんなに甘くて美味しいのかっ!?やっぱり丸ごと焼き上げるとおいしさは格別っ♪ま、黙って真ん丸マルまる1コそのままオーブンで焼いてみてくださいませ。
---------
▽材料
玉ねぎ:大1コ
オリーブオイル:大さじ2

胡椒
---------
1.玉ねぎは丸のまま、茶色の皮を1枚だけ残して剥き、根っこの部分を切り落とします。
2.剥いた玉ねぎを濡れふきんでよく拭いてから、一度アルミホイルで包み込みます。
3.アルミホイルの上部をそっと開いて、中の玉ねぎを取り出します。
4.器状になったアルミホイルの中にオリーブオイルと塩・胡椒を入れて、玉ねぎを中に戻し包み込みます。
5.170度のオーブンで30分程焼き、180度で更に10分程焼き上げます。
6.玉ねぎに串をさして、下まで通ったら出来あがり!
☆全部の皮を剥いてしまいがちですが、あえてエキスが流れ出さないようにガード用の茶色の皮を1枚残しておきましょう。
☆アルミホイルで玉ねぎが丸々隠れるように包み込みます…はみ出ているとその部分だけ焦げてしまうので注意!
☆醤油をかけて召し上がるのもおいしいですが、アルミホイルの下に残ったオリーブオイルを上からかけるのがオススメ♪
▼ピーマンの丸焼き ~ヘタもタネも丸ごとウマウマ
ピーマンを丸ごと焼くだけ…なのに、なんでこんなに美味しいのかっ!?ピーマンって、ヘタもタネも食べられるのか…!?私も知らなかったけれど、ビックリ全部食べられるんですっ!!それも、超美味~。やっぱり丸ごと焼き上げるとおいしさは格別っ♪ピーマンが苦手な方に絶対試していただきたいコレは驚愕のレシピです。
---------
▽材料
ピーマン
生姜
醤油
---------
1.虫食い等がないかを確認して、ピーマンをきれいに洗います。
2.キッチンペーパーで水気を拭いて、オーブントースターに並べます。
3.焼き目を気にしながら、5~6分程焼いてください。
4.時々、ひっくり返したりしながら、焼いている間に生姜をすりおろします。
5.焼きたてのピーマンにおろし生姜をたっぷり♪醤油をかけて召し上がれ。
☆ピーマンは切ったりせずに丸焼きして丸かじりするので、虫食い等がないかよく確認してください!
☆生姜はチューブのものではなく、ぜひナマ生姜をおろしてたっぷりかけるのがオススメです。
☆かつお節をかけてもOK。ミョウガの千切りをのせるのもおいしいです。
☆コツは…ピーマンを切らない!ナマのおろし生姜たっぷり!アツアツの焼きたてをいただく!…です。

暑さで食欲が減退し、今夜も夕食はそうめんでさっぱりと…なんて思っている場合じゃありませんゼ!その食生活こそが夏バテの元凶…夏バテの時の冷たい食事は逆効果!冷た過ぎず適温のものを召し上がってくださいね。


▼ここからはチョット余談です…
“恐るべしスライサー!料理中に大惨事~全治1ヶ月の流血事故発生”
少々大げさな表現です(笑)が、全治1ヶ月というのは本当のお話…先々月のコラムで「七夕スープ」調理中のハプニングです。スライサーで人参をスリスリしていた時のこと…「なんぼ硬いねんっ!この人参!!」とイラっとし出したのがこの事故の原因でした。包丁が苦手な人にとっては、まるで夢のような便利な道具“スライサー”ですが、指までキレイにスライスしてしまうという…使い方を誤ると、とんでもない凶器(!?)となる恐ろしい道具でもあります。
最初は「うへっ!やっちまった…」と軽いノリで傷口を洗ってティッシュで押さえながら止血しつつ、絆創膏の準備をして流血が治まるのを待っていたのですが、いつまでたっても流血が治まる気配なし…ゴミ箱には血だらけのティッシュが増えるばかり!親指の先の組織を完全にスッパリいってしまったので、根本的にそんな処置ではムリだったわけで…。
いつものケガとはちょっと違う状況に気付き、親指の付け根を輪ゴムで縛り、傷口を心臓より上へ!不安でドキドキするもんだから、なかなか血は止まらず…が、なんとかポタポタの流血は、しみじみぃ~な流血になりました。
それからの毎日は“親指様のありがたみ”を痛感する日々となりました。皆さん、親指ってホントに働き者な指ですよ!!こんなことする時も親指って必要なんだ~と、驚きと再発見の毎日でした。

そこで…完治までの1ヶ月で得た教訓!
一、スライサーを使う時は心身ともに緊張すべし!
二、安全押さえ(スライサーの付属品)を使い、最後の最後まで油断しないこと!
三、料理中は平常心を保ち、心に余裕を持ってにこやかにすべし!

イライラプリプリと料理していると、悪いことは起こっても良いことはひとつもありません。数年前に、大根おろしで指を“おろした”時も、確かに…イラっとしてました(大根おろしが、もみじおろしになっちゃいました…笑)。時間がない時や、疲れている時は、特にイラついてしまいがちですがそこはちょっと深呼吸♪それから、イラつく原因には“お腹が空いている”ってコトがありますね~。「空腹は最大の調味料」とは言いますが、調理に半時間以上かかるようなら、ちょこっとチョコをひと欠片食べちゃうとか…途中で、チョイとつまみ食いしちゃうとかね♪
楽しくにこやかに…を心がけて調理すれば、料理はもっとおいしくなるはず♪イライラプリプリ調理すると、料理は辛くなっちゃうかも~。大根のタネを畑に蒔く時に、イライラプリプリと怒りながら蒔くと、大根が辛くなるって言いますよね!(…!? そんな話、聞いたことない?うちの地元だけなのかなぁ~)
▲…以上、余談でした。